読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

純喫茶丸 8knot

2015年からの純喫茶訪問ブログ。海が好きで船の名前”丸”をつけました。

【千葉県:長浦】カフェモカ

千葉港周辺の喫茶店シリーズ。

カフェモカは内房線長浦駅の喫茶店。

f:id:saria444:20170422101620j:plain

 ロードサイドの一軒家喫茶。

ドライブインのように使うのも良さそう。

(私は自動車免許を持っていないけど...)

 

前からの絵。

f:id:saria444:20170419101728j:plain 

 後ろからの絵。

f:id:saria444:20170419101758j:plain

いろんなところにオリジナルキャラクター

“珈琲親父”がいます。

 

私が名付けたのではないんです。

お店でそう紹介されていました。

 

f:id:saria444:20170422094517j:plain

 ここにも。 

f:id:saria444:20170419101911j:plain

 ここにも。

f:id:saria444:20170419102134j:plain

 

f:id:saria444:20170422094707j:plain

 

喫茶店だからって

軽食だけかと思ったら、

そうではなく。

生麺のパスタが本格的で、

人気らしいとのこと。

この後にも何件か喫茶店訪問を

予定していたから、控えようとしたけど

制御できず。

ほうれん草のクリームパスタが

美味しそうで。昼食はこれで。

f:id:saria444:20170419102413j:plain

窓側の大きな窓とステンドグラスの

ライト。

太陽に光って美しい!

f:id:saria444:20170419102709j:plain

 

f:id:saria444:20170422101638j:plain

楽しいカフェモカ。

どうやらチェーン店のようで、

他の町でもこの珈琲親父を

見かけたのです。

でもここは大きいし見所満載で

遠方からも訪問の価値あり。

 

f:id:saria444:20170419102454j:plain

 

帰り際。

働くお父さんの背中発見。

なんか哀愁漂うなぁ。

f:id:saria444:20170422101650j:plain

船乗りあるあるですが。

親父といえば。

妻子を残して長らく洋上で仕事をする船乗りさん。 

ことに、出産だけ立ち会ってすぐに乗船、という場合。

 

少なくとも半年後、長いと1年弱

会えない。

久しぶりに子に会うと

成長してる姿にびっくりするそう。

 

久しぶりに帰ってきた働くお父さん。

まずは、愛しい娘or息子に

「知らないおっさんがきたーー!」

とばかりに

ギャン泣きされるが9割。(私調べ)

 f:id:saria444:20170422094750j:plain

船乗りのお父さんがんばれ!!

 

(女性の船乗りさんもいらっしゃいますが、

まだまだ男性色が濃い。

私の周辺は99.9%男性なので、

親父の話とさせていただきますね。)

 

f:id:saria444:20170419102850j:plain

f:id:saria444:20170419102952j:plain

 ノーーンビリした千葉の旅。

これにて終了。

次回はどこの港に行きましょうか。

【2017年4月訪問】

 

【千葉県:五井】かあめる

千葉港周辺の喫茶店シリーズ。

カーメルは内房線五井駅の喫茶店。

駅からは少し距離があるが、

 のんびりとことこ歩いた。

f:id:saria444:20170419095324j:plain

 消防署の前なので、消防員も来るのだろうか。

食事メニューが豊富で

選びきれないといううれしい悲鳴。

 

デザートもホットケーキやパフェも

美味しそうで美味しそうで。

f:id:saria444:20170420231933j:plain

この日は、4月に入ったばかりの肌寒い夕方だったので、

あったかいものが欲しい。

オーブン料理にしようと、チキンドリアを頼む。

オレンジのチキンライスにとろけるチーズ。

大好きな味。

f:id:saria444:20170419095414j:plain

 マッチももらえて身も心もいっぱい。

f:id:saria444:20170419095438j:plain

ここ五井は、仕事として港に来た初めての駅。

だから五井は絶対寄ろうと思った。

 

今回の私的”千葉周辺喫茶店巡り不定期船(電車)航海”の

目的地である。

その五井で、喫茶店を探していたら、ここに行き着いた。

 

f:id:saria444:20170419095517j:plain

港の近くだからか船のモチーフのインテリアがいっぱい。 

舵もある。

f:id:saria444:20170420231521j:plain

 

f:id:saria444:20170420231550j:plain

 マスターのセンスか、

多趣味で美しいオブジェが沢山ある店内。

 

f:id:saria444:20170420231624j:plain

 クマの木彫りもピカピカでかっこいい。

 

窓側でキラキラ光る花瓶を見ながら、

今宵の晩御飯の到着を待つ。 

f:id:saria444:20170419095553j:plain

でも素敵すぎてじっとしていられず、

鑑賞しながら待ちたくなる。

鑑賞と撮影を申し出ると、快くOKしてくださり、

心から堪能した。

f:id:saria444:20170420231738j:plain

しみじみ五井に初めて来た日のことを思い出す。

 

初めて潜入する大型船に驚いた。

ビジネスの視点では力不足で、皆目わからなかったが

感激した。

船内は大きく、いろいろ案内してもらっているうちに、

自分がどこにいるかわからくなって。

 

方向音痴だし、絶対海上で海図なんて読みこなせない。

ますます船乗りさんへの尊敬の念が高まった。

それだけじゃないけどね。

f:id:saria444:20170420231705j:plain

当時、船内をアテンドしてくれた職員の皆様

ありがとうございました。 

 

f:id:saria444:20170420232040j:plain

 久しぶりに小湊鉄道を見かけたら、

やっぱり可愛かった。

 

f:id:saria444:20170420232107j:plain

 

【2017年4月訪問】 

 

 

【千葉県:長浦】みもざ

港の喫茶店シリーズ

今日も千葉港周辺を。

 

みもざは千葉県袖ケ浦市

内房線 長浦駅が最寄りの喫茶店。

f:id:saria444:20170419095927j:plain

さっそく船のはなし。

 

わたしが関わっていた商船は

定期船と不定期船という分類ができる。

 

後者は貨物を求め

不定期に不特定の航路に就航する船。

つまり始発港、寄港地や目的港を

契約ごとに決定する。

それと対になるものとして定期船がある。

f:id:saria444:20170420090101j:plain

私の喫茶店巡りの仕方は

いわば不定期船の就航と同じだ。

喫茶店を求め、不特定の街、

お店に寄港しているようなもの。

 

美味しそうなメニューがある店

素敵なインテリアがある店

名物マスターがいる店

マッチがある店。

 

不定期船のように

ゆらり電車に揺られて

知らない街の喫茶店を巡るのが好き。

f:id:saria444:20170422112718j:plain

 

この旅は千葉港あたりで

食指が動く喫茶店にいくつか

はしごする予定だった。

 

f:id:saria444:20170419100246j:plain

ここ、みもざはマッチが可愛いと知り

いくことを決めた。

食べロ◯の掲載もないし、

営業時間もわからない。

 

住所だけを頼りに

水先案内人ならぬ

グーグル先生に案内をお任せして

見つけたときの喜びよう。

道に迷い諦めかけたその時。

遠くから見えたピンクの庇に心が溶けた。 

 

f:id:saria444:20170422112749j:plain

 

「喫茶店巡りが趣味なんだって、

いい趣味だねぇ。

あなたも喫茶店開きなよ。楽しいよ。」

と明るく温かいママが

終始もてなしてくれた

(それと、2匹の看板猫も。)

 千葉でその日とれたての

大きな苺もくれた。

 

f:id:saria444:20170422112850j:plain

 

 欲しかったマッチ。

このフォント ホント可愛い。

f:id:saria444:20170422112913j:plain

 

甘えん坊の猫が時々足元に

すり寄ってきた。

猫の自由な感じがうらやましいけど、

今日のわたしはあなたみたいに気ままだよ。

と負けず嫌いを発動した。

 

この日は弾丸日帰りだから、

名残惜しいけど、

そろそろ出発だ。

f:id:saria444:20170419101053j:plain

この日はあいにくの雨だったけど、

雨の日は喫茶店が似合うと思う。

 

f:id:saria444:20170419101240j:plain

みもざの所在地。

 “くらなみだい”

町名の由来は何だろう。

波という文字に、ここは海の町なんだと

改めて感じる。

 

休日はあてもなく好きなだけ寄り道して

 

電車を乗り過ごしてみたり。

1番線と2番線どちらか早く来た方面の

電車に乗ろうとしたり。

 

目的地周辺と寄港喫茶店は

あらかじめ決めている。

おおらかに。ほどよく。

そんな休日の過ごし方、好きだ。

【2017年4月訪門】

 

 

 

【千葉県 千葉みなと】かふぇてらす くに

今日から港の喫茶店シリーズ。

日本の港は数あれど思い入れのある思い出の港へ

お礼参り。

しばらくは、その港近くの喫茶店の連載を

しようかな。

 

まずは千葉港。

国際貿易上とにかく大事な港。

日本にはそれがいくつあって あとはどこなの?と。

しかし 諳んじていないことは割愛。

f:id:saria444:20170418004742j:plain

さて本題の喫茶店情報です。

かふぇてらす くには千葉みなと駅近くの喫茶店。

千葉CCプラザの地下食堂街にある。

この建物は入国管理局があって港っぽさ満点。

f:id:saria444:20170418004855j:plain

 ここはとある情報筋から、

マッチがあると聞きつけ訪問。

マッチを所望したところ、

マスターと意気投合。

もう作っていない貴重品だよ。とのこと。

無理を言ってすいません!

マスター自身もマッチコレクターだから

喫茶店を始めたとおっしゃっていた。

ジャズピアノの奏者とのことだが、

お店で流れるのはオールディーズ。

ジャズは夜の雰囲気だから、

昼間は楽しい気分になるものをと。

f:id:saria444:20170418005002j:plain

 

ちょうどお昼時に伺ったから、

お忙しそうでしたが、

調理しながらず〜っと

マッチと、喫茶店愛を語るご主人。

”お話好きのマスターと語らう会”というもの開催しているようで、

愉しく親しみやすい方。

f:id:saria444:20170418005115j:plain

 へぇ〜若いのにねぇ。

マッチが好きなんていい趣味だね。

喫茶店巡りをしていると伝えると、

喫茶店のご主人からは

”大抵いい趣味だ”と言われる。

だってお互い喫茶店が好きだもんね。

 

ところでみなさんは、

ドラマ”タラレバ娘”を見ていましたか?

 

アラサー女子が漁港に行き、

年上の男性に囲まれ、

「お姉ちゃん若いね〜」と言われ、

3人娘が「若いって久しぶりに言われた!」と喜ぶ場面。

この回のドラマは見ていないけど、

原作の方で印象に残っている。

このセリフ、OAされたかな?

 

喫茶店に行くと、

ムズムズするけど、同じ感じを味わえる。

年上の大先輩からは

女性の年齢は分からないようだ。

リップサービスかもしれないけどね。

(タラレバ3人娘より、

もう少し年上だがそれは許して..)

f:id:saria444:20170418005317j:plain

12時すぎ。

ランチタイムに続々と作業服の方々が入ってきたので、

”港で働いている人なのか”とマスターに聞いてみたら、

ショッピングセンターの引越し業者だと教えてくれた。

どちらにしても 

作業服はかっこいいのです。

f:id:saria444:20170418005222j:plain

こちらの喫茶店。

ランチタイムのお冷はセルフサービス。

合理的!食堂に近い感じ。

話を進めるうち、

マスターは

千葉みなとの喫茶店(飲食店?)組合の

会長だということが判明。

今後、マスターから千葉港周辺喫茶店の

情報が知れそうです。

 

facebookで友達になろうと言われたけど

忙しくて最近facebookにアクセスできておらず

未申請。

もうちょっと待って!マスター。

f:id:saria444:20170418005442j:plain

 

 

f:id:saria444:20170418005546j:plain

 

 

f:id:saria444:20170418005634j:plain

 

 

f:id:saria444:20170418005833j:plain

 

千葉港に行ったのに、喫茶店がメインだったから

ポートタワーに登っていないな。

今度また行こう。

【2017年4月訪問】

【東京都 新橋】ジャパン*閉店*

新橋周辺の喫茶店シリーズ。

ジャパンは西新橋にあった喫茶店。

ついに過去形を初めて書く。

書こう書こうと思っているうちに、

閉店してしまっているお店が

多少ならずある。

残念ながら、ジャパンもその一つ。 

f:id:saria444:20170415232622j:plain

どこかに行く途中に見つけて、

温めてやっと訪問して。

この看板と同じデザインの

日の丸のマッチがあると知り、

どんな世界が見れるのかと

地下をドキドキしながら下ったのが、

2年前か。

f:id:saria444:20170415232556j:plain

急いでいる時は注文も選ぶ時間が惜しいから

アイスコーヒーを頼むのが癖で。

この日も滞在時間はおよそ10分程度だった。

 

今度は、ゆっくりランチにでも訪問しよう。

と思っていた。

f:id:saria444:20170415232643j:plain

閉店を知ったのは、すでにシャッターが下りた後で。

新橋にはその他、閉業に間に合わず、

いけなかった名店が多数。

ヴァィオレット、花。

 

いつかそのうちは、ダメなんだ...。

 

ところでジャパンと聞くと

♪エキゾチ〜〜〜〜ック 

というメロディーが勝手に浮かんできてしまう。

下手なりに私がカラオケが好きだからだ。

かつて2世代が同居していた大家族の我が家は

謡曲やJ-POPの歌番組が大好き。

ナツメロも耳馴染みあり。

 

私の周囲の船乗りさんは、

船内エンターテイメントとして

カラオケが好きだという人が多い。

 

たまに新橋付近での宴に同行させてもらうと、

2次会カラオケコースは鉄板。

加山雄三さんの ”光進丸”と”海よ”は唄えば盛り上がる。

私が歌うとなると

”宙船”(中島みゆきさん or TOKIO)は喜ばれたな。

 

西新橋にかつてあった喫茶店ジャパンには、

また行きたいけど叶わないから、

また思い出そう。

今度は、♪エキゾチ〜〜ック

というメロディーが

ラジオやテレビで流れたら、

かつて

西新橋にあったジャパンの赤い日の丸を思い出そう。

 

【2015年5月訪問】

 

【東京都 内幸町】 ジョリーコアン

新橋周辺の喫茶店シリーズ。

ジョリーコアンは内幸町駅前の喫茶店。

f:id:saria444:20170415232858j:plain

いつかの内幸町の空の写真。

航空会館を訪問するために

内幸町に初めて降りたのは、

もう何年前だろう。

この辺りが勤務地になり、

お馴染みになるなんて

その時は思わなかったな。

 

ジョリーコアンは

内幸町と西新橋の境界あたりにある。

f:id:saria444:20170415232815j:plain

駅近だからフラッと

立ち寄れそうだと思いきや。

平日営業なので、近くて遠いお店だった。

まだ1回しか訪問できていない。

f:id:saria444:20170415233336j:plain

ところで、船員さんたちは、洋上に出ると、

思い立っても容易に行きたいところにいけない。

「珈琲とか飲みたくなったらどうするの?」

私が聞きそうな質問だけど、

他の人も気になっていたようだ。

 

喫茶店やお気に入りのカフェには行けないけど、

他にそれを上回るメリットはたくさんある。

私が聞いた中で素敵だなと思ったのが、

 

ある日、

デッキで人が入れる大きさのドラム缶にお湯を張り、

温泉の素を入れ、

DIYで露天風呂(?)をつくったと聞いた。

なんとも楽しそうに和気あいあいな姿が思い浮かぶ。

 

”海が見える露天温泉”なんて、

惹かれるキャッチコピーだけど、

 

船上のデッキで露天風呂。

見渡す限り全部海だね。

つい最近日帰り旅行した熱海では

こちらの海が見える温泉に行ったけど。

天然の洋上にはかなわない。

www.micuras.jp

 

船員さんは普通の人々ができない

貴重な経験がたくさんできる。

 

さてコーヒーですが、

船内でもコーヒーは飲めるようですよ。

 

こちらがお気に入りの本。

最近古本屋さんで初版を見つけ

迷わず購入した。

「良平のヨコハマ案内」柳原 良平

 

【2015年5月訪問】

 

 

【東京都 虎ノ門】サムスン

新橋周辺の喫茶店シリーズ。

サムスン虎ノ門の喫茶店。 

 

f:id:saria444:20170415162732j:plain

 こちらも土日祝休みのお店なので、

平日のランチタイムに駆け込み。

全面喫煙可だから、

ほぼ全員煙草をすっている。

この界隈で、

喫煙できる場所はありがたいはず。

 

f:id:saria444:20170415162802j:plain

タバコの煙は苦手なのですが、

行きたさが勝ったので行ってみた。

同僚は非喫煙者が多く

同席させるのは

気がひけるからひとりランチ

(私も非喫煙者。)

 

店内は、夏の避暑地みたい。

窓が大きい喫茶店っていいな。

 

f:id:saria444:20170415162841j:plain

さて、

ここで船員あるあるを。

みなさん。

職業 ”船乗り”って聞いたら、

何をしてる人って、何を思いますか。

周りの意見を聞くと、

大抵、漁師。と認識されると。

 

「船に乗っているんだ」と言ったら、

公園に浮かんでいるスワンボートの運営?

ボートレースの選手?

といった面白回答をした人もいた。

 

私の周りの船乗りさんは

貨物船の航海士、または機関士

 

日本の輸出入の98%は船で行われている。

海外旅行に行ったら、

船便で荷物を送る機会もある。

そのためのコンテナ船もあるし、

自動車、工業原料、エネルギー資源等々

島国に輸出入される。

f:id:saria444:20170415162926j:plain

その船に乗る船乗りの存在は

あまり表立っていないようだ。

特に海のない都道府県に育ったら、余計。

飛行機のパイロットの方が知名度が高い。

正直、私もこの世界に携わるまでは、

深くは知らなかった。

 

次世代の子供たちは、

船の見学にいって

たくさん社会科見学してね。

 

さて、今日のコンビーフサンド。

材料や、コーヒー豆だって輸入品だ。

 

ころんと厚みのある

サムスンのロゴ入りカップ 可愛いな。

f:id:saria444:20170415163015j:plain

 

船員あるあるは面白い。

酒の席に ネタで聞いたこぼれ話をまたこっそり書こうと思う。

 

もしここを見ている仲間たち。

この話 間違っているよ!

これは言わないで!

と思ったら、コメントで教えてくださいね。

 

【2016年5月訪問】