純喫茶丸 8knot    〜喫茶店で考えた〜

2015年からの純喫茶訪問ブログ。純喫茶をはしごする船ということで”純喫茶丸”という船の名前がタイトルです。

【東京都:東中野】洋菓子 ルーブル*セレナーデと氷島の漁夫*

ルーブルのセレナーデは美しい。セレナーデとはこちらのお店で提供しているパフェの名前です。そのセンスが素敵ですよね。ピンク色の何ともみずみずしい色合いのパフェはアイスクリームがメイン。まだ初々しく甘い味。昭和にトリノという三色のアイスバーがあったのですが、そのストロベリー味を少し洗練させた味がしました。あぁ懐かしい。

  

f:id:saria444:20170910195142j:plain

セレナーデとは、恋人の部屋の窓下でかなでる恋愛の歌。

ルーブルへのお供には、どんな本がいいか考えてみたところカズオ・イシグロの「夜想曲集」という短編が一番に思い出されました。

英国は霧のイメージがあり少しアンニュイな雰囲気が漂うところが美しいと思っています。北フランスの港町も少し似た雰囲気があるようです。19世紀のフランスの作家ピエール・ロチの名作「氷島の漁夫」もロマンティック。移ろいやすい無限の世界に生きる人々を北フランスブルターニュの漁村を舞台に描いた作品。海と共に生きる宿命というべき、運命に翻弄される男女の物語。切ない旋律のセレナーデが似合う絵画のような美しい作品です。

眼にはわずかに海とおぼしいものが認められるだけだった。最初それは何も写すもののない揺れ動く一種の鏡のようといったような外観を呈していたが、それは何やら霧の原にでもなっているに見えた。そしてそれから先はもう何も見えなかった。それには水平線もなければ境目もないのだった。出典(ピエール・ロチ「氷島の漁夫」

海と光とバラ色が全て混ざったような麗しい世界。北極、夜のない夏は夜を媒介しない境界のない世界がやってきます。

いつの間にか次の日がやってきてしまうような。不思議な夜。

海面の鏡が輝き、夜と海しかない世界にバラ色にほのかに伸びるいく筋もの線を映し出していた。(同上)

そんな境界のない夜と朝の間に夜曲セレナーデがよく似合うと思います。

そして荒涼とした港町の高台の侘しさに対する、海辺の人々の純粋で溌剌とした前向きさも良いコントラストになっていました。「氷島の漁夫」素敵な作品です。

誰にも触られていない果物のようにいかにもフレッシュなビロードの肌触りだ。(同上)

こうして喫茶店と本は不思議と縁をもたらしてくれます。東中野ルーブルに入ると現実と祈りが曖昧になり、心が溶かされほぐれていくのです。実はこの作品、田山花袋の「東京の三十年」という本の中で、彼がお給料を前借りしてでも欲しかった作品だと買いてあったのです。数日後喫茶店に行く道すがら立ち寄った古本屋さんで見つけた時は即決でした。縁は波のようです。

 

氷島の漁夫」は日本では明治時代の作品で、作中に船内の聖母像に祈る場面があるのですが、今のように技術が発達する前の航海は信仰や迷信にすがるほど、運命に翻弄されるものだったのだと、腑に落ちる場面です。過去の船には芸術性を競って、船の舳先にマリア様をはじめ男神、騎士などの彫刻が施されていたそうです。現代では船の仕組みも発達し、構造上船首像はなくなっていますが、当時の航海は、祈りと共にありました。今は効率やスピード優先の商船は船首像があるものはほとんどありませんが、練習船などにはまだその名残があるそうです。例えば練習船日本丸。現代にはあまり見られない帆船、船首像を持つスタイルの日本丸を一度生で見てみたいです。

f:id:saria444:20170910195217j:plain

f:id:saria444:20170910195322j:plain

f:id:saria444:20170910195421j:plain

f:id:saria444:20170910195614j:plain

f:id:saria444:20170910195510j:plain

*前回は絶品のミートソースを食べていました。

f:id:saria444:20170911002726j:plain

【2015年9月他】

 東京都中野区東中野4-1-8 上原ビル 1F