純喫茶丸 8knot    〜喫茶店で考えた〜

2015年からの純喫茶訪問ブログ。純喫茶をはしごする船ということで”純喫茶丸”という船の名前がタイトルです。

【東京都:(馬喰横山)東日本橋】ウール 喫茶店のホットケーキ編

馬喰横山、東日本のウール。繊維問屋街ならではのネーミング。

f:id:saria444:20180223085808j:plain

ウールを脱ぎ捨てて

今日から3月。もうすっかり春に向けて季節は進んでいて、冬がいなくなってしまったと思うと、あまのじゃくで、冬のざっくりウールニットが恋しい。

偶然にも今日は満月。これから日々少しずつ欠けていく月のように、冬の気分も溶け、やがて春になっていく。そんなウールが恋しくなってきた今日この頃、馬喰横山のウールのことを思い出していました。

 このお店のホットケーキは、私が学生の頃、学校帰りに友人と過ごしたファミレスのようなお店で食べていたホットケーキと似ている。そう多分レンチン。でもそれがまた恋しいのです。

「ファミリー・ライフ」

最近読んだ本は、翻訳本で、

「ファミリー・ライフ」アキールシャルマ著 小野正嗣
装丁がほんわかして可愛く、タイトルもシンプルなので見かけてつい手に取ってしまった。裏表紙に書評が書いてあった。太い字で

”兄を奪ったあの夏の事故。愛と痛み、祈りに満ちた自伝的小説”とあった。

一気に読みました。登場人物は、インドからアメリカに移住したシャルマ一家他、アメリカへ移住したインド人たちがほとんど。私はインド人とも仕事関係で少なからず関わりがあるので、自分自身のためにもインド人の価値観の理解にも少し助けになるだろうかと、インド人の書いた書籍を初めて読むので、そんな期待感で読み始めましたが。しかし、国籍はあまり関係なく、人間が普遍的に誰しも持っているだろう心情が描かれていて。

私には救いの本でした。著者のシャルマ氏も文学に出会うことで救われている。私もそうです。本は”旅する箱”であって、時間も空間も旅行できる。人の心の中へも。何より、字を追うだけで心が落ち着くし、あまり周りを見たくない時、没頭するものが欲しい時、本は救いとなります。何より人生観が本によって変わる。シャルマ氏はヘミングウェイに出会い救われていますが、私は、まだ人生探しというか、本探しというか、出会う本を直感で選び、読みたい時に読みたい本を手に取っている。まだ特に没頭する著者は居ない。

祈りでも本でも喫茶店でもいい

喫茶店の選び方もそうで、まだ色々な喫茶店に実際に訪問して自分のお気に入りを探したいと思っているところ。行ったところは、全て気に入っているのですが、まだまだできるだけ多くの空気を味わってみたい。

喫茶店で本を読む時間が至福です。誰もが自分の置かれた状況の中で、人生を自分なりに楽しめばいい。もし楽しくないことがあっても楽しくなかったことを思い出しても。救いは、祈りでも本でも喫茶店でもいい。バランスを保ちながら、好きなように生きて良い。この本を読んで改めてそう思ったのでした。

春が来るので、気候が良いと冬の時期よりもやはりもっと外出したくなる。これからの季節の喫茶店行脚が楽しみです。

f:id:saria444:20180223085837j:plain

f:id:saria444:20180223085856j:plain

f:id:saria444:20180223085938j:plain

f:id:saria444:20180223090045j:plain

f:id:saria444:20180301213430j:plain

【2015年8月訪問】

東京都中央区東日本橋3-12-9