純喫茶丸 8knot    〜喫茶店で考えた〜

2015年からの純喫茶訪問ブログ。純喫茶をはしごする船ということで”純喫茶丸”という船の名前がタイトルです。

【東京都:下北沢】トロワシャンブル 喫茶店のチースケーキ編 

今日は下北沢のカフェトロワシャンブル

f:id:saria444:20180310103738j:plain

映画の撮影でも使用された店内の雰囲気は、天然の美術品。

コーヒーによく合うチーズケーキは、ベイクドかレアタイプを選べる。この日選んだのは、ベイクド。濃いめのコクがある珈琲はわたしの好きな味。

コーヒーを浚(さら)う

最近船仲間が、カップの底に残った珈琲一口を飲みきる際に
「珈琲を浚(さら)う」と表現した。
これはとても船乗りさん独特の表現なのでご紹介したい。


船舶専門用語で、strippingというものがある。
液体やバラ積みの貨物を荷役する際に聞かれる言葉だ。
特にタンカーの荷役中、底の方に残った油を取りきる際に使うのだが、
日本語では

「浚う」と訳す。

 最後まで取り除く。みたいなニュアンス。

 

鍋を浚う

船仲間が集まると、普段からこんな専門用語を面白おかしく会話に盛り込んだりする。以前鍋をかこんだ時にはーー関西の方ならおなじみかと思うーー“遠慮の塊”に対して「浚っていい?」というセリフが飛んだ。

そして、コーヒーを飲み干す時に「浚う(さら)う」というセリフが。なんだかとても興味深かった次第でした。

”stripping”

ショーなどで裸になっていくあの“ストリップ”と同じ意味。最後の衣服の一枚までを取り尽くし裸にするという意味だから、なるほど、腑に落ちる。
実のところ、私は海事用語のstrippingが覚えにくかったから、ショーのストリップを思い浮かべながら記憶に馴染ませた。

言葉の旅

言葉のそもそもの意味を知ることって面白くて好きだ。言葉は派生して色々な意味に変化するし、そもそも何が語源?って遡って知識の旅をするのが、良い。

 

そんなことをかんがえながら、チーズケーキとコーヒーの正義の組み合わせをいただいていた。美味しいからもったいなくて、大事に少しずつ飲んでいたコーヒーカップの残りはあと少し。一気に浚って、読んでいた小説を閉じ、店をあとにした。

出口脇のプランターに見つけた愛すべき”くせ字”

”タバコ捨てないで!”

”!”の書き方が80年代に流行った丸文字風だけど当時に書かれたものだろうか。やっぱり人間の文字って可愛いと思った。パソコンで印刷された文字に慣れたけど、人が書いた味わいのある文字ってとても好きだ。

f:id:saria444:20180310103813j:plain

f:id:saria444:20180310103857j:plain

f:id:saria444:20180310103932j:plain 

f:id:saria444:20180310104000j:plain

f:id:saria444:20180310104023j:plain

東京都世田谷区代沢5-36-14 湯浅ビル 2F

【2017年8月訪問】