純喫茶丸 8knot    〜喫茶店で考えた〜

2015年からの純喫茶訪問ブログ。純喫茶をはしごする船ということで”純喫茶丸”という船の名前がタイトルです。

【東京都:神保町】カフェ トロワバグ 喫茶店のチーズキーキ編

今日は神保町のトロワバグ。先日のカフェトロワシャンブルと姉妹店だという。この街には喫茶店は数あれど、駅の出入り口に近く立地も抜群。

大好きな本屋街で散々宝探しを探した後、現実に戻る前に、いま一度息を整えるのに入ったりする。本を探した後はテンションが高まっているから。

f:id:saria444:20171128015425j:plain

そこかしこの談笑が

一枚板のオーラ満点のカウンターに華やかなフラワーアレンジメント。ウッディな茶色いインテリアに、華やかな彩りが添えられてアクセントになっている。グラタントーストが名高いが、トロワシャンブルと同様、このチーズケーキも濃厚でとてもおいしい。コーヒーとチーズケーキの組み合わせの正義をまた実感する。店内は学生さんや、ママとお話ししたいのだろうなというお客様で満席。店内に溢れる談笑がすべて楽しそうだった。

コーヒーマシンのオートパイロット

さて今日はオートパイロットの話をしたいと思います。オートパイロットは本来は船舶の自動操縦システムなのですが、これも船乗り仲間さんは、冗談で人間に対して使う。

例えば社内にあるコーヒーメーカーで珈琲を淹れていた時のお話。私、コーヒー豆をセットせずにお湯だけが落としていた......ということが数回ありまして......。ルーティン化したことを無意識におこなっているので、手順が抜けても気づかない!はー、あぶない。最終的にものすごく透明に近いコーヒー水が出来上がっていて、「〇〇さん、今日のコーヒーなんか薄いんだけど......」と言われてハッと気付く。コーヒー豆入れてない!!!でも、決して失敗を責めるような言い方をしない。本当に船乗りさんたちって優しい!この時「(脳が)オートパイロットだったから気づかなかった!」というとみんな笑っていた。私はコーヒーマシンのパイロットだった。

オートパイロットとは

オートパイロット(autopilot)とは操船時の自動操縦のこと。

かんたんいいうと自動車のマニュアルとオートマみたいなもの。自動で操縦するモードのこと。オートパイロットは、20世紀中盤から大型船で使われ、ジャイロコンパスなどの方位センサーから方位信号を受け、目的の針路で航行するように操舵を自動制御する装置。(明和海運株式会社 海運豆知識より引用)

詳細はこちらをどうぞ。↓

www.meiwakaiun.com

万年筆のパイロット

あの万年筆で有名な”PILOT”は、飛行機のパイロットではなく、船の水先案内人=パイロットにちなんでいます。PILOT社の創業者二名が元船乗りさんであることに由来してるらしい。業界を先導するような企業にしたいという思いで名付けたそうだ。ちなみに東京海洋大学(当時 東京商船大学)のご出身。数年前、パイロットのイメージがどうしても飛行機のものだった私に、当時の上司がPILOT社の由来をお話ししてくださって腑に落ちた記憶がある。

 

どの世界にも水先案内人がいる。みんながそれぞれ得意なことがあって、みんな何かの専門家だ。そうやってにんげんは仲良く、持ちつ持たれつで生きていきたいなと思った次第だ。

f:id:saria444:20171128015550j:plain

f:id:saria444:20171128015626j:plain

f:id:saria444:20171128015508j:plain

f:id:saria444:20171128015710j:plain

f:id:saria444:20171128015754j:plain

f:id:saria444:20171128015847j:plain

 【2015年10月訪問:他】

東京都千代田区神田神保町1-12-1 富田ビル B1F