純喫茶丸 8knot    〜喫茶店で考えた〜

2015年からの純喫茶訪問ブログ。純喫茶をはしごする船ということで”純喫茶丸”という船の名前がタイトルです。

【東京都:神保町】珈琲舎 蔵 喫茶店のチーズケーキ編

今日は神保町の蔵。

f:id:saria444:20180307084412j:plain

珈琲舎という響きと、この重厚な木の看板から、ストイックなイメージがする。中に入ると店内は照明が落ち着いててそれだけで癒される。壁に掛かるまっすぐな眼差しでじっとこちらを見つめる女性の絵画と、テーブルのゴージャスなフラワーアレンジメント、コーヒーカップの穏やかな色彩が差し色の店内。統一感があって素敵だ。メニューにはコーヒーと少しのスイーツ。

本の街にあり、プラス数百円でコーヒーのおかわりができる。のんびりせずにいられない。本のページをめくりながら過ごす時間が愛しい。

 

わたしは収集癖がある。ノベルティや紙モノ、そこにここ数年は喫茶店のマッチが加わっている。物だけでなく、文字や言葉を集めることも好きだった。ずっと子供の頃から本を読むこと好きだった。物語の中の未知の言葉を見つけ、永遠に辞書サーフィン(ネットサーフィンならぬ)し続けることができるくらい、没頭していたのを覚えている。だから情報収集も趣味の一つだと思っている。最近集めている情報はそう。喫茶店のありかだ。集めた情報を糧にこうして喫茶店に通っている。そこで新たに本を読んでまた言葉を集めている。

 

最近読んでいる本は、”ダメ女たちの人生を変えた奇跡の料理教室”。(キャスリーン・フリン (著), 村井理子 (翻訳))

 

わたしはある時期一瞬だけ菜食習慣をしていた。アレルギーがなにやらひどくなった時期で、当時食生活の見直したのだった。そのため調味料にこだわった。ソースや塩、油に香味野菜やスパイスに。今でもタレは市販品ではなく、手作りしている。少しずつ毎回買うよりも結果的に安あがりなのだ。それにできたてはフレッシュで美味しい。この本で油やチーズの味の比較をしている場面がある。そのシーンにとても共感した。

 

 私も数年前までは、この本の登場人物のようにほとんど料理ができなかった。外食がほとんど。でもそれだとかなりの出費。でも、これまでの多くの外食の経験があるからこそ料理の際に再現力がついたことは確かだと思う。どんどん外で好きな味を探す。好きの基準を。

だから今もわたしは毎回違う喫茶店を訪問して新しい“好き”を探し続けている。

 

チーズケーキの味も喫茶店ごとに違う。レアもあるしベイクドもフレッシュもある。どのコーヒー(産地や焙煎の仕方)にどのチーズケーキが合うかも、大事な要素だと思う。でも、それは自分の好きは自分でしかわからない。美味しいかすごく美味しいかを探しに来る。蔵のチーズケーキはすごく美味しい。こうして今も好きなものを追い求めた記録をここに残している。

蔵でチーズケーキを濃厚に味わったこの時間は最高に好きな時間だった。

f:id:saria444:20180307084526j:plain

f:id:saria444:20180307084557j:plain

f:id:saria444:20180307084633j:plain

東京都千代田区神田神保町1-26 矢崎ビル 2F

【2015年8月訪問他】