純喫茶丸 8knot    〜喫茶店で考えた〜

2015年からの純喫茶訪問ブログ。純喫茶をはしごする船ということで”純喫茶丸”という船の名前がタイトルです。

【東京都:志村三丁目】カフェベルニーニ 喫茶店のチーズケーキ編

今日は志村三丁目のカフェベルニーニ。

f:id:saria444:20171018004318j:plain

完全オリジナル焙煎

こちらは一番リピートしているお店。店の奥で自家焙煎をしていて、全自動の焙煎ではなく店主の技で完全オリジナルの豆を提供してくれるいいお店。店主の岩崎さんはジャパンバリスタカップの審査員を務めた経験があり腕に間違いない。だからこの店のコーヒーにチーズケーキなんて、至極の組み合わせです。

最近遅ればせながらダン・ブラウンの「ロスト・シンボル」を読んでいるのですが、一瞬にして読者がコーヒーの芳香につつまれてしまうシーンがあります。主人公ラングドンが作品の序盤、友人であり恩師のピーターソロモンから日曜早朝に電話を受ける場面です。

六時ごろ家に戻ると、スマトラ産のコーヒー豆を手で挽く朝の儀式に取りかかり、キッチンに満ちるエキゾチックな香りを楽しんだ。(略)コーヒー作りを再開し、グラインダーに豆を追加した。けさは少しよけいにカフェインがいる。長い一日になりそうだ。(出典「ロスト・シンボル」ダンブラウン、越前 敏弥訳)

これを読んだ時、スマトラコーヒーが飲みたくなり、先ほどシングルオリジンのスマトラ マンデリンを購入してきました。マンデリンはインドネシア産地のコーヒーです。

エキゾチックコーヒー

マンデリンはインドネシアスマトラ島で栽培される豆で、日本人にも欧米人にも特殊な香味で人気が高いそう。本書でエキゾチックな香りのコーヒーとして登場するにふさわしい銘柄ですね。インドネシアはブラジル、ベトナム、コロンビアに次いてコーヒー豆の生産量が高い国だそう。生産量は多いけれども、上質なマンデリンは希少品種で高級品のようです。ラングドンが愛飲するコーヒーとしてわざわざスマトラ産のコーヒーを指定して描いているあたり、彼の特別感を出している気がします。

私はコーヒーをたくさん飲んでいるように見えて、その時々でお店オススメを注文しているので、あまり銘柄にこだわることがありません。だからいざ自分でイチから豆を選ぶのは迷ってしまいます。そういう時はこのように最近読んだ本に登場した銘柄、なんていうミーハー心もあります。気になるシーンやあとで調べ物をしたい箇所など、私の本は付箋だらけなのですが、その中にはコーヒーや喫茶店に関する記述が多く含まれています。

癒しの銘柄選び

こちらのお店は浅煎り、中煎り、深煎りと豆によって焙煎方法を変えているので、選ぶのが楽しい。産地や煎り具合を比べつつ、いろいろな銘柄を試すのが最近の癒しです。ここのところはエルサルバトルや、エチオピアの豆などを購入しました。迷ったらお店オリジナルのブレンドベルニーニブレンドなら間違いないです。

f:id:saria444:20171018004343j:plain

f:id:saria444:20171018004412j:plain

f:id:saria444:20171018004441j:plain

f:id:saria444:20180415224631j:plain

f:id:saria444:20180415224659j:plain

【2015年4月訪問他】

東京都板橋区志村3-7-1