純喫茶丸 8knot    〜喫茶店で考えた〜

2015年からの純喫茶訪問ブログ。純喫茶をはしごする船ということで”純喫茶丸”という船の名前がタイトルです。

【東京都:東上野】珈琲家 喫茶店のモーニング編

喫茶店のモーニング編。今日は珈琲家 東上野店。

f:id:saria444:20171013213036j:plain

こちらのお店。珈琲家というものすごく直球のネーミングで店構えもシンプル。だからこそ入った時の感動が大きいのです。入店時の心構えがフラットだから。名前によって勝手にイメージしてドキドキしたり妄想が過ぎることがなく邪念がないからです。その分空間の意外性に素晴らしさと感動が一気に弾けるのです。ベールに包まれた秘められた世界。その向こう側は本当に異空間でした。こざっぱりした店内にマスターが一人で切り盛りされていました。私はこのサイズ感のお店が好きです。入った瞬間にここ好きだ!とすぐに感じました。うすでのカーテンで仕切られた外と中の隔たりはこんなにもわずかなのに、一気に世界観が変わる感じがたまりません。

 

いただいたモーニングは”おはようセット”。ドリンクにプラス100円で頼めます。ドリンクに縛りがないとノーマルな珈琲や紅茶以外のものを...と思ってしまいます。この日はアイスオランダオーレにしました。メニューにきちんと説明がされてあるのでわかりやすかったです。カフェモカのようなコーヒーの上にココアをまぜたホイップクリームがトッピングされていました。某チェーン店のカフェモカにもホイップは載っていますが、こちらのものはホイップにもココアが混ざっているのが珍しい。彩りに統一感があってグラスの中のグラデーションが美しかったです。ビターでクールでとても美味しかった。マスターがカウンターで作業されている様子が見えるので、ぼ〜っと眺めていたのですが、コーヒーはネルドリップで淹れていました。今度はコーヒー直球で頼みたいです。

こちらは東上野店ですが、茅場町の珈琲家さんにも行ったことがあります。同じ名前ですがどちらも雰囲気が異なります。どちらも好きな感じ。両店共土日祝がお休みで平日営業のみです。ここはまたきっとくると思います。

f:id:saria444:20171013213101j:plain

f:id:saria444:20171013213129j:plain

f:id:saria444:20171013213155j:plain

f:id:saria444:20171013213220j:plain

この日はJR御徒町駅から歩きました。その時に見かけた朝のアメ横。シャッターが閉まっているところは珍しい。こんなアメ横を見たのは初めてです!

f:id:saria444:20171018004633j:plain

東京都台東区東上野2-10-2 第5政木ビル 1F

 【2017年10月訪問】

 

 

【東京都:溜池山王】シーザー 喫茶店のモーニング編

喫茶店のモーニングシリーズ。今日は溜池山王の喫茶軽食シーザーです。

小松ビル地下にあります。

f:id:saria444:20171018005342j:plain

レトロなビジネスビルの地下食堂街。食堂街といってもここに残るレストランはこちらのシーザーのみ。50年前は食堂がたくさん並んでいたらしい。

1997年に銀座線と南北線溜池山王駅がオープンした時のこと、覚えています。最近のことのようですがもう20年前なのですね。この界隈は駅のオープン時に整備などされたそうなのですが、それまでは地下まで水が漏れてくるなど、道路舗装があまり良くなかったとのこと。溜池という地名の通り、この辺りはもともと池があり、水にまつわる土地であったことがわかります。それに、溜池山王駅ができる前、それよりもずっと前の話ですが、その昔このあたりには都電が走っていたことなど、この街の歩みと共に喫茶店を営んできたマダムのお話はとても興味深いものでした。

こちらはモーニング時間帯の9:00前に到着しました。平日だったので出勤前のビジネスマンがちらほら。出勤前にこんな素敵な喫茶店に寄れたら嬉しいなぁ。ここはフレンチトーストがモーニングのメニューにあるので、迷わずオーダー。店内に足を踏み入れると、右側と左側で全く世界観が異なります。私が座った右側はシーザーの木彫りの紋章がずらっと並んだ渋いダークな世界。この木彫りのインテリアを何度も写真で見かけていてここに座りたかったのです。反対の左側は黄色いテーブルが印象的。店内が素敵でうっとり見惚れているとマダムが『珍しそうに見ているね。』と向かいのテーブル席におもむろに座りました。シーザーは黒いカレーが有名でよく雑誌にも掲載されているのですが、その撮影時の裏話や昔の溜池山王のことなどなど。お話好きなマダム。お店を出るとき『ランチは混んでいるからそれ以外の混んでない時にゆっくりまたおいで』と見送ってくれました。嬉しかったです。

マッチもナプキンもオリジナルロゴ入り。今度は黄色い世界の左側で黒いカレーを食べたいです。

f:id:saria444:20171018005439j:plain

f:id:saria444:20171018005530j:plain

f:id:saria444:20171018005617j:plain

f:id:saria444:20171018010136j:plain

f:id:saria444:20171018010202j:plain

東京都港区赤坂2-3-6 小松ビル B1F

 【2017年8月訪問】

 

【東京都:阿佐ヶ谷】gion 喫茶店のモーニング編

喫茶店のモーニングシリーズ。今日は阿佐ヶ谷のgionです。

モーニングはこの日オーダーしたのはサンドなので、飲み物プラス70円という破格。12:00までオーダーできるので比較的遅い時間までのモーニングサービスですね。

f:id:saria444:20171016013444j:plain

マスターが喫茶店開業にあたり喫茶店を数百件めぐって、理想のインテリアをgionに追求したという逸話が好きです。特にブランコの席は大人気ですね。発色の良いピンクの壁にステンドグラスが置いてある座席。ゆらゆら揺れてボォ〜っとするのが好きです。他のお店にはない独特のインテリアなので行ったら絶対座りたいと願っていたのです。ラッキーなことに訪問2回目で座ることができました。

こちらへは純喫茶訪問開始して早々に訪れています。阿佐ヶ谷とお隣の高円寺には喫茶店がたくさんあるので、この界隈に来ると一気に喫茶店巡りができるからです。阿佐ヶ谷にはgion、エル、ポトロ、ヴィオロンなど。高円寺にはボニー、ネルケン七つ森、ブーケ、ルネッサンス、ポピンス、閉店してしまいましたがペペルモコなどが。

この時、早朝から喫茶店をはしごするという充実した休日を満喫したことを覚えています。gionは雑誌もメニューも豊富でお客さんの年齢層も多岐にわたっていました。美容院や喫茶店では雑誌に没頭してしまいます。gionが掲載された雑誌も置いてあるのですが、その数本当にすごい。

ところで、当ブログスマフォ版のトップ画像のクリームソーダはgionの物です。gionではソーダ水にアイスをトッピングをしてクリームソーダにします。金魚鉢みたいな形のクリームソーダ。お友達と行ったので青と緑の2色をオーダーして並んだ姿に惚れ惚れしました。いろんな飲み物にアイスをトッピングすれば好みのフロートが出来上がるので何通りもの楽しみ方がありますね。ワッフルも美味しそうで通いたい喫茶店の一つです。

ありがたいことにAM8:30(日曜9:00)~翌AM2:00までのロング営業です。機会がたくさんありそう!

f:id:saria444:20171016013512j:plain

f:id:saria444:20171016013537j:plain

f:id:saria444:20171016013613j:plain

f:id:saria444:20171017232818j:plain

f:id:saria444:20171017232808j:plain

京都杉並区阿佐谷北1-3-3 川染ビル 1F

【2015年5月訪問他】

 

【東京都:池袋】タカセ 池袋南口店 喫茶店のモーニング編

喫茶店のモーニングシリーズ。今日は池袋のレトロ喫茶といえばまずここが思い浮かぶタカセ。この日に訪れた南口店は池袋本店とはまた一味違う、庶民的な町のパン屋さんといった風貌のパン工場併設店。

 

 f:id:saria444:20170708154849j:plain

タカセのパン屋さん

朝一に焼きたてのパンをいただけるモーニングがとてもお得です。しかもモーニングに提供時間の制限はありません。惣菜パンの在庫がある限りだとのことです。この日は午前中に池袋で用があったので早めの8:00頃に伺いましたが、店員さん曰く『パンがのこってれば終日モーニング価格OKなのよ。』とおっしゃっていました。

トングをカチカチ

さて惣菜パンを選ぼう。朝早く来たせいか惣菜パンの種類がまだ出揃っていなく、フィッシュバーガーとハンバーガーが並んでいました。どっちにしよう?と悩んでいると...。私の手元からカチカチカチと音が。あぁまたやっている。パン屋さんで商品を選ぶときになんでトングの先をカチカチカチと鳴らしてしまうのだろう?リズミカルな音を出すことで瞬発力や判断力が上がるのかな?気合を入れているのかな?気づくと無意識にやってしまいます(笑)大人なのに恥ずかしい!

気を取り直してお会計

モーニングではハンバーガーセットに落ち着きました。バンズに甘めのケチャップが添えられたハンバーグが挟まったシンプルなもの。隣の工場で出来立てです。

モーニングのお値段は池袋にしては破格の370円也。ドリンクにオレンジジュースやグレープフルーツジュースを選べるところもいい。でもよく考えてみると、通常の単品ドリンクの価格もお安いですよね。タカセのコーヒーが200円で?この立派なロゴ入りのカップで??いいのでしょうか?と思うくらい驚きの昭和プライス。採算度外視のサービス精神の塊のような値段設定ですね。

終日モーニング価格並

ちなみに別の日は16:00頃に訪問。ホットケーキセットにしました。お値段500円。よく考えてみれば終日モーニングのような価格ですね。提供時にフライパンや銅板で焼くような高級ホットケーキとは異なりますが、ほっこりするような穏やかな味の生地はタカセ特製。

東口にある堂々としたランドマーク的な存在の池袋本店にも雰囲気や情緒たっぷりの素敵さがありますが、南口店の温かさが個人的に好きです。テーブルは3卓のみでこじんまりしていますがその点も地元もパン屋さん風でとても落ち着くのです。

南口店目の前にあるタカセビルにも注目です。タカセは自社ビル結構いっぱい持っています!

f:id:saria444:20170708154910j:plain

f:id:saria444:20170708154948j:plain

f:id:saria444:20170708155121j:plain

f:id:saria444:20171017004026j:plain

f:id:saria444:20171017004059j:plain

f:id:saria444:20171017004102j:plain

f:id:saria444:20171017004106j:plain

f:id:saria444:20170708155236j:plain

f:id:saria444:20170708155307j:plain

【2017年7月訪問】

東京都豊島区南池袋2-18-10

 

【東京都:阿佐ヶ谷】アロウ 喫茶店のモーニング編

喫茶店のモーニングシリーズ。今日は阿佐ヶ谷のアロウ。

f:id:saria444:20170621160614j:plain

グリーンの看板が朝の光に反射して鮮やかでした。アロウはJR阿佐ケ谷駅北口の商店街スターロードの先にあります。アロウへの道は、以前音楽喫茶のヴィオロンに行く途中通ったことがありました。

ここに来ると図らずともモーニング時間帯となります。なぜなら営業が午前8:00からお昼の12:00までなのです。しかも夏は2ヶ月ほどまるまる休業されるので、訪問のハードルが高めですね。チャンスと思った日に思い立ってやってきました。モーニングセットはトーストとコーヒーで350円です。価格も昭和的です。

 

マスターがお店についてお話してくれました。以前は荻窪にもお店を持っていたこと。この阿佐ヶ谷店は夜はバーとして使われていたけど今は午前中の喫茶営業のみにしていること。店内にはミラーボールがあって、マスターはわざわざ電気を消して明かりをつけてくださいました。

何も言わずとも『これが欲しかったんでしょう』とにこやかにマッチをくださいました。少し小さめもミニサイズが可愛いです。もう冬季営業開始されていると思うので、機会があったらまた訪問したいですね。出口付近にピアノがあり、バーの時間帯に演奏されていたというようなことをお聞きしました。昭和の日本のどこかのお家にお伺いしたような不思議な時間を過ごせるお店でした。

f:id:saria444:20170621160633j:plain

f:id:saria444:20170621160700j:plain

f:id:saria444:20170621160921j:plain

f:id:saria444:20170621160737j:plain

f:id:saria444:20170621164748j:plain

f:id:saria444:20170621161221j:plain

f:id:saria444:20170621160812j:plain

f:id:saria444:20170621164839j:plain

東京都杉並区阿佐谷北2-3-1

【2017年5月訪問】

 

【東京都:仲御徒町】シーボン 珈琲専科 喫茶店のモーニングシリーズ

喫茶店のモーニングシリーズ。東京メトロ日比谷線仲御徒町駅からすぐ。
平日の朝はやく起きた日に。

f:id:saria444:20170707220007j:plain

東京メトロ24時間券で乗り降りチャレンジ

この度は、東京メトロ24時間券を購入して降りたことのない駅をできるだけたくさん乗り降りしてみました。この日のチャレンジは東京メトロ日比谷線で。仲御徒町もその一つでした。

シーボンの店名の由来は、ガラス扉にあった表記がC’ Bonなのでフランス語のセ・ボンに由来しているのだと思いますが、船好きの私は、やはり店内にあった舵の形の温度計に目を奪われ、これはSea Born(シーボーン)ともかけているのでは?と勝手な想像を膨らませていました。ご夫婦と思われるお二人で対応できるくらいのちょうどいい広さ。席はカウンターとテーブル席幾つかのこじんまりした感じ。テレビが付いていて朝のニュース番組をぼぉっと眺めていました。誰かがつけた誰かが好きな番組を見るのが好きです。

曖昧な境界の向こう側

外からは中が窺い知れないつくりなのですが、入ってみるとツヤツヤのソファが華麗に並んだ飴色の純喫茶でした。外から見えないということは、内側は決して外からは透けない閉ざされた空間であるということになります。この鏡の中に入ってしまったような感覚が好きです。ふとある小説のシーンを思い出しました。川端康成の『雪国』の中で主人公島村が雪国へと向う途中、車窓の中に女性と夕暮れの移ろいゆくおぼろげな景色を重ねる美しいシーンがあるのです。喫茶店にいると時々、外から中の様子がうかがえないガラスの向こう側にいることに心が弾むのです。曖昧な境界を挟んで佇む感じ。日常でもほんの数十分ほど私が好きなこういう瞬間があって。夜と朝の途中とか、昼と夜の途中とか。空の色が曖昧に重なりぼやけ、次の色にくっきり変わるまでの時間です。何かの狭間にいる瞬間って心を惹きつけられます。喫茶店のスモークガラスを挟んで外と中の世界を分けている空感。それはとても愛おしい。

厚切りパンセット正統派モーニング

シーボンのモーニングは2種類。私は厚切りパンセットにしました。このジャムなどを2種類入れられるガラスの小皿が好きで、後日合羽橋道具街で幾つか購入しました薬味入れとして売られていました。喫茶店グッズは合羽橋道具街で細々とためています。

ちなみにこの日、地下鉄仲御徒町駅で下車しましたがJR上野駅御徒町駅からも徒歩で行ける距離です。

f:id:saria444:20170707220037j:plain

f:id:saria444:20170707220109j:plain

f:id:saria444:20170707220317j:plain

f:id:saria444:20170707220137j:plain

f:id:saria444:20170707220201j:plain

f:id:saria444:20170707220225j:plain

f:id:saria444:20170707220247j:plain

f:id:saria444:20170707220343j:plain

東京都台東区上野5丁目15-11

【2017年7月訪問】

【東京都:十条】スウィング 喫茶店のモーニング編

喫茶店のモーニングシリーズ。今日は十条のSWING。

駅近で一軒家でいわゆるTHE 純喫茶らしい佇まい。ここに構えて50年とおっしゃっていました。COFFEE SHOP CHAINということは幾つか支店を出していたのでしょうか?

f:id:saria444:20170922120610j:plain

モーニングは13:00までサービスしていて、A/Bセットは500円と大変有り難い価格。Aセットにしました。トーストが何やら網焼きらしき焼き目がたまらない。それでいて柔らかいのです。不思議な食感だったなぁ。厚手のポテッとしたアイスコーヒーのグラスも愛らしい。あぶくのドット模様みたいですね。

ここにも船の模型がありました。飴色に染まった味わいのあるイギリス船。マダムに船を置いた由来をお聞きしたのですが、どうやらインテリアを任せた商社さんが用意したものだそうです。昔なのでよくわからいけど...ということ。50年前の輸入品であること。をチャーミングなマダムがお話ししてくれました。

純喫茶では船にまつわるインテリアモチーフを多く見かけます。
以前、実際にお話をお伺いした中での理由TOP3を私なりに考えていました。

1.お客さんがくれた。
2.親戚が船会社に勤めていて不用品をもらった。
3.実家が船のオーナーであった。

 下記記事内の珈琲艇キャビンはとても独特で、喫茶店の入っている建物が船の形に似ていたため、インテリアを船よりにしていったという由来を持つ特別なお店です。

(窓は船に実際に使われる特殊なガラス作りで素敵でした。)

kissafreak.hatenadiary.jp

 

このランキングに

SWINGで聞いた、喫茶店のインテリアデザインを請け負った商社が調達した。

を含めたいと思います。純喫茶ブームが起こった昭和40年頃は喫茶店にこういうインテリアの喫茶店が理想だったのかな。担当商社さんの傾向かなと。こんな想像をするのって楽しい。船ってロマンがあるし、飛行機よりも身近な存在だったはず。今より簡単に海外旅行ができない時代に海の向こうに思いをはせる憧れの象徴だったのかもしれません。

 

こちらはグループ用の席も多く、会議をしているビジネスマンやご近所の年配の方々などが昼さがりを過ごしていました。食事メニュー、ドリンクやパフェ類も豊富。

地元密着 THE 地域の喫茶店というようなとても良い雰囲気でした。

f:id:saria444:20170922121404j:plain

f:id:saria444:20170922120633j:plain

f:id:saria444:20170922121324j:plain

f:id:saria444:20170922120741j:plain

f:id:saria444:20170922120941j:plain

f:id:saria444:20170922121009j:plain

f:id:saria444:20170922120848j:plain

f:id:saria444:20170922120828j:plain

f:id:saria444:20170922121042j:plain

f:id:saria444:20170922121344j:plain

【2017年9月訪問】

 東京都北区上十条2-28-6