純喫茶丸 8knot    〜喫茶店で考えた〜

2015年からの純喫茶訪問ブログ。純喫茶をはしごする船ということで”純喫茶丸”という船の名前がタイトルです。

【東京都:自由が丘】モンブラン(TOKYO JIYUGAOKA MONT-BLANC)*ケーキのモンブラン元祖のお店*

もう洋菓子店シリーズにしちゃいましょう。駒込のカド、東中野ルーブルに続いて今日の洋菓子屋さんは自由が丘のモンブランです。

モンブランといえばケーキのモンブランね!と食いしん坊の私は思うのですが、モンブランとはそもそも西ヨーロッパ最高峰のことですね。山です。ケーキのモンブランは、こちら洋菓子モンブランの創業者がフランス東部で見たモンブランの峰に感動し、ケーキに名付けたのが始まりだそうです。モンブランってたくさん買いたからゲシュタルト崩壊しそう…。でも、喫茶店巡りをしていると、いろいろなお菓子の歴史を知ることができますね。貝型のマドレーヌを初めて使用したのは、駒込の洋菓子店カドだと知ったり。残念ながらカドは8月で閉店してしまいましたが...。

 

kissafreak.hatenadiary.jp

 

f:id:saria444:20170911225846j:plain

わたしの初めて物語

東郷青児さんという画家を知ったのも喫茶店をめぐり始めてからです。いわばにわかなのですが、うっとりした夢見る女性の絵は甘い香りのする洋菓子屋さんのイメージにぴったりですね。もともと紙モノを集めるのが趣味の私にとっては、新しいジャンルを知ることができて世界が広がりました。(洋菓子屋さんの包装紙集めています。)東郷青児美術館というのは知っていましたが、美術館の持ち主にまつわる損保会社の関係者だと思ってましたので...。近くにあると見過ごしてしまうのですね。東郷青児さんを知ったのも喫茶店巡りをしてからですし、ここ数年でたくさんの初めて物語に出会えています。そういえば、”漫画 はじめて物語”という土曜日の夕方にやっていたテレビ番組、好きでした。モグタン!

名峰プリンアラモード

モンブランではケーキやフランス焼き菓子の店頭販売の他、奥には喫茶コーナーもあり喫茶メニューも充実しています。コースターも可愛いのです。このころはプリンアラモードに凝っていた時期なのでプリンアラモードを注文しています。写真を撮っていると、何にはまっていたか振り返れるので楽しいです。このプリンアラモードは数量限定で提供数が少なめのだとか。ゼリー状にしたカラメルがプリンの周りを取り囲んでいて、プリンの山の麓で美しい景色を彩っています。フルーツはイチゴとバナナの2種類でスッキリ大人の見た目。クラシカルなプリンアラモードです。私の中のプリン史は最初に出会ったのが森永あたりのプッチンしないプラスチックパックのもので、次にプチっとするのが楽しいプッチンプリンに出会い、駄菓子屋さんで10円か20円くらいのプリン風味の謎のお菓子に夢中になり、そして衝撃のパステルのなめらかプリンにとろけてきた略歴があります。その後世の風潮も原点回帰だったのかコンビニのスイーツとしてちょっと固めのホームメイド風の焼きプリンが売り出されるようになりました。こうしてプリンはどこでも様々なスタイルで出会える国民的デザートになりましたが、あの昭和のデパートの食堂で食べたたまご味しっかりのカスタードプリンは絶滅の危機です。老舗の洋菓子屋さんのプリンなら美味しさ間違い無いですね!こちらのプリンアラモードはモンブランの峰のように美しくそびえ、裾野や山肌にはフルーツの可憐な花がさいています。

そこに喫茶店があるから.....

なんでこんなに私喫茶店に行くのでしょうね。そこに喫茶店があるから、ですね。それしか理由が見当たりません。未訪問のお店はたくさんありますし喫茶店巡りは永遠に…づく。

f:id:saria444:20170911225845j:plain

f:id:saria444:20170911230115j:plain

f:id:saria444:20170911225905j:plain

f:id:saria444:20170911225909j:plain

お土産にマロングラッセを購入しました。手提げ袋も可愛い!ゴールドの縁取りのピンクのリボンも最大級にキュートでした。今度はモンブランを食べに行かなくちゃ。

f:id:saria444:20170911225919j:plain

f:id:saria444:20170911225912j:plain

東京都目黒区自由が丘1-29-3

【2017年9月訪問】