純喫茶丸 8knot    〜喫茶店で考えた〜

2015年からの純喫茶訪問ブログ。純喫茶をはしごする船ということで”純喫茶丸”という船の名前がタイトルです。

【東京都:板橋区】ピノキオ 喫茶店のホットケーキ編

今日は板橋区ピノキオ。

数年ぶりに再訪。住宅地、マンションの一階に喫茶店があることが、もはや東京では稀有な光景だと思います。

f:id:saria444:20180209200117j:plain

数年ぶりに東京に大雪が降った1月。その数日後、まだ雪が残るとある日。名物のホットケーキをいただきにやってきたのは、板橋区にあるピノキオ。一枚は厚めなのですが、小ぶりで可愛くて二段重ねのホットケーキは、ペロリといけてしまう。満席の土曜日。他のお客さんたちは、ホットケーキにナポリタン、ピラフやクリームソーダ、レモネードなどなど定番の純喫茶メニューを複数注文している方々が多かった。それがこのお店の味が、間違いなく美味しいことの証明でした。私もそう、ここは再訪なのです。

一通り読書をし、ぼ〜っと時間を過ごした後。帰り際、カウンターに可愛らしいホットケーキ型のオブジェを発見。思わず「可愛い!」と声をあげると、「うちのホットケーキをモデルにしたんじゃないかってお客さんが持ってきてくれたの。」との事。本当に似ていました。グッズになってもおかしくない、それだけ可愛い見た目であることは間違いないです。

 

さて世の中は平昌オリンピックの真っ最中。フィギアスケートの羽生結弦選手が金メダル二連覇。羽生選手の華麗で完璧な世界観。生身の人間であるということにビックリしてしまうほど、アニメの世界から抜け出してきた王子様のようで。

前回のロミオとジュリエットもそうでしたが、BGMがアンニュイなヨーロッパ映画の世界のようで、静かに強く美しい。

この時、最近読了した三島由紀夫の「幸福号出航」の一節を思い出しました。

モンシロ蝶がいっぱい飛んでいた。潮風を吸い慣れた蝶。

(引用:三島由紀夫の「幸福号出航」)

羽生選手は氷の上を舞う蝶でした。本当に美しい光景で心安らいだ週末でした。

f:id:saria444:20180209200206j:plain

f:id:saria444:20180209200231j:plain

f:id:saria444:20180209200304j:plain

バターで顔を作ってみたりした。

f:id:saria444:20180209200326j:plain

東京都板橋区大山金井町16-8 

 【2015年9月他:訪問】