純喫茶丸 8knot    〜喫茶店で考えた〜

2015年からの純喫茶訪問ブログ。純喫茶をはしごする船ということで”純喫茶丸”という船の名前がタイトルです。

【愛知県:名古屋市港区】きっさ姉妹 椅子とチョッキ

純喫茶丸は名古屋港で食後のコーヒーを求めてはしご旅。そこで見つけたのは”きっさ姉妹”名古屋ガーデン埠頭からトコトコと歩ける場所です。最寄り駅は地下鉄の築地口駅。

f:id:saria444:20170503141952j:plain

名古屋港から一つ先の”築地口駅”まで一駅分歩いてみようと決め、海岸通り(勝手にそう呼ぶ)を歩きました。幾つか喫茶店に入ろうと探し、どこにしようか目移りしているうちに、あっという間に一駅が過ぎました。また少し引き返し、築地口駅からほど近くの”きっさ姉妹”にしてみようと決心。

 

透明の紅茶色ガラス扉に金色の”姉妹”の文字に惹かれます。東京の築地市場の喫茶店に似ているな、それが第一印象。なんでそう思った?なんでだろう、木のテーブルかな。綺麗に手入れされた木目のカウンターとテーブルは統一されていて気持ちいい。椅子とマスターのチョッキも庇と同じ緑なんだ。整列したコーヒーチケットはインテリアの一環になっていて、完璧なアートですね。

 

名古屋はコーヒーチケット文化が生きています。コーヒーチケットも印刷するのにコストがかかるはず、なのに名古屋では変わらずオリジナルコーヒーチケットを作り続けているお店が多い。常連さんがそれだけいるってことかな大事にされていて素敵。
オリジナルロゴのコーヒーチケットはそれだけで個性。コストよりもおまけ、気概にサービス精神、それにお店の個性を大事にしている名古屋の喫茶店が好きになった。コーヒーカップもオリジナルロゴ入りを使うお店が多い。姉妹でもロゴ入りカップを発見。

さて、メニューは迷うほど魅力的。コーヒー1杯と決めていたはずが”築地口の逸品”と書かれたコーヒーぜんざいが気になりました。自己問答が始まります。
これも名古屋独特のメニューだよね。うん!決めた!


ワクワクしながら待った一皿は、お皿が台湾や香港のデザート屋さんのものみたいでかわいかった。知らなかった。コーヒーにぜんざいってとても合う。砂糖の代わりにあんこってほどよい甘み。名古屋独特のメニューを堪能できてすっかり満足しました。

さ、今日の喫茶店巡りは姉妹で終了です。翌日の喫茶店巡りに備え、純喫茶丸はホテルに停泊します。

f:id:saria444:20170503142026j:plain 

f:id:saria444:20170503142055j:plain

f:id:saria444:20170503143056j:plain

f:id:saria444:20170503142121j:plain

f:id:saria444:20170503142148j:plain

f:id:saria444:20170503142216j:plain

f:id:saria444:20170503142240j:plain

f:id:saria444:20170503142311j:plain

f:id:saria444:20170503142338j:plain

愛知県名古屋市港区名港1-19-15

 【2017年4月訪問】