純喫茶丸 8knot    〜喫茶店で考えた〜

2015年からの純喫茶訪問ブログ。純喫茶をはしごする船ということで”純喫茶丸”という船の名前がタイトルです。

【東京都:若松河田】カフェテラス 小島屋 喫茶店のホットケーキ編

今日は若松河田のカフェテラス小島屋。

f:id:saria444:20171203150810j:plain

こちらのホットケーキは美味しかった。形も綺麗だし焼き目もツヤツヤ。銅板手焼きのものでした。懐かしいお味。ドリンク付きで600円とは、どこかのモーニング並みのお値段ではないでしょうか。お値打ちです。平日のみの営業です。

小島屋を訪れたちょうどその頃、2017年の夏は田山花袋のエッセイ『東京の三十年』を読んでいました。このあたりの大江戸線沿線の地域がこの本に登場していたなぁと思いつつ信号機の上の”若松河田”と書かれた看板をぼんやり眺めていました。

.....そうした光景と時と私の幻影にのこっているさまとが常に一緒になつて私にその山の手の空気をなつかしく思はせた。私の空想、私の芸術、私の半生、それがそこらの垣や路や邸の栽込や、乃至は日影や光線や空気の中にちゃんとり込んで織り込まれているような気がした。(出展:『東京の三十年』田山花袋

こうして書物に残った著名人の思い出は、それを読んだ者が心に思い浮かべることで、現代に蘇ります。当時田山花袋が感じた同じ日陰や光線や空気の一部を感じることができるかもしれない。不思議な感覚です。

田山花袋はこうも書いていました。『今、目の前に行き交う人々の喜びや幸せの感情のやり取りは、その人の人生が終わることで消えていく。人の営みは儚くて愛おしい。誰かが覚えていてくれるかもしれないけど大切な想いは自分でしか持ち得ない。』(大意)そのようなことを田山花袋は『東京の三十年』で記し、大いなる想像力で悲しんでいるようでした。市井の人々のごく平凡な幸せの感情や些細な感情のやり取りは泡のように消えていく。だからこそ普通のものに興味がわき、そこを離れがたい気持ちになるのだと。私はその気持ちに多いに共感します。そしてそのようなそこを離れがたい気持ちになる場所が、私にとっては喫茶店。町に馴染む普通の喫茶店。普通の人々の時間の過ごし方。小島屋ではそれを感じられてよかった。平穏だった。ものすごく感動的な刺激的な日常のみを書き綴るのではなく、ささやかな幸せの思い出=喫茶店での風景を細々と書いていけたらなと思ったこのブログを始めた頃の初心を思い出しました。とうとう師走も半ばになり2017年を振り返る時期となりました。早いものですね。今年もいろいろな喫茶店に足を運べて幸せでした。年末の締めの挨拶のようですが、今月も記事はまだまだ続きます!

(注:小島屋さんはビルも持っているし普通というのは失礼な気がしますが、普通=日常を穏やかに過ごせる場所。という定義で書いています。)

f:id:saria444:20171203151012j:plain

f:id:saria444:20171203151154j:plain

f:id:saria444:20171203151425j:plain

f:id:saria444:20171203151315j:plain

東京都新宿区若松町32-1 プラザ小島屋 2F

【2017年8月訪問】