読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

純喫茶丸 8knot

2015年からの純喫茶訪問ブログ。海が好きで船の名前”丸”をつけました。

【高砂】アイドル

アイドルは高砂の喫茶店

f:id:saria444:20170226000117j:plain

前回の記事が石川町の喫茶店モデル

だったので、今回はアイドルにしました。

f:id:saria444:20170226003612j:plain

このフォントデザインは、

NHKテレビ小説「あまちゃん」で若き春子が、

アイドルを目指しながらアルバイトをしてた

喫茶店「COFFEE SHOP アイドル」のモデルでは?

と噂になっていました。

f:id:saria444:20170226000636j:plain

アイドルブレンドって、

何やら可愛らしく甘そうな響き。

f:id:saria444:20170226000416j:plain

階段に飾ってあったMENU表もバラに囲まれてアイドルのステージ風。

f:id:saria444:20170226000243j:plain

 どうしても思い浮かべてしまうのが、

夜のヒットスタジオ松田聖子さんのステージ。

赤いスイートピーもしくは、ロックンルージュ。かな。

 f:id:saria444:20170226003707j:plain

 どうやら私の好みの喫茶店は

クリーム色のレースのカーテンがあるお店のようです。

そんな窓側に座れたら、

それだけで幸せです。

 

落ち着くのは、

幼少期の我が家の実家の応接間、

寝室がこんなデザインだったのですよ。

 

 

f:id:saria444:20170226000607j:plain

アイドルのプリンアラモードは、

背伸びしすぎず、

庶民派で、親しみやすい雰囲気。

愛嬌のある手の届きそうなアイドル

っていうところかな。

f:id:saria444:20170226000620j:plain

私の幼少期のエピソードですが。

 

そう。

私は松田聖子さんが好きだった。

相当、ませた子供だった。

普通の子供よりも早くアイドルに憧れていたと思う。

 

アイドル雑誌を読んでいたら、

赤いスイートピーを出した頃だと思うのですが、)

記者さんが聖子ちゃんを分析していて、

赤いスイートピーを出したあたりから

自分の足で歩くことができるようになった」

というようなことを書いていた。

幼な心に、

「聖子ちゃん怪我でもして歩けなかった頃があったのだろうか。」

と心配した。

f:id:saria444:20170226003837j:plain

と思ったけど、

少し成長したら、

比喩とか例え話が

理解できるようになって。

 

あれは“自立した大人になった”

という意味だったことを後に知った。

 

喫茶店アイドルで、

私の初めて出会ったアイドルについて

そんな思い出をかみしめていました。

 

あなたのアイドルは誰ですか?

f:id:saria444:20170226003749j:plain

 

高砂の喫茶店アイドルは

「会いに行けるアイドル」でした。

 

この日のお供は「ナインデイズ」河原れん

311東日本大震災の際

岩手県災害対策本部の闘いを描いたフィクションです。

もうすぐあの日がやってきますね。

今日このアイドルの記事を書こうと思ったのも偶然ですが、

311を忘れないように、

私のアイドルが思い出させてくれたのかもしれません。

 

【2015年9月訪問】

【神奈川県:横浜市石川町】モデル

モデルは石川町の喫茶店。

f:id:saria444:20170224213211j:plain

好きな人にはたまらない看板だらけの壁。

 

f:id:saria444:20170224213855j:plain

f:id:saria444:20170224213332j:plain

好みの透明なガラス扉。

f:id:saria444:20170224212803j:plain

インテリアはヒマワリをイメージしたという

統一感ある落ち着く店内。

f:id:saria444:20170224212631j:plain

イタリアから輸入したタイルにレンガ。f:id:saria444:20170224214118j:plain

サスペンスと少女漫画の間。

f:id:saria444:20170224214104j:plain

理想と現実の間。

f:id:saria444:20170224214030j:plain

図らずもチョコレートパフェの

パインとチョコとシンクロしたインテリア

 

 

パワー感あるイエローが、

落ち着きのあるブラウンでマイルドになっているから、

強烈すぎない癒し。

 

f:id:saria444:20170224213055j:plain

骨董品級のお宝が現在も動いていて

間近に見れる。

f:id:saria444:20170224214707j:plain

ボタンを押すガチャガチャした音や

お手入れしないと止まってしまうくらいの危うさが

f:id:saria444:20170224214823j:plain

リアルで好き。

 

この日のお供は

この少し前に古本市で買った

【旅客機大全】中村浩美

 

電動力というか、

機械が好きなのかもしれない。

 

2016年4月訪問

 

【岩手県:花巻市林風堂 宮沢賢治の賢治の学校レポート付き】

林風堂は岩手県花巻市の喫茶店。

f:id:saria444:20170220220048j:plain

岩手県は母方の故郷なので、

遠くて近い場所。

 

f:id:saria444:20170220004447j:plain

こちらは、もううん10年ぶり

二度目の訪問。

f:id:saria444:20170220004541j:plain

メルヘンチックなロールケーキを食べました。

この建物に似合う。

f:id:saria444:20170220004501j:plain

英国風インテリアが好き。

幼少期から、イギリス文学が好きだったから

こういうテイストは、

キュンとくる原点。

f:id:saria444:20170220220008j:plain

ここまでくる列車も素敵でしたよ。

 

釜石線花巻駅は 

地平線が遥か彼方に

いつまでも続くような。

空気も澄んでいて

宮沢賢治

花巻を理想郷としたのも

気持ちがわかるような。

f:id:saria444:20170220005043j:plain

花巻には、

宮沢賢治の世界観を表現した

“賢治の学校”という

広大な敷地と自然を活かした

テーマパークがあります。

f:id:saria444:20170220005123j:plain

童話の舞台が再現されていて

f:id:saria444:20170220005107j:plain

凄くほんわかする。

f:id:saria444:20170220005015j:plain

ふくろうはよく出てくるモチーフ

f:id:saria444:20170220010443j:plain

博物館の中は、

ちっちゃなアトラクション。

星、夜空、雲、太陽。

f:id:saria444:20170220005357j:plain

メルヘンの代名詞がたくさん。

f:id:saria444:20170220005235j:plain

こういうモチーフ好き。

f:id:saria444:20170220005247j:plain

水に関するこんなセリフに

心を奪われました。

 

水。うつろう青い魔力の世界。

人のこころのことじゃないですか。

f:id:saria444:20170220005536j:plain

うつろうから

現実逃避をしたくなる。

 

逃避したっていいですよね。戻るんだから。

 

私は逃避行先が喫茶店なのです。

 

宮沢賢治の本でも改めて読んでみたい。

とおもったこの夏の旅行。

 

この日のお供は

「文庫本 X」盛岡の書店から発信されたものですもんね。

中身は...ここではXのまま、ないしょにしておきましょうか。 

 

【2016年9月訪問】

 

 

【金沢八景】オリビエ

オリビエは金沢八景の喫茶店。

f:id:saria444:20170215234242j:plain

お天気が良く、常夏の国のような眩しい光。

真っ青な空の下、尋常でないオーラの素敵な喫茶店が。

遠くから捉えた瞬間から、

ワクワクが止まりませんでした。

f:id:saria444:20170215232302j:plain

ピンクとグリーンの庇。

私が好きな色の組み合わせ。

褪せた色がまたたまりません。

f:id:saria444:20170215232311j:plain

全てフィクションじゃないかと。

 

この時代のものとは思えない可愛さ。

魅惑の扉を開けると...

f:id:saria444:20170215232225j:plain

か…かっこいい。

体験できる文化遺産博物館です。

 

f:id:saria444:20170215233251j:plain

テーマパークよりもこういう方が、

興奮する

だって本物だもん。

生活が、

人々のストーリーが、

染み付いている。

f:id:saria444:20170215233245j:plain

こんな空間を、

独り占めさせてもらって、幸せすぎました。

 

昔の映画に出てきそう。

赤いテーブルの脚と緑のソファが

すごくデザインが凝ってる。

 

f:id:saria444:20170215232249j:plain

インテリア、凄いな〜。

f:id:saria444:20170215233602j:plain

珈琲一杯のお値段で

こんなにも至福の時間。

カラカラと氷の響く音と静かに過ごす休日。

f:id:saria444:20170215233724j:plain

 

駅からお店までは、

マリーナ沿いをてくてく歩いてきましたよ。

 

この景色も、最高でした。

 

f:id:saria444:20170215232247j:plain

この界隈は昼顔のロケで使われたそうです。

遠くに見えるマンションはドラマで上戸彩さんが住んでいた、設定。

f:id:saria444:20170215232234j:plain

マッチもあるんですよね。

 

また夢を見たくなったらここに、

逃げてきます。

 

BGMがオリビアを聴きながらだった

あなたは

きっと仲良しになれます。

 

【2016年5月訪問】

 

【茨城県:日立市】純喫茶ウィーン

 

ウィーンは茨城県日立市の喫茶店

https://pbs.twimg.com/media/CjmtUELUoAAXfLJ.jpg

外観から夢のような喫茶店。

 

https://pbs.twimg.com/media/CjmuxYOUkAAOq0G.jpg

東京から小1時間電車に揺られると、

こんな素敵な喫茶店がある街に

来られるのですね。

 

f:id:saria444:20170214192333j:plain

お天気が良くて青空と建物が美しい。

 

こういう素敵な景色が

まだまだ見られるので、

日常の日本が楽しいと、最近思うのです。

 

 

f:id:saria444:20170214192406j:plain

ショーケースも可愛いですね。

実在するんですよ。

こんなラブリーな喫茶店。

f:id:saria444:20170214192401j:plain

プリンパフェ。

美しく美味しいです。

 

f:id:saria444:20170214193156j:plain

ちょうどよい硬さの手作りプリン。

f:id:saria444:20170214192352j:plain

洋館のような。

昭和の応接間のような。

一日中いても飽きないです。

f:id:saria444:20170214193331j:plain

駅前は近代的に開発されていましたが、

近未来とレトロ純喫茶が同居する

日立市って素敵ですね。

f:id:saria444:20170214193518j:plain

【2016年5月訪問】

 

【神奈川県:横浜市綱島】サガン

サガン綱島の喫茶店。

フォントとロゴが可愛い。

https://pbs.twimg.com/media/Cv_s_D2VMAAcukC.jpg

 

窓にかかったレースのカーテン

ピカピカの飴色ソファー

夢心地。

https://pbs.twimg.com/media/Cv_svxhUIAAvZ4D.jpg

ショーケースがあるお店はそれだけで

ワクワク。

https://pbs.twimg.com/media/Cv_svxgUIAANsuL.jpg

シナモントーストも思いがけないキュートな盛り付けで幸せ。

https://pbs.twimg.com/media/Cv_svxlUMAE_578.jpg

 

このお店は完璧なアートでした。

f:id:saria444:20170212234748j:plain

窓が大きくて、壁一面ガラス。

外の景色を見ながら、

ただぼーっとするだけの

贅沢な休日を過ごせました。

 

この日のお供は、

「2017 蟹座 星ダイアリー」石井ゆかり

著者も同じ蟹座だから、なんだか

すごく共感するんです。

【2016年10月訪問】

【東大前】こころ

こころは、本郷三丁目の東大前の喫茶店

学生街の喫茶店。

https://pbs.twimg.com/media/CneKAQ3UkAE-DZq.jpg 

青と緑のソファが素敵。

土曜日。東大の学生も多いけど、

ファンも多いこのお店。

入店待ちが出るほどの満席でした。

 

https://pbs.twimg.com/media/CneV9mpVYAACZ5E.jpg

こころといえば、ウィンナーライス。

確かに、学生時代

こういう味が好きだったなぁと

懐かしくなる。

https://pbs.twimg.com/media/CneV9mmUEAECiE_.jpg

 

扉を出た後もお見送りして下さる

マダムのサービスに感激。

 

https://pbs.twimg.com/media/CneV9mkVUAAYhow.jpg

こういうパープルの透明のドアが好き。

透けていて、

向こうが見えるか見えないかくらいの妖艶な色。

 

https://pbs.twimg.com/media/CneV9mkUsAABVhh.jpg

小さい頃、決まって日曜に

父といった喫茶店。

当時のお店は

こういう扉だった記憶がかすかに残っている。

だから今でもわくわくが蘇る。

 

今日のお供は、もちろん「こころ」夏目漱石

このお店で「こころ」を読むのが夢でした。

 

こころって、こういう話でしたっけ。

学生時代に読んだ時より響く。

歳を重ね、いろんな経験をしたこころで読むと、

また新鮮な感じ方がありました。

 

【2016年7月訪問】