純喫茶丸 8knot    〜喫茶店で考えた〜

2015年からの純喫茶訪問ブログ。純喫茶をはしごする船ということで”純喫茶丸”という船の名前がタイトルです。

【東京都:神保町】さぼうる 喫茶店のモーニングシリーズ

喫茶店のモーニングシリーズ。今日は珈琲と洋酒の店 さぼうる。

神保町にはさぼうるが2軒並んでいます。赤い看板のさぼうると、オレンジの看板のさぼうる2。モーニングサービスがあるのはオリジナルの赤い看板のさぼうるの方です。

f:id:saria444:20171021122434j:plain

こちらではオーナーの鈴木さんが接客されていました。御年82-3歳だと思います。お元気です。本当にお元気です。お会いできてなんだか嬉しくなりました。

この日は階段を降りたところにある洞窟みたいな半地下の席に。壁の落書きに吸い込まれるように見入ってしまいました。内容は相合傘の下にカップルの名前を書いたり〇〇命と書いてあったり。兄がいたので学生の頃は少年雑誌も読んでいたのですが、ジャンプとかマガジンの不良漫画なんかで見かけたマーク。本当、懐かしい。こういったお客さんの痕跡を残したインテリア、素敵ですね。これこそ唯一無二の味。さぼうるはスペイン語の”SABOR”から名付けたようで『味』という意味のようです。創業昭和30年。もう62年の営業ですか。店名に違わず本当に味わいのあるお店でした。

この日は某有名人のお隣のテーブルに案内してもらいました。鈴木さん『お隣さん〇〇さんだよ。』と教えてくれたのです。自意識過剰ですが、緊張しましたよ!さすが老舗有名喫茶店には有名人が普通に座ってらっしゃる。しかも店内の味わいとその方の渋みがとても似合って雰囲気に溶け込んでいました。。まさか朝とは思えないゴージャスバブルの夜を思い浮かべてしまうくらい華やかでした。その有名人の退店後、その席には出版社の学生らしき数名と先輩が打ち合わせを。内定者らしき学生は入社前に会社のお仕事のお手伝いするようでした。インターンもそうだけど学生時代から大変だなぁって。喫茶店で観察するいろいろな人間模様。お客さんの会話をこっそり拝借するのも喫茶店時間の密かな楽しみです。この日は神保町の出版社御用達喫茶店ならではの景色を楽しめました。

 

赤、青、緑、黄色の4色のクリームソーダーを楽しめることでも名高いさぼうる。今度はその名物をいただきに再訪したいですね。

f:id:saria444:20171021121821j:plain

f:id:saria444:20171021112215j:plain

f:id:saria444:20171021121856j:plain

f:id:saria444:20171021120959j:plain

f:id:saria444:20171021121258j:plain

f:id:saria444:20171021121512j:plain

f:id:saria444:20171021121954j:plain

東京都千代田区神田神保町1-11

【2017年8月訪問】