純喫茶丸 8knot    〜喫茶店で考えた〜

2015年からの純喫茶訪問ブログ。純喫茶をはしごする船ということで”純喫茶丸”という船の名前がタイトルです。

【東京都:蒲田】市美多寿 喫茶店のホットケーキ編

今日は蒲田のシビタス。あの伝説の万惣フルーツパーラーのホットケーキが食べられるお店。(万惣フルーツパーラーは2012年に惜しまれつつ閉店しました。)
シビタスは万惣の支店なのだから、同じ味のはずです。

神田駅近くにあった万惣フルーツパーラーへは15年ほど前に訪問したことがあります。あの当時、私にとって、馴染みのない街へ電車に乗ってデザートを食べに行くということがどんなにドキドキしたか。食べ物のために遠出をする。今でこそ、趣味が喫茶店巡りとなり、喫茶店のために街へ出ることが日常の趣味になったけれど、そのきっかけを作ったのは万惣フルーツパーラーでした。あの容器にたっぷり入ったバターとシロップが忘れられません。15年ほど前の記憶ですが、甘いホットケーキの香りで懐かしい思い出が甦ってきました。あの時に記憶とともに。

 

シビタス店内には万惣フルーツパーラーがルーツであると記された看板があります。
その文章を引用しますね。

 

市美多寿のホットケーキの歴史は、昭和の初め、神田須田町の皇室御用達果物店、”万惣”フルーツパーラー で生まれました。その支店を蒲田に開店して以来、皆様に万惣のホットケーキとして親しまれてきました。これが、当店の前身です。最上級の小麦粉、卵、牛乳、バターをブレンドしたあの純粋なホットケーキです。香り高い、ふっくらした風味をホームメイドのシロップでお楽しみください。

 純粋なホットケーキかぁ。シビタスのホットケーキは純粋な素直な味わいがします。本当に美味しい。忘れかけていた童心を思い出させてくれるというか、初心に戻るというか。カウンターの銅板でお行儀よく並んで作られるたくさんのホットケーキ。生地は大きなボウルに入って仕込んでありました。生地はたっぷり仕込んで寝かせてあるから味が馴染んでいるのか。料理でもケーキでも、たくさんの量を作ったほうが美味しく出来上がりますよね。

家庭でホットケーキは気軽に作れるといっても、お店の味は格別。素材の違い、大量に仕込まれる生地、使い込んだお店に馴染んだ調理器具。それらがおうちのホットケーキと違いかなぁ。シビタスのホットケーキはシロップがなくても生地だけでも美味しい。危うくシロップを使うのを忘れてしまいそうになった。

とにかくシビタスは2017年のホットケーキ部門 No.1かな。ホットケーキは人気で17:00頃には売り切れてしまうこともあるらしいです。私はプレーンを頼んだのですが、その他フルーツや小倉、ソーセージなどの食事系も。

ここは間違いなくまた行きたいですね!

f:id:saria444:20171203145231j:plain

f:id:saria444:20171203145202j:plain

f:id:saria444:20171203145326j:plain

f:id:saria444:20171203145528j:plain

f:id:saria444:20171203145440j:plain

f:id:saria444:20171215212707j:plain

f:id:saria444:20171215212743j:plain

東京都大田区西蒲田7-69-1 東急プラザ蒲田 4F

【2017年9月訪問】