純喫茶丸 8knot    〜喫茶店で考えた〜

2015年からの純喫茶訪問ブログ。純喫茶をはしごする船ということで”純喫茶丸”という船の名前がタイトルです。

【東京都:湯島】みじんこ 喫茶店のホットケーキ編

今日は湯島のみじんこ。こちらも毎度私のブログに登場する、愛読中の喫茶店ガイドブックに掲載されていたお店。
そのガイドブックはぴあムックの”東京喫茶名店100-大人がゆったり時を過ごせる名喫茶へ。”という本です。

f:id:saria444:20180108001309j:plain

大人がくつろげる喫茶店

この本は、大人がくつろげる喫茶店というテーマで喫茶店を紹介していて、だからみじんこは、最近のオープンのお店であり、活気があり若々しいお店でいわゆる純喫茶風ではないけれど、私の純喫茶の定義は”純粋に好きな喫茶店”の略だということにしているので、こちらもご紹介したいのです。店内は一枚板のカウンターが重厚で、シックな落ち着いた内装に心が鎮静しました。

満月のような丸いホットケーキ

ぷっくり丸い満月のような綺麗な二段重ねのホットケーキは、ふんわり口の中で溶けるタイプ。ここは自家焙煎珈琲店なのでスペシリャリティコーヒーも注目ポイント。店内やメニュー表に豆の産地による味の違いがチャート形式になっていて、選びやすい。チョコレートの香り、果実の香り、ナッツの香りどの風味が濃いかが一目でわかります。私はナッツのようなコクというフレーズに弱いことが判明。
そしてそのコーヒーが美味しかったので、姉妹店のアンモナイト(AMMONITE) (本郷三丁目/喫茶店) - Retty
もはしごしました。少し遠いですが、徒歩圏内でした。

幸福号出航

さて最近読んでいる本は、三島由紀夫氏の”幸福号出航”です。
タイトルからもわかるように、船にまつわるお話です。内容もさることながら船好きにははまってしまう本です。

例えば、船のオーナーが船を手放す時には船長と乗組員ごと売り出す(場合がある)とか、船の中の役職で、英語がなまったまま定着した海運用語 ”No.1 Oiler”=操機長を”なんばん”と呼ぶこととか。(ナンバーワンを”なんばん”となまっている。)とてもマニアックに楽しめます。

 

特に機帆船についての記述が面白かったのです。機帆船というのは、元来推進用の動力として熱機関を併用した帆船のことだったのですが、いつのまにかの付いていないものもそう呼ぶようになり、主人公の敏也は手に入れるはずの船は帆船のつもりでいたのに、が付いていなくてがっかりしていたところで、機帆船の定義という点において理解度が深まりました。

第二次世界大戦後は、小型鋼船の対義語として帆走設備を持たなくとも在来型木造船なら「機帆船」と呼ぶこともあった。(参照:wikipedia)

上記引用にあるように、この本が書かれた時代(1955年(昭和30年))にちょうど呼び名の変更の過渡期だったことがなんとなくわかったので、興味深かったのです。

この本には船用語的に気になる箇所がたくさんあり、付箋だらけになりました。今年一番最初のお気に入り本に追加します。相変わらず最近のベストセラー本ではなく古典や昭和の本を読んでいるのですが、機帆船のくだりしかり、本が書かれた時代背景や当時の日本語の流行などが知れるので、そんな風に少し前の時代の本を読むことが好きなのです。今後も私の人生においては、言葉に携わる仕事をしていきたいと思っているので(まだまだ未熟ですが)、相当活字オタクなのかもしれません。そういえば幼少から辞書を永遠に引き続けられるのではないかと思うくらい、辞書が好きな子供でしたから、我ながら筋が通った人生だと思った2018年最初の月でした。

まだまだ今後も少しだけホットケーキのお店の記事は続きます。

今年の挨拶を忘れていたような気がするので今更ですが、読んでくださっている皆様。今年もどうぞよろしくお願いします。

f:id:saria444:20180108001319j:plain

f:id:saria444:20180108001350j:plain

f:id:saria444:20180108001351j:plain

f:id:saria444:20180128005612j:plain

f:id:saria444:20180108001407j:plain

f:id:saria444:20180108001406j:plain

【2017年3月訪問】

東京都文京区湯島2丁目9−10