純喫茶丸 8knot    〜喫茶店で考えた〜

2015年からの純喫茶訪問ブログ。純喫茶をはしごする船ということで”純喫茶丸”という船の名前がタイトルです。

【東京都:四ツ谷】Jolie ジョリー 喫茶店の旅 丸ノ内線全駅制覇の巻その12*四ッ谷*

丸ノ内線全駅制覇の巻。今回は四ッ谷です。四ッ谷は遠い昔に夏期講習できたことがあるくらいで、降りる機会が少ない駅ですが、四ッ谷は大学がある町だけに良い喫茶店が他にもあります。いつか書こうと思っているロンとか。いつか行きたいリストに入れているけど未訪問のお店もあったりします。

f:id:saria444:20170612151252j:plain

祝☆100記事目!

 実はこの記事が100記事目です。でも、記事内で紹介した喫茶店数が100になったわけではなく番外記事もあるからまだ98店くらいしか載っていません。
そんなこんな1日1記事を目指して書いているうち、本日6/25の時点で2015年に記録し始めてからの喫茶店訪問軒数が延べ400店を超えました。(まだ、記事化していないお店が300軒....。)
急いでいる理由は....。喫茶店のマッチを集めていることもあり、2020年のオリンピックに向け?飲食店の禁煙化が進んだら今より収集が難しくなるのではないかと。マッチがあるところを探しては駆け回っていたら。気付けば2017年上半期、すでに100軒訪問していました。1日1喫茶店には及ばないけど。でも、駅のスタンプラリー集める少年の気持ちがわかりすぎる!(紛らわしくて恐縮ですが、ここJolieさんではいただいていません。汗)

コーヒー専門店でコーヒーを頼まない時

Jolieさんはコーヒー専門店です。コーヒー専門店なのにバナナジュースをオーダーすることには後ろめたさはあるのですが、これはこのお店が気に入ったので、次回また訪問したいという気持ちです。コーヒーでおなかがたぽたぽの日には潔くコーヒーは後回しにして。 それにしても喫茶店って色合いが豊富だと思う。赤い庇の2階建てにネイビーのオリジナルロゴマーク付きの看板。インテリアは大切に磨かれているお店。メニュー表がキャンバスなのですよ。これは珍しい。きっと元は白とか、自然な色だったと思うのですが、茶色くコーヒー色に変化してカウンター周りの木目や灰皿の琥珀色などとなじんできている。ランチにはバナナとヤクルトがついていた。脳内の色はもう茶色か黄色で。琥珀色の飲み物じゃなければ、黄色いものっていうことでバナナジュースを頼んだ次第。

 

1階のテーブルは1人掛けになっていて、私が訪問した日は満席だったのですが、カウンターじゃないのに、みんな横並びで一斉にコーヒーを飲んでいるかと思うと、ちょっと面白かったですね。

f:id:saria444:20170612151346j:plain

f:id:saria444:20170612151611j:plain

f:id:saria444:20170612151726j:plain

f:id:saria444:20170612151837j:plain 

f:id:saria444:20170612152040j:plain

f:id:saria444:20170612151950j:plain

今日の伯父の写真は前回に引き続き、昭和30年代のヅーマイ。

注射も打てる船乗りさん

最近「どくとるマンボウ航海記」を読み始めたのですが、この執筆は昭和35年にされたようで。伯父と同じ時代に船に乗った北杜夫さん。今ではほとんどいないけど、昔は乗組員が船上で怪我したり病気になったりした時のために船医が乗っていました。北杜夫さんは、その船医として乗り込んだのですが、私、(陸の)現役の時に読んでおけばよかった!まだこの本では、北杜夫さんが船酔いしない自慢をしているパートまでしか読んでいないのですが、早速操船用語が満載で面白い。 …ところで、今は船医がいないって、船で怪我をしたらどうするの?って思いますよね。今は船医の代わりに、船上の(私の知っている範囲だと)士官が衛生管理者として任命され、応急処置をしています。(講習を受けていますから!)彼らは船乗りさんだけど注射が打てます!船員さんって、本当にすごいですね〜。

f:id:saria444:20170625191720j:plain

東京都千代田区麹町6-2-3

【2017年4月訪問】