純喫茶丸 8knot    〜喫茶店で考えた〜

2015年からの純喫茶訪問ブログ。純喫茶をはしごする船ということで”純喫茶丸”という船の名前がタイトルです。

【東京都:霞ヶ関】中央合同庁舎2階 喫茶室 I 喫茶店の旅 丸ノ内線全駅制覇の巻その15*霞が関*

名前のない喫茶店


丸ノ内線全駅制覇の旅。霞が関駅はほぼ毎日利用していた駅ですが、だからこそ”新橋、虎ノ門周辺の喫茶店シリーズ”で全てブログに書き尽くしてしまいました。
そこで丸ノ内線の旅を敢行するにあたり未訪問のお店を探しました。いかにも霞が関っぽいところがいいなと。そこで見つけたのが、ここです。
中央合同庁舎の霞が関コモンゲート(東館)2階にある喫茶室。その名は..喫茶室Iと表記していたり、2階喫茶室とあったり。結局特に名前がなさそう。前回の国会議事堂の”やま”のように、

 

kissafreak.hatenadiary.jp

 

その周辺にゆかりがなければ来る機会がほとんどない、
ある意味秘境の喫茶店なのではないでしょうか。
営業時間は平日のみ18:30頃までですしね。

 

f:id:saria444:20170629152245j:plain

社食のような懐への優しさ

ちなみに喫茶室Iというからには喫茶室IIもあり、そちらは同じビルの32階にありますが関係者用のため一般の利用不可。でも、2階のこのお店は誰でも入れます。
お隣のビルにオフィスフロアーがあり、きっとそちらの従業員さんも使っているのでしょうね。とにかくお財布に優しいメニューで(カレーは380円)、ランチには活躍しそう。カロリーや栄養面も推していてお昼時は満席でした。

私は11:30頃に入店しましたが、すぐに混み始めたので、ダブルベリーヨーグルトドリンクを頼みサクっと帰りました。
写真は撮ったはずですがなぜか見当たりません。焦っていたので撮れていなかったのでしょうか。ヨーグルトドリンクにブルーベリーやラズベリーが入ったスムージーのようなもので、すっきり美味しかったです。

本当に社食風なので椅子もテーブルもシンプル。しかし、さすが庁舎内の喫茶店だけあり清潔感があります。外の警備員さんにはドキドキしますけど、店員さんは庶民的です親しみやすい方々でした。それに大きな窓から言える景色には緑があって和みます。
ランチのピーク時以外は、霞が関の休憩所としては、穴場なんじゃないでしょうか。
他のコーヒーショップよりも普通のコーヒーはお安めですし。

 

今回はお客さんで混んでいましたし場所が場所だけに撮影をバシバシすることが憚られましたので、店内の写真が少なめです。でも庁舎の、まるで学生時代を思い出すような、素敵な校舎の廊下や裏庭みたいな風景の写真を少し添えておきます。
今回は感想も手短にしておきましょう♪

f:id:saria444:20170629152342j:plain

f:id:saria444:20170629152313j:plain

f:id:saria444:20170629152011j:plain 

f:id:saria444:20170629152410j:plain

f:id:saria444:20170629152102j:plain

〒100-0013  東京都千代田区霞が関3-2-2 霞ヶ関コモンゲート東館2F

 【2017年5月訪問】

 

今日の伯父の写真は昭和30年代の岩手県宮古市浄土ヶ浜です。
私もなんども行ったことがある場所ですが、昔から浄土のような美しさですね!

f:id:saria444:20170629235804j:plain