純喫茶丸 8knot    〜喫茶店で考えた〜

2015年からの純喫茶訪問ブログ。純喫茶をはしごする船ということで”純喫茶丸”という船の名前がタイトルです。

【東京都:築地市場】木村家

築地場内の喫茶店シリーズ、最後は喫茶 木村家。
シンプルイズベスト。懐かしい幼なじみとの寄り道を思い出すような親しみやすい店構えだった。

f:id:saria444:20180502084154j:plain

こちらのソーダ水が人生で一番美味しかった。割合が抜群なのか、市場の雰囲気と相まってか、最高だった。下戸なので仕事後のビールという楽しみがない私は、こうして喫茶店のシュワシュワした飲み物を好む。

⭐︎

GW後の1週間は長かった。とにかくみな復帰へのリハビリに気を揉むのは同じ。心持ちいつもより優くしあった。
GWは遠出をせずずっと本を読んでいた。日常と同じことをわざわざ遠くに出かけてするのが最高の贅沢だと思っているのですが、今回はそれが叶わず。片道数十分の喫茶店に小旅行し、いつもと同じように本を読むことにした。本当はスーツケースに積読していた本をたくさん詰め、往復の機内でも(海外のリゾート地を夢みる)ホテルでも、本を読み続ける。という旅が理想。いつかやってみたい。

⭐︎⭐︎

このGWは海の映画を見ることに決めていた。2014年公開『キャプテン・フィリップス』(ポール・グリーングラス監督トム・ハンクス主演)をようやく見た。海の英語の仕事をする際、参考資料として勧められていたが、なんだかんだと言い訳をし今まで見てこなかったことを後悔した。でも…見ていたら仕事にならなかったかもしれない。仲間の船員さんたちが心配すぎる!いくら国際条約があったって、無法地帯には関係ない。海賊は昔の遺物ではないしフィクションでもない。船員さんは本当に立派な仕事で、ますます誇りに思う。尊敬の念が絶えないな。

⭐︎⭐︎⭐︎

前回の『白鯨との闘い』が19世紀の船の物語だとしたらこちらは本当に現代のそれ。出港前の航路確認や操船オーダーは、生の海の専門用語だった。勉強になる。この映画の感想はひとことでいうと

海上復帰するんかい!」

『白鯨との闘い』にしても『キャプテン・フィリップ』にしても、俺には船しかないぜ、という船乗りの生き様にロマンを感じる。

このGWはダン・ブラウンのラングドンシリーズを見たし読んだし、記憶のほとんどがトムハンクスだった。もう一回見たくなった『キャスト・アウェイ』もトムハンクス主演か。彼は本当にサバイバルの巨頭だな。

f:id:saria444:20180502084220j:plain

f:id:saria444:20180502084251j:plain

f:id:saria444:20180502084314j:plain

f:id:saria444:20180502084329j:plain

東京都中央区築地5-2-1 築地市場 1号館

【2017年9月訪問】