純喫茶丸 8knot    〜喫茶店で考えた〜

2015年からの純喫茶訪問ブログ。純喫茶をはしごする船ということで”純喫茶丸”という船の名前がタイトルです。

【東京都:押上】珈生園

ほっとミルクセーキ

今日は喫茶 珈生園のお話。東京スカイツリーの真下というくらい足元にあるお店。

この建物とブラウンのスケルトンの扉。ノスタルジーだな。入店すると私がみたことがない顔だからか「どこから来たの?」とマスターがニコニコしながら話しかけてくれた。お客さんが来るまでカウンターに腰かけてテレビを見ていたマスターと再放送のドラマがついたテレビを眺めていた顔なじみのお客さんが一組だけの空間に足を踏み入れると、落ち着いたホッとした気分に。その気分に酔ってしばし読書に耽りました。

 

ホットミルクセーキなんてなつかしい。温めた牛乳の膜に卵黄が絡まっていて風邪をひいた時のたまご酒のような感触が何とも感慨深い。こちらは書籍にも掲載された本だし、観光客がたくさんくる地だから、一見さんも温かく迎えてくれます。緩くてほのぼのした雰囲気が漂っていて素敵だったな。

 ここから喫茶店巡りに関する独り言

珈生園さんとは関係ない話になりますが、喫茶店の中には、雑誌掲載やテレビ取材を積極的に受けるお店もあれば、取材NGのお店もあります。その理由はどちらも理解できます。

実は我が実家も商売をしていて、撮影を依頼されたことはあるけれど後者のお店なのです。その理由は家の人に聞いたら取材のために数時間営業を中断しないといけないし、その間にくるお客さんに迷惑がかかるからだというのです。人手があればシフトでその間も回転することもできるのですが、そうはいかないし。でも私は、中断してもその後の宣伝になればお客さんが増えるし取材受けてもいいのではとも思いましたが、その時じゃなければダメなお客さんもいるし、いろいろな理由があって断っています。店側にはいろいろな思惑があるのです。

 

喫茶店を巡っているとメディアに出るお店ってなんとなく理由が見えてくる気がします。お店がその対策をしているとか(充分な人員を配置しているとか)、人を受け入れる町の雰囲気とかお店の人が器用なタイプとか、そのほかいろいろ。逆の理由もなんとなくわかります。我が家の取材NGの理由もひとつだし、混みすぎたら接しきれなくて困るだとか、少し商売するのは不器用なタイプかもしれない。だけどもそういうタイプのお店って表には出てこないけれど行ってみたら素敵だと思うことが多々あるのです。またうちではないけれど、メディアに出たら好き勝手なことを書かれて嫌な思いをした、などもあるでしょう。

 メディアに取り上げられたお店は一歩有利だけど、そこに出ないお店にもたくさん出会いたいのです。知らなかったけど入ってよかった!と自分には波長の合うお店があったりするので。喫茶店に興味がある人には有名店だけじゃなく余裕があればピンときたお店に入ってほしくて。そうしたら幸せな気分になることがあるから。

どうしてそうするのかというと、私の場合は、実家と喫茶店の行方を重ねているからだと思います。個人経営の喫茶店が後継者不足や区画整理のためにひとつひとつ消えて行くことに切なさを感じています。住人のライフスタイルの変化もありそれは仕方ないし、年齢などの時間の問題でもあります。だからいろいろなお店に行くのは「あー、まだあるまだある。健在でよかった!」と知って安心したいのかもしれません。

また常連さんばかりで行きにくいんじゃないかなぁと思う感じの古参と新規でグループが違うなぁ、行きにくいなぁと感じるのはライブ会場でもあるあるです。商売する側ならば大部分のお店が新しいお客さんがくるのは嬉しいことのはず。行ってみて自分で好きなお店を感じて欲しい。良い出会いのチャンスを逃すのはもったいないと思うのです。ただ個人経営の喫茶店は、食○ログなどに載っていないこともあるし、そもそも営業について知る機会が少ない。ひっそり閉業ということを事後で知ったりする。だから私は今現在の喫茶店の営業状況を、まだやってるよ!と現状を綴ることが意味があるのかなと思っています。

自分でゼロから調べたお店じゃなく喫茶店巡りの諸先輩の後追いだけど、現状報告という意味あいでも書いています。

 お酒が飲めなくても、明るい時間でもふらっといけるスナックやバーのようなものが欲しい。気軽に会話をしたい。ホッとしたい。なつかしいメニューが食べたい。喫茶店にくる理由はいろいろ。

 似たような気持ちの人や喫茶店に興味がある人で、縁あってこのブログを今、この時に見に来てくださる方になんらかの情報や共感を提供できていたら嬉しいです。行って良かった!という喫茶店の現状やその時の気持ちを綴っていきたいと思います。

f:id:saria444:20170708160242j:plain 

f:id:saria444:20170708160257j:plain

f:id:saria444:20170708160312j:plain

f:id:saria444:20170708160329j:plain

f:id:saria444:20170708160344j:plain

【2017年7月訪問】

 東京都墨田区業平1-13-6