純喫茶丸 8knot    〜喫茶店で考えた〜

2015年からの純喫茶訪問ブログ。純喫茶をはしごする船ということで”純喫茶丸”という船の名前がタイトルです。

【東京都:仲御徒町】シーボン 珈琲専科 喫茶店のモーニングシリーズ

喫茶店のモーニングシリーズ。東京メトロ日比谷線仲御徒町駅からすぐ。
平日の朝はやく起きた日に。

f:id:saria444:20170707220007j:plain

東京メトロ24時間券で乗り降りチャレンジ

この度は、東京メトロ24時間券を購入して降りたことのない駅をできるだけたくさん乗り降りしてみました。この日のチャレンジは東京メトロ日比谷線で。仲御徒町もその一つでした。

シーボンの店名の由来は、ガラス扉にあった表記がC’ Bonなのでフランス語のセ・ボンに由来しているのだと思いますが、船好きの私は、やはり店内にあった舵の形の温度計に目を奪われ、これはSea Born(シーボーン)ともかけているのでは?と勝手な想像を膨らませていました。ご夫婦と思われるお二人で対応できるくらいのちょうどいい広さ。席はカウンターとテーブル席幾つかのこじんまりした感じ。テレビが付いていて朝のニュース番組をぼぉっと眺めていました。誰かがつけた誰かが好きな番組を見るのが好きです。

曖昧な境界の向こう側

外からは中が窺い知れないつくりなのですが、入ってみるとツヤツヤのソファが華麗に並んだ飴色の純喫茶でした。外から見えないということは、内側は決して外からは透けない閉ざされた空間であるということになります。この鏡の中に入ってしまったような感覚が好きです。ふとある小説のシーンを思い出しました。川端康成の『雪国』の中で主人公島村が雪国へと向う途中、車窓の中に女性と夕暮れの移ろいゆくおぼろげな景色を重ねる美しいシーンがあるのです。喫茶店にいると時々、外から中の様子がうかがえないガラスの向こう側にいることに心が弾むのです。曖昧な境界を挟んで佇む感じ。日常でもほんの数十分ほど私が好きなこういう瞬間があって。夜と朝の途中とか、昼と夜の途中とか。空の色が曖昧に重なりぼやけ、次の色にくっきり変わるまでの時間です。何かの狭間にいる瞬間って心を惹きつけられます。喫茶店のスモークガラスを挟んで外と中の世界を分けている空感。それはとても愛おしい。

厚切りパンセット正統派モーニング

シーボンのモーニングは2種類。私は厚切りパンセットにしました。このジャムなどを2種類入れられるガラスの小皿が好きで、後日合羽橋道具街で幾つか購入しました薬味入れとして売られていました。喫茶店グッズは合羽橋道具街で細々とためています。

ちなみにこの日、地下鉄仲御徒町駅で下車しましたがJR上野駅御徒町駅からも徒歩で行ける距離です。

f:id:saria444:20170707220037j:plain

f:id:saria444:20170707220109j:plain

f:id:saria444:20170707220317j:plain

f:id:saria444:20170707220137j:plain

f:id:saria444:20170707220201j:plain

f:id:saria444:20170707220225j:plain

f:id:saria444:20170707220247j:plain

f:id:saria444:20170707220343j:plain

東京都台東区上野5丁目15-11

【2017年7月訪問】