純喫茶丸 8knot    〜喫茶店で考えた〜

2015年からの純喫茶訪問ブログ。純喫茶をはしごする船ということで”純喫茶丸”という船の名前がタイトルです。

【東京都:中野富士見町】カフェ シャローム 喫茶店の旅 丸ノ内線全駅制覇の巻その26*中野富士見町*

丸ノ内線全席制覇の旅 まだ続いています。中野坂上方南町間も巡っておりますよ。丸ノ内線赤い電車というイメージですが、最近の車体はシルバーに赤線が一本入っているデザインになっており、赤の面積が少ないのですが、この区間の駅構内は赤を基調にデザインされていて、丸ノ内線=赤というイメージが生きていてホッとします。丸ノ内線 中野富士見町を下車し訪れたのは、カフェシャロームです。

f:id:saria444:20170706091012j:plain

難航した中野富士見町


この区間中野富士見町ともう一つ中野新橋では、老舗の喫茶店を探すのに難航しました。”地名 純喫茶” と検索すれば、それなりにお店は出てくるのですが外観から、老舗かどうかを判断するのは難しく。こちらシャロームも一見外観が洒落たカフェのようだったので、少し躊躇したのですが、創業から結構キャリアがあるというので、行ってみることに。入店すると、暖色系のランプと飴色のインテリアの静かな喫茶店。所々に昭和っぽさを感じる装飾品があり、落ち着けるし、誰もが楽しめる喫茶店メニューがある。地元の方々に愛される大きな喫茶店という感じ。入ってみないとわからないですね。最近の傾向は、外観は新しめだけど、中身は老舗の名残があるお店や、一方外観はレトロなままだけど店内は改装済みなどなど外観と内装のギャップがあるからこればかりは入ってみないとわからない。両方が揃っているお店はそれはそれは奇跡ですよ。でもこちらのお店は、中がレトロでよかった。でもどちらにせよ、老舗の喫茶店を大事に残していてくれるのは、本当にありがたいことです。

 王道の喫茶店の使い方

この日は、メニューに写真付きで載っていたチョコレートパフェをオーダー。器の中に詰め込んだ、バニラアイスとみかんとさくらんぼ、チョコレートソースという色彩のバランスがいい。王道のシンプルさ。食べきりサイズなのもいいですね。2017年4月から禁煙になったそうです。それを知らず、タバコが吸えるかと入店してきた方が諦めて帰って行く姿もありました。窓際の席では勤め先を辞めたいと申し出る従業員を説得する上司の姿も。喫茶店は会議室の代わりにもなるんだっけ。その他午後のおしゃべりタイムが楽しみなご近所マダムたちの姿や、読書に夢中なOLさんらしき人も。こちらもお客さんのカテゴリー縛りはあまりなく、いろいろな方がフラットに喉を潤しお腹を満たすことができる喫茶店。モーニングやランチもあるので、使い勝手が良さそうですね。

老舗喫茶店を見つけてホッとする理由

この丸ノ内線の旅では、一駅ごとに途中下車し、各町にチェーン店ではない喫茶店があることを確かめてホッとしている自分を発見しました。各町ごとに、その地元民に愛される昔ながらの喫茶店があってほしい。残っていてほしい。その思いはやはり、BS日テレの”パリで逢いましょう”を鑑賞したことに影響しているでしょう。その番組で知ったパリ20区ごとに残る老舗カフェ、小さな町のカフェさえも素敵だったからです。古いものを大事にしよう、個性を大事にしようという感性は、文化やアート、町並みを大事にする感性だと思います。人の豊かさは喫茶店を大事にすることから生まれると信じているからです。

 

帰りは目の前にある、京王バス”南台交差点”バス停から乗車し、”西新宿五丁目”まで初めての道をバスに揺られてみました。その後訪れたのは、MAX です。こちらも最高でした。地元の方に愛されていました。

kissafreak.hatenadiary.jp

 

f:id:saria444:20170706091032j:plain

f:id:saria444:20170706091117j:plain

f:id:saria444:20170706091057j:plain

f:id:saria444:20170706091137j:plain

f:id:saria444:20170706091232j:plain

東京都中野区南台2-52-8

 【2017年4月訪問】