純喫茶丸 8knot    〜喫茶店で考えた〜

2015年からの純喫茶訪問ブログ。純喫茶をはしごする船ということで”純喫茶丸”という船の名前がタイトルです。

【東京都:王子】街角 *2018年4月ごろ閉店*

今日はまた残念ながら閉店した喫茶店のお話を。王子の街角が閉店したそうです。フォローさせていただいているtwitterの喫茶店仲間 @satochibi さんの投稿で知りました。

f:id:saria444:20180424202912j:plain

私は訪問二度目でドアを開けることができました。一度目はある日の土曜日でcloseしていました。のちにそれをママにお伝えすると、既にその頃から不定期営業になっていたとのこと。「定時にはできない。開店は10時過ぎになることもあるし、夕方に早く閉めたり、土曜日も休むことがあった」とママ弁。
ようやく私の念願がかなったのは2017年5月のある平日のこと。
最近あっという間に時間が過ぎてしまい、気が付いたら再訪できずに1年近く経っていた。

海洋文学のような年代物のインテリア

こちらは海洋文学に出てくる古き良き物語の舞台のようなインテリアで。外からも眺められる場所に大きな舵が飾ってありました。木製の本格的なもの。お店の雰囲気は妖艶で独特のオーラがあり、昔ながらの木製のボックス席に座ると、まるで船室にいるかのような気分になったものです。

MAX Visibility

この当時、私の心にはもやがかかっていたのですが、ここで過ごしていたらなぜか心が晴れたことを思い出しています。店内でぼんやり過ごしていた私に優しいママが心地よい距離感で迎えてくれていてくれたからです。視程が広がるのを確かに感じました。

水尾が消えるまで

ピラフをいただきましたが、素朴なカレー味で美味しかったんですよね。家庭的な味で懐かしくて、それも癒しになったんだと思います。茶色い空間にカラフルでポップな灰皿とグラスがいいアクセントで本当にお洒落な空間でした。

船を見送った港に佇んでいるような気持ちですが、行ってしまった船が描く水尾が消えるまで好きなだけ余韻に浸っていたい。

f:id:saria444:20180424202932j:plain

f:id:saria444:20180424202950j:plain

f:id:saria444:20180424203012j:plain

f:id:saria444:20180424203046j:plain

f:id:saria444:20180424203113j:plain

f:id:saria444:20180424203142j:plain

f:id:saria444:20180424203211j:plain

f:id:saria444:20180424203345j:plain

f:id:saria444:20180424203309j:plain

f:id:saria444:20180424203241j:plain

東京都北区豊島2-2-1

2018年4月ごろ閉店

【2017年5月訪問】

 

【東京都:志村三丁目】カフェベルニーニ 喫茶店のチーズケーキ編

今日は志村三丁目のカフェベルニーニ。

f:id:saria444:20171018004318j:plain

完全オリジナル焙煎

こちらは一番リピートしているお店。店の奥で自家焙煎をしていて、全自動の焙煎ではなく店主の技で完全オリジナルの豆を提供してくれるいいお店。店主の岩崎さんはジャパンバリスタカップの審査員を務めた経験があり腕に間違いない。だからこの店のコーヒーにチーズケーキなんて、至極の組み合わせです。

最近遅ればせながらダン・ブラウンの「ロスト・シンボル」を読んでいるのですが、一瞬にして読者がコーヒーの芳香につつまれてしまうシーンがあります。主人公ラングドンが作品の序盤、友人であり恩師のピーターソロモンから日曜早朝に電話を受ける場面です。

六時ごろ家に戻ると、スマトラ産のコーヒー豆を手で挽く朝の儀式に取りかかり、キッチンに満ちるエキゾチックな香りを楽しんだ。(略)コーヒー作りを再開し、グラインダーに豆を追加した。けさは少しよけいにカフェインがいる。長い一日になりそうだ。(出典「ロスト・シンボル」ダンブラウン、越前 敏弥訳)

これを読んだ時、スマトラコーヒーが飲みたくなり、先ほどシングルオリジンのスマトラ マンデリンを購入してきました。マンデリンはインドネシア産地のコーヒーです。

エキゾチックコーヒー

マンデリンはインドネシアスマトラ島で栽培される豆で、日本人にも欧米人にも特殊な香味で人気が高いそう。本書でエキゾチックな香りのコーヒーとして登場するにふさわしい銘柄ですね。インドネシアはブラジル、ベトナム、コロンビアに次いてコーヒー豆の生産量が高い国だそう。生産量は多いけれども、上質なマンデリンは希少品種で高級品のようです。ラングドンが愛飲するコーヒーとしてわざわざスマトラ産のコーヒーを指定して描いているあたり、彼の特別感を出している気がします。

私はコーヒーをたくさん飲んでいるように見えて、その時々でお店オススメを注文しているので、あまり銘柄にこだわることがありません。だからいざ自分でイチから豆を選ぶのは迷ってしまいます。そういう時はこのように最近読んだ本に登場した銘柄、なんていうミーハー心もあります。気になるシーンやあとで調べ物をしたい箇所など、私の本は付箋だらけなのですが、その中にはコーヒーや喫茶店に関する記述が多く含まれています。

癒しの銘柄選び

こちらのお店は浅煎り、中煎り、深煎りと豆によって焙煎方法を変えているので、選ぶのが楽しい。産地や煎り具合を比べつつ、いろいろな銘柄を試すのが最近の癒しです。ここのところはエルサルバトルや、エチオピアの豆などを購入しました。迷ったらお店オリジナルのブレンドベルニーニブレンドなら間違いないです。

f:id:saria444:20171018004343j:plain

f:id:saria444:20171018004412j:plain

f:id:saria444:20171018004441j:plain

f:id:saria444:20180415224631j:plain

f:id:saria444:20180415224659j:plain

【2015年4月訪問他】

東京都板橋区志村3-7-1

 

 

【東京都:神田】カフェ ビオット 喫茶店のチーズケーキ編

カフェビオットは、神田美倉町の喫茶店。
店先では焙煎中のコーヒーの香りが芳しく、入らずにはいられませんでした。
コーヒーの相棒チーズケーキはスパイスが効いた大人の味。とても好みです。

f:id:saria444:20180316085134j:plain

f:id:saria444:20180316085200j:plain

人生とは海のよう。私たちの人生はそこに浮かぶ船のよう。

海に由来する表現はたくさんあり、今でも地上に生きています。

例えば「潮時」もそう。”潮”は船の世界では大事な概念。貨物船は貨物をいかに多く安全に運ぶかが大事。船にはそのための安全基準が設定されています。喫水線(きっすいせん)と言って船にあるラインが設定されており、それ以上船体が海上に浮かんでいないと(あるいは沈んでいないと)いけないラインがあります。その目的は複雑で多岐にわたるのですが、ここでは特に浅瀬にいるときに船底が海底にぶつからないようにするために限ってご紹介します。

貨物を積むとその重量分船は沈下します。そのため潮汐が増せばよりたくさん積めます。船の荷役の際は潮が満ちることを待ち望むことが多いかと思います。でもクレーンにぶつからない程度に高すぎてもいけない。潮の高さは微妙なさじ加減なのですが、ちょうどいいタイミングのことを、”潮時”という言葉を用いて表現します。”潮待ち”という言葉はそのちょうどいいタイミングを待つときに使います。時が来るのをワクワクして待ち望むイメージ。決してネガティブではありません。

しかしスポーツ選手等の引退に際し、「もう潮時ではないか」などと書かれていると、肯定的には感じませんね。一般的に”潮時”というとネガティブなイメージを持つ方が多いのではないでしょうか。実際、文化庁の国語課の調査では「ものごとの終わり」という意味で捉えている人が一定数いるとの認識があったようで、すでに分析がなされていました。

 

潮時について

問1.潮時とは本来どのような意味なのでしょうか。

答:ちょうどいい時期 という意味です。

辞書で調べてみましょう。

「ものごとを行ったりやめたりするのに適する時。好機。

(出典:「日本国語大辞典 第2版」(平成12年〜14年 小学館))

あることをするためのちょうど良い時期。好機。時期

(出典;「広辞苑 第6版」(平成20年 岩波書店))

 

このように潮時とは本来、あることをするためのちょうど良い時期を表しており、

ものごとの終わりという意味ではありません。

(出典:文化庁 広報誌 ぶんかる 言葉のQ&A 003より)

 

 

船の世界で使う”潮時”という言葉は「満ちていく潮」になる方がgood timingでしょう。しかし潮干狩りをしたい人には干潮の方がgood timing

海の潮も満ちるのか引くのか、どちらが好機なのかはそれぞれの世界で変化します。引退とセットで使われる潮時も、美しく去りたいという美学もあるでしょうし、ものごとの終わりがネガティブであるとも限りませんね。

このように人生の歩みや生き様を表現するときに、海から生まれた言葉を借りて表していることが多く、とても興味深いです。”人生とは海のよう。私たちの人生はそこに浮かぶ船のよう。”だからでしょうね。

だから海の言葉が好きです。古くからの神話、年代、国、性別問わず人類共通のテーマで、どのように人生の舵を切るか、視点を変えると見えている世界が変わるとか、心の混沌と秩序のバランスの取り方とか、海の言葉には哲学やロマンが溢れていてとても素敵だと思っています。

 

私という船がたゆたうときは、喫茶店に寄港し、心に補油して秩序と混沌のバランスを保っています。空転しすぎてレーシングしてしまうこともしばしば。そんなときはコーヒーの香りには特に癒されます。

 

(参考図書:「海の英語」佐波 宣平 成山堂書店) 

f:id:saria444:20180316085229j:plain

f:id:saria444:20180316085259j:plain

f:id:saria444:20180316085351j:plain

東京都千代田区神田美倉町1番地

【2017年9月訪問】

 

【東京都:秋葉原】タニマ  *2018年3月27日閉店*

「タニマが閉店する......!」そんな情報が流れたのは3月の半ば。
またもお見送りか。
タニマは秋葉原の賑わう通りの谷間にあって、忙しない日常とゲーム街やアイドル劇場との谷間にある理想郷だった。

f:id:saria444:20180323084802j:plain

このお店はとにかく昭和のかわいさ満載のインテリア。看板の黄色と青の絶妙な配色、ひさしのストライプにテーブルクロスのギンガムチェックがとにかくポップ。全体的に好きなインテリアデザインだった。


店内ではカードゲームにいそしむ少年青年たちで溢れ、秋葉原文化が色濃く感じられるお店。普段東京に住む私にとっても、ともすれば見過ごしがちな東京の良きカルチャーを実感できるお店だった。ここに来るだけで秋葉原に何日も滞在するのと匹敵するくらい、文化が濃いお店だったと思う。

 

閉店のニュースを耳にすると、いつも船を見送った後の港のような寂しさが押し寄せる。寂しいからここで過ごしたポップな時間を思い出の中のクリームソーダの水面にそっと揺らした。明日からの新しい潮流に思いを馳せながら。

 

f:id:saria444:20180323085350j:plain

f:id:saria444:20180323085302j:plain

f:id:saria444:20180323085433j:plain

f:id:saria444:20180323085450j:plain

東京都千代田区外神田4-4-9

【2017年3月27日閉店】

 

【東京都:神保町】カフェ トロワバグ 喫茶店のチーズキーキ編

今日は神保町のトロワバグ。先日のカフェトロワシャンブルと姉妹店だという。この街には喫茶店は数あれど、駅の出入り口に近く立地も抜群。

大好きな本屋街で散々宝探しを探した後、現実に戻る前に、いま一度息を整えるのに入ったりする。本を探した後はテンションが高まっているから、

f:id:saria444:20171128015425j:plain

そこかしこの談笑が

一枚板のオーラ満点のカウンターに華やかなフラワーアレンジメント。ウッディな茶色いインテリアに、華やかな彩りが添えられてアクセントになっています。素敵だ。グラタントーストで名高いですが、トロワシャンブルと同様、こちらのチーズケーキも濃厚でとてもおいしい。コーヒーとチーズケーキの組み合わせの正義をまた実感。店内は学生さんや、ママとお話ししたいのだろうなというお客様で満席。店内に溢れる談笑がすべて本当に楽しそうでした。

コーヒーマシンのオートパイロット

さて今日はオートパイロットの話をしたいと思います。オートパイロットは本来は船舶の自動操縦システムなのですが、これも船乗り仲間さんは、冗談で人間に対して使うんですよ。

例えば社内にコーヒーメーカーがあったのですが、それで珈琲を淹れていた時のお話。私、コーヒー豆をセットせずにお湯だけが落ちていた.......ということが2回ほどありまして......。すっかりルーティン化したことって無意識に行っているので、手順が抜けても気づかないのです!最終的にものすごく透明に近いコーヒー水が出来上がっていて、「〇〇さん、今日のコーヒーなんか薄いんだけど...」なんて言われてハッと気付きました。私、コーヒー豆入れてない!!!でも、決して失敗を責めるような言い方をしないんですよね。本当に船乗りさんたちって優しい!この時、「脳がオートパイロットだったから気づかなかった!」などというとみんな笑っていました。私はコーヒーマシンのパイロットでした。

オートパイロットとは

オートパイロット(autopilot)とは操船時の自動操縦のことです。

乗り物を、人の手によってではなく、機械装置により自動的に操縦する装置・システムを指す名称です。オートパイロットは、20世紀中盤から大型船で使われ、ジャイロコンパスなどの方位センサーから方位信号を受け、目的の針路で航行するように操舵を自動制御する装置をいいます。(明和海運株式会社 海運豆知識より引用)

詳細はこちらをどうぞ。↓

www.meiwakaiun.com

万年筆のパイロット

あの万年筆で有名な”PILOT”は飛行機のパイロットではなく、船の世界の操船を誘導する水先案内人のパイロットにちなんでいることをご存知でしょうか。創業者二名が元船乗りさんであることに由来してるそうです。業界を先導するような企業にしたいという思いで名付けたそうですよ。ちなみに東京海洋大学(当時 東京商船大学)のご出身だそうです。数年前、パイロットのイメージがどうしても飛行機になってしまっていた私に、当時の上司がPILOT社の由来をお話ししてくださって腑に落ちた記憶があります。

 

どの世界にも水先案内人がいるんですね。みんながそれぞれ得意なことがあって、みんな何かの専門家ですね。そうやって人は仲良く持ちつ持たれつで生きていきたいなと思った次第です。では今日はこの辺で。また次の記事でお会いしましょう!

f:id:saria444:20171128015550j:plain

f:id:saria444:20171128015626j:plain

f:id:saria444:20171128015508j:plain

f:id:saria444:20171128015710j:plain

f:id:saria444:20171128015754j:plain

f:id:saria444:20171128015847j:plain

 【2015年10月訪問:他】

東京都千代田区神田神保町1-12-1 富田ビル B1F

【東京都:下北沢】トロワシャンブル 喫茶店のチースケーキ編 

今日は下北沢のカフェトロワシャンブル

f:id:saria444:20180310103738j:plain

映画の撮影でも使用された店内の雰囲気は、天然の美術品。

コーヒーによく合うチーズケーキは、ベイクドかレアタイプを選べる。この日選んだのは、ベイクド。濃いめのコクがある珈琲はわたしの好きな味。

コーヒーを浚(さら)う

最近船仲間が、カップの底に残った珈琲一口を飲みきる際に
「珈琲を浚(さら)う」と表現した。
これはとても船乗りさん独特の表現なのでご紹介したい。


船舶専門用語で、strippingというものがある。
液体やバラ積みの貨物を荷役する際に聞かれる言葉だ。
特にタンカーの荷役中、底の方に残った油を取りきる際に使うのだが、
日本語では

「浚う」と訳す。

 最後まで取り除く。みたいなニュアンス。

 

鍋を浚う

船仲間が集まると、普段からこんな専門用語を面白おかしく会話に盛り込んだりする。以前鍋をかこんだ時にはーー関西の方ならおなじみかと思うーー“遠慮の塊”に対して「浚っていい?」というセリフが飛んだ。

そして、コーヒーを飲み干す時に「浚う(さら)う」というセリフが。なんだかとても興味深かった次第でした。

”stripping”

ショーなどで裸になっていくあの“ストリップ”と同じ意味。最後の衣服の一枚までを取り尽くし裸にするという意味だから、なるほど、腑に落ちる。
実のところ、私は海事用語のstrippingが覚えにくかったから、ショーのストリップを思い浮かべながら記憶に馴染ませた。

言葉の旅

言葉のそもそもの意味を知ることって面白くて好きだ。言葉は派生して色々な意味に変化するし、そもそも何が語源?って遡って知識の旅をするのが、良い。

 

そんなことをかんがえながら、チーズケーキとコーヒーの正義の組み合わせをいただいていた。美味しいからもったいなくて、大事に少しずつ飲んでいたコーヒーカップの残りはあと少し。一気に浚って、読んでいた小説を閉じ、店をあとにした。

出口脇のプランターに見つけた愛すべき”くせ字”

”タバコ捨てないで!”

”!”の書き方が80年代に流行った丸文字風だけど当時に書かれたものだろうか。やっぱり人間の文字って可愛いと思った。パソコンで印刷された文字に慣れたけど、人が書いた味わいのある文字ってとても好きだ。

f:id:saria444:20180310103813j:plain

f:id:saria444:20180310103857j:plain

f:id:saria444:20180310103932j:plain 

f:id:saria444:20180310104000j:plain

f:id:saria444:20180310104023j:plain

東京都世田谷区代沢5-36-14 湯浅ビル 2F

【2017年8月訪問】

 

【東京都:神保町】珈琲舎 蔵 喫茶店のチーズケーキ編

今日は神保町の蔵。

f:id:saria444:20180307084412j:plain

珈琲舎という響きと、この重厚な木の看板から、ストイックなイメージがする。中に入ると店内は照明が落ち着いててそれだけで癒される。壁に掛かるまっすぐな眼差しでじっとこちらを見つめる女性の絵画と、テーブルのゴージャスなフラワーアレンジメント、コーヒーカップの穏やかな色彩が差し色の店内。統一感があって素敵だ。メニューにはコーヒーと少しのスイーツ。

本の街にあり、プラス数百円でコーヒーのおかわりができる。のんびりせずにいられない。本のページをめくりながら過ごす時間が愛しい。

 

わたしは収集癖がある。ノベルティや紙モノ、そこにここ数年は喫茶店のマッチが加わっている。物だけでなく、文字や言葉を集めることも好きだった。ずっと子供の頃から本を読むこと好きだった。物語の中の未知の言葉を見つけ、永遠に辞書サーフィン(ネットサーフィンならぬ)し続けることができるくらい、没頭していたのを覚えている。だから情報収集も趣味の一つだと思っている。最近集めている情報はそう。喫茶店のありかだ。集めた情報を糧にこうして喫茶店に通っている。そこで新たに本を読んでまた言葉を集めている。

 

最近読んでいる本は、”ダメ女たちの人生を変えた奇跡の料理教室”。(キャスリーン・フリン (著), 村井理子 (翻訳))

 

わたしはある時期一瞬だけ菜食習慣をしていた。アレルギーがなにやらひどくなった時期で、当時食生活の見直したのだった。そのため調味料にこだわった。ソースや塩、油に香味野菜やスパイスに。今でもタレは市販品ではなく、手作りしている。少しずつ毎回買うよりも結果的に安あがりなのだ。それにできたてはフレッシュで美味しい。この本で油やチーズの味の比較をしている場面がある。そのシーンにとても共感した。

 

 私も数年前までは、この本の登場人物のようにほとんど料理ができなかった。外食がほとんど。でもそれだとかなりの出費。でも、これまでの多くの外食の経験があるからこそ料理の際に再現力がついたことは確かだと思う。どんどん外で好きな味を探す。好きの基準を。

だから今もわたしは毎回違う喫茶店を訪問して新しい“好き”を探し続けている。

 

チーズケーキの味も喫茶店ごとに違う。レアもあるしベイクドもフレッシュもある。どのコーヒー(産地や焙煎の仕方)にどのチーズケーキが合うかも、大事な要素だと思う。でも、それは自分の好きは自分でしかわからない。美味しいかすごく美味しいかを探しに来る。蔵のチーズケーキはすごく美味しい。こうして今も好きなものを追い求めた記録をここに残している。

蔵でチーズケーキを濃厚に味わったこの時間は最高に好きな時間だった。

f:id:saria444:20180307084526j:plain

f:id:saria444:20180307084557j:plain

f:id:saria444:20180307084633j:plain

東京都千代田区神田神保町1-26 矢崎ビル 2F

【2015年8月訪問他】