純喫茶丸 8knot    〜喫茶店で考えた〜

2015年からの純喫茶訪問ブログ。純喫茶をはしごする船ということで”純喫茶丸”という船の名前がタイトルです。

【神奈川県 横浜】キャビン *舵のある喫茶店

今日は横浜駅ビル地下にあるキャビン。

f:id:saria444:20180424141141j:plain

鉄の鎧。いろいろなものを入れても型が崩れない。荒天で沈んでみたり、浮いてみたり、なんとかギリギリの絶妙な立ち居振る舞いで、崩れないからといってやたらと詰め込んだら転覆する。港に立ち寄って荷下ろし。船のようだが私のことでもある。

横浜の喫茶店キャビンは最近お気に入りの喫茶店。舵があって、銅製のコースターが可愛い。ここで、1週間分の肩の荷を降ろすとしよう。アイスコーヒーを一杯。

⭐︎

最近読んだ本は『解錠師』(早川書房 スティーヴ・ハミルトン 越前敏弥 訳)
『解錠師』はハヤカワポケットミステリー版の装丁が好きだ。真っ赤な表紙に鍵穴から歯車。センスがいい。ジャケ買いじゃない、内容もいい。

私はアメリカの州に疎い。地図帳と格闘しつつ二巡目でやっとストーリーに追いつく。いや正確に言うと一巡でやめられず、すぐ二巡目をスタートしたかっただけだ。この小説の終わりと始まりは無限ループできる。
主人公が解錠するのは主に金庫。本書では金庫を女性と表現しているのが良い。初期設定のまま放置しておく人、スペアを堂々と見せびらかし、本当に大事なものは別の場所にしまっておく人。ぐぬぬ

一般的に船も女性の代名詞として扱われているが、尊重しないと海で荒れて大怪我するのは乗組員さんたちなのだ。だから時々ドックに入れて手入れをしたり丁寧に操船する。

⭐︎⭐︎

トラウマで口がきけなくなった『解錠師』の主人公はひょんなことから解錠師になる。金庫の錠を開けるアーティストだ。錠への執着心や、解錠に成功した爽快感を彼以上に感じる人はいないだろう。彼のトラウマと重ねるととても切ない。しかも彼の解錠における能力は天才的だった。文字通り潜ったから見つけ出した潜在意識だった。深く深く。やがて溢れそうな彼の悩みを救うのが、いささか複雑な出会い方をした恋人のアメリアだ。このアメリアはマイクのマグダラのマリアだった。

⭐︎⭐︎⭐︎

アメリアは人魚なのだ。

マイクはある日ー悪事に足を踏み入れる境界の日ー、風に髪をなびかせたアメリアの写真を見つけ、心奪われ、彼女のことで頭がいっぱいになる。口がきけないマイクとアメリアのコミュニケーション手段は漫画を描くこと。互いにコマを書き添えていく交換日記だった。セリフに自分の気持ちを代弁させ贈り合うのがなんとも瑞々しい。

⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎

ある日、マイクはアメリアが人魚に変身した絵を描く。「人魚になりたいことをどうして知っているの?」とアメリア。人魚といえば、リトルマーメイドのアリエルがわかりやすい。リトルマーメイドはディズニーが意味深にマグダラのマリアのメッセージを込めた作品だという。マグダラのマリアは『ダ・ヴィンチ・コード』にも登場するが、

『解錠師』、お前もか。

マイクは悪事に苦悩していたが、そこに足を踏み入れなければアメリアに会えなかったばかりか、当のアメリアのためにさらなる泥沼にはまっていく.....。しかし、アメリアはマイクの復活を見守るマグダラのマリアだった。アメリアはまさに泥沼に飛び込んでマイクを救う。そういえばアメリアという名前はマリアに似ている。

マグダラのマリアは、罪を悔いる人、身体に障がいを持つ人を救う女神なのだという。

⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎

本書内には、アメリカのベイエリアやクルーザーのシーンが出てくる。船好きにはもってこいの本だった。

わたしにとっては、ついつい食べすぎるあまいスイーツへの罪悪感”を救いのマグダラのマリア”が赦して…いや、なんでもない。 

f:id:saria444:20180424141222j:plain

f:id:saria444:20180424141203j:plain

f:id:saria444:20180424141243j:plain

f:id:saria444:20180424141305j:plain

f:id:saria444:20180424141334j:plain

神奈川県横浜市西区北幸1-1-8 エキニア地下1階

【2018年5月訪問】