純喫茶丸 8knot    〜喫茶店で考えた〜

2015年からの純喫茶訪問ブログ。純喫茶をはしごする船ということで”純喫茶丸”という船の名前がタイトルです。

【岩手県:盛岡市】六分儀 *2017年11月10日閉店*

今日は残念ながら、閉店してしまった喫茶店の記事です。本日twitterで知った閉店のお知らせ。こちらは書こうと思っていてかけていなかった素敵なお店でした。
岩手県盛岡市の珈琲六分儀。

f:id:saria444:20171112223151j:plain

店名にある六分儀とは、太陽と天体や物標の高度測定をし自分の位置を割り出す航海計器。

AIS(Automatic Identification System船舶自動識別装置=船のGPSです。)などがない時代に船の位置を図った計器です。その六分儀が壁に飾られていて素敵なインテリアとなっていました。この店は、つまり海や船が好きな私にとって夢のような喫茶店でした。一度でも行けて幸せだったかな。

盛岡の独自のカフェ文化の代表的な銘店でした

岩手県盛岡市は県庁所在地で宮沢賢治の故郷が近く、童話のような可愛らしい喫茶店が多い街です。某チェーン店が進出しても撤退していってしまうような、独自のカフェ文化があるのです。私の母の故郷は岩手県沿岸部の山田町なのですが、小さい頃夏休みに家族で帰省する際、東北新幹線盛岡駅手前の新花巻駅で下車し釜石線に乗り換えてしまうので、県庁所在地である大都市盛岡に行く機会は逆にあまりありませんでした。

だから大人になって自由に旅行ができるようになり、知っているようで知らない盛岡をじっくり観光しようと思うようになりました。宮沢賢治がこの街を舞台にしてメルヘンな世界を描きたくなるのも頷ける、空が青くて山が壮大で空気が澄んでいて素敵な街です。

六分儀はそんな盛岡の喫茶店文化を代表するような、キュートなレトロ喫茶でした。盛岡では知らない人はいないのではないかという名店のようです。シャンソンがレコードで流れ、六分儀や古時計が飾られた壁の真ん中にぽっかり空いた四角い小窓からお会計をする、粋な可愛らしさに溢れていました。カフェや、コーヒーではなく可否 六分儀という看板も素敵。

唯一無二な味わいの思い出

この時は”まいるど”というコーヒーを頼んでいました。味わいのあるクセ時で書かれた手書きの伝票が魅力的。個人経営の喫茶店はこういう唯一無二の個性が素敵だと思います。

遠いのでもう一度いつか行けたらいいなと思っていたお店でしたが、叶いませんでした。それでも記憶の中では永遠に消えない素敵な喫茶店として心に刻んでおきます。

f:id:saria444:20171112223632j:plain

f:id:saria444:20171112223214j:plain

f:id:saria444:20171112223237j:plain

f:id:saria444:20171112223312j:plain

f:id:saria444:20171112223339j:plain

f:id:saria444:20171112223401j:plain

f:id:saria444:20171112223426j:plain

岩手県盛岡市中ノ橋通1丁目4-15

2017年11月10日 閉店

【2016年9月訪問】