純喫茶丸 8knot    〜喫茶店で考えた〜

2015年からの純喫茶訪問ブログ。純喫茶をはしごする船ということで”純喫茶丸”という船の名前がタイトルです。

【東京都:(馬喰横山)東日本橋】ウール 喫茶店のホットケーキ編

馬喰横山、東日本のウール。繊維問屋街ならではのネーミング。

f:id:saria444:20180223085808j:plain

ウールを脱ぎ捨てて

今日から3月。もうすっかり春に向けて季節は進み、冬がいなくなってしまったと思うと、あまのじゃくなもので、冬のざっくりウールニットが恋しい。

偶然にも今日は満月。これから少しずつ欠けていく月のように、冬の気分も溶け、やがて春になる。そんなウールが恋しくなってきた今日この頃、馬喰横山のウールのことを思い出した。

 このお店のホットケーキは、私が学生の頃、学校帰りに友人と過ごしたファミレスめいたお店のホットケーキに似ている。そうそれは、多分レンチンの。でもそれもまた懐かしの思い出の味。

「ファミリー・ライフ」

最近読んだ本は、

『ファミリー・ライフ』アキールシャルマ著 小野正嗣
装丁がほんわかして可愛く、タイトルもシンプルなのでつい手に取ってしまった。裏表紙の書評には太い字で

”兄を奪ったあの夏の事故。愛と痛み、祈りに満ちた自伝的小説”とある。

一気に読んだ。登場人物は、インドからアメリカに移住したシャルマ一家ほか、アメリカへ移住したインド人たちがほとんど。私はインド人とも仕事関係で少なからず関わりがあるので、インド人の理解に少しでも役に立つだろうかと、インド人の書いた書籍を初めて読む。しかし、国籍のちがいというのはあまり関係なく、人間がだれしも持っているだろう心情が描かれていた。

私には救いの本だった。著者のシャルマ氏も文学に出会うことで救われている。私もそうだ。本は”旅する箱”であって、時間も空間も旅行できる。人の心の中へも。何より、字を追うだけで心が落ち着くし、あまり周りとかかわりたくないとき、没頭するものが欲しいとき、本は救いとなる。何より人生観が本によって変わる。シャルマ氏はヘミングウェイに出会い救われたが、私はまだ人生探しというか、本探しというか、作家探しをしている状態というか、でも、本棚に救いの神がたくさんいると思うとたのしい。

祈りでも本でも喫茶店でもいい

茶店の選び方もおなじで、色々な喫茶店に実際に訪問して自分のお気に入りを探したているとちゅう。まだまだできるだけ多くの喫茶店の空気を味わってみたい。

 

f:id:saria444:20180223085837j:plain

f:id:saria444:20180223085856j:plain

f:id:saria444:20180223085938j:plain

f:id:saria444:20180223090045j:plain

f:id:saria444:20180301213430j:plain

【2015年8月訪問】

東京都中央区東日本橋3-12-9