純喫茶丸 8knot    〜喫茶店で考えた〜

2015年からの純喫茶訪問ブログ。純喫茶をはしごする船ということで”純喫茶丸”という船の名前がタイトルです。

【東京都:王子】街角 *2018年4月ごろ閉店*

今日はまた残念ながら閉店した喫茶店のお話を。王子の街角が閉店したそうです。フォローさせていただいているtwitterの喫茶店仲間 @satochibi さんの投稿で知りました。

f:id:saria444:20180424202912j:plain

私は訪問二度目でドアを開けることができました。一度目はある日の土曜日でcloseしていました。のちにそれをママにお伝えすると、既にその頃から不定期営業になっていたとのこと。「定時にはできない。開店は10時過ぎになることもあるし、夕方に早く閉めたり、土曜日も休むことがあった」とママ弁。
ようやく私の念願がかなったのは2017年5月のある平日のこと。
最近あっという間に時間が過ぎてしまい、気が付いたら再訪できずに1年近く経っていた。

海洋文学のような年代物のインテリア

こちらは海洋文学に出てくる古き良き物語の舞台のようなインテリアで。外からも眺められる場所に大きな舵が飾ってありました。木製の本格的なもの。お店の雰囲気は妖艶で独特のオーラがあり、昔ながらの木製のボックス席に座ると、まるで船室にいるかのような気分になったものです。

MAX Visibility

この当時、私の心にはもやがかかっていたのですが、ここで過ごしていたらなぜか心が晴れたことを思い出しています。店内でぼんやり過ごしていた私に優しいママが心地よい距離感で迎えてくれていてくれたからです。視程が広がるのを確かに感じました。

水尾が消えるまで

ピラフをいただきましたが、素朴なカレー味で美味しかったんですよね。家庭的な味で懐かしくて、それも癒しになったんだと思います。茶色い空間にカラフルでポップな灰皿とグラスがいいアクセントで本当にお洒落な空間でした。

船を見送った港に佇んでいるような気持ちですが、行ってしまった船が描く水尾が消えるまで好きなだけ余韻に浸っていたい。

f:id:saria444:20180424202932j:plain

f:id:saria444:20180424202950j:plain

f:id:saria444:20180424203012j:plain

f:id:saria444:20180424203046j:plain

f:id:saria444:20180424203113j:plain

f:id:saria444:20180424203142j:plain

f:id:saria444:20180424203211j:plain

f:id:saria444:20180424203345j:plain

f:id:saria444:20180424203309j:plain

f:id:saria444:20180424203241j:plain

東京都北区豊島2-2-1

2018年4月ごろ閉店

【2017年5月訪問】