純喫茶丸 8knot    〜喫茶店で考えた〜

2015年からの純喫茶訪問ブログ。純喫茶をはしごする船ということで”純喫茶丸”という船の名前がタイトルです。

【東京都:南阿佐ヶ谷】ポトロ 喫茶店の旅 丸ノ内線全駅制覇の巻その2 *南阿佐ヶ谷編*

*ポトロは南阿佐ヶ谷の喫茶店。地下鉄から階段を上り地上に出るとすぐわかる
駅前にある喫茶店。

f:id:saria444:20170611230823j:plain

季節ハズレですが(笑)ボージョレーで昼飲みの話

ここを初めて知ったのは、3年前のボージョレーヌーボーの会を南阿佐ヶ谷で開催した時。駅前で待ち合わせをしたらこの黄色い看板が目立ってて。喫茶店巡りをし続けて私も類にもれず?喫茶店の看板を見つけるのが得意になりました!その時なんで阿佐ヶ谷だったのかって、ワインの持ち込み可能な昼から営業している居酒屋さんを探して南阿佐ヶ谷まで来たわけですが、休日のお昼頃から7-8時間飲んでいましたね。就業時間並みなのですが、こういう時間は過ぎるのがあっという間。気の合う仲間との昼飲みってなんであんなに楽しいのでしょう。私は日本酒一合くらいしかアルコールキャパシティがないのですが、(そうこの日はボージョレーもグラス1/2杯くらい頂きました。)飲めないけどお酒の席って好きなんです。なんでかなーと思ったら、お酒の席ってみんな笑っているから。愉快な時間が過ごせるから。所さんのテレビ番組の”朝まではしご酒”のコーナーもすごく好きですよ。お酒は飲めないのですが、その分おつまみを人の数倍食べるので元は取れています!(笑)その時同席した船長さんは、今コンテナ船に乗っているけど、元気かな〜。

ポトロのこと

ボジョレー会から半年後、ポトロ訪問の運びとなりました。半二階のお店はカウンターと少しのテーブル席でいっぱい。駅前なのに静かでホッとする場所。私は喫茶店のフルーツサンドが好きであったら頼みがちですが、このセットはとてもお得な値段だった記憶があります。喫茶店訪問を始めた初期なので、値段は忘れてしまいました.....。気軽に頼めるお値段だったということは覚えています。そしていろいろな世代のお客さんが様々に時間を過ごしていて、こういうのすごい良いな〜と思いました。

喫茶する場所で、若い人しかいけないような空気とか、逆に若い人が滅多に来ない風なお店もあるけど、ここは全地元民の憩いの場という感じ。本来は誰が行ってもいいと思うし、お店は新しいお客さんが来てくれたら嬉しいのだと思うけど、どうやら喫茶店のインテリアデザインをするときに、ターゲット層を絞るようで(そうでないところもあるだろうけど)だからだいたい似たような客層なのか〜!と喫茶店に行くたびに雰囲気を意識するように。でも、ポトロはオールマイティ。こだわりのお店も好きだけど、こういう誰でも行ける喫茶店もすごくいい。

今日のオススメ本 「鉄で海がよみがえる」

で、この町南阿佐ヶ谷で同席した船乗りさんから、連想で最近読み終えた本を思い出しました。畠山重篤さん「鉄で海がよみがえる」です。三陸で漁師をされている畠山さんの講演に以前参加したことがあり、懐かしく思わず手にとりました。畠山さんの講演で三陸の牡蠣がとても美味しいのは、鉄分を多く含んだ海水のおかげだということを知って、腑に落ちたのです。

日本の海図第一号は釜石港です。

もう廃れてしまいましたが、かつての岩手県釜石市は鉄鋼業が盛んな町で。当時の日本が釜石という地に対し特別力を入れていた証拠に、日本の海図第一号は釜石港なんです。海に溶けた鉄分や、森が豊かな岩手県では牡蠣が美味しく育つそうです。恥ずかしながら化学がニガテな私。畠山さんのお話を聞いて環境問題のことが少しわかりました。根本が理解できるとやる気が出るもので。微力ですが、資源ごみはリサイクル用にきちんと分別するとか。ゴミの分別などできることからコツコツ行動しようと思いましたよ。腑に落ちるって続ける動機として大事だな。と思っているところです。そういえば、喫茶店巡りが好きな理由も最近腑に落ちてきているので、これからもますます張り切って続けますよ〜。ではまた次回。丸ノ内線全駅制覇の巻その3〜 新高円寺編の回で♪

f:id:saria444:20170611230838j:plain

f:id:saria444:20170611230829j:plain

f:id:saria444:20170611230844j:plain

f:id:saria444:20170612165545j:plain

今日の叔父の写真はロンドンの女性(昭和30年代撮影)とてもお洒落です。白黒だけど霧の街というのが伝わる感じ。

f:id:saria444:20170612181911j:plain

 

東京都杉並区阿佐谷南1-15-6 第二熊倉ビル 1F

【2016年4月訪問】