純喫茶丸 8knot    〜喫茶店で考えた〜

2015年からの純喫茶訪問ブログ。純喫茶をはしごする船ということで”純喫茶丸”という船の名前がタイトルです。

【東京都:南千住】coffee オンリー 南千住店

 今日は南千住オンリー。南千住周辺は、三ノ輪や三河島など喫茶店が多く残る町。

f:id:saria444:20171128010947j:plain

何もかもが穏やかで、自然で、体に心地よく馴染んでいた。

あたりはもうすっかり暗くなっていた。彼は急にコーヒーが飲みたくなった。そう思ってあたりを見渡すと、商店街から少し引っ込んだところに喫茶店の看板が見えた。近頃ではあまり見かけなくなった種類の、古風な喫茶店だった。彼は中に入りゆったりとした柔らかい椅子に腰をおろし、コーヒーを注文した。(略)その椅子に身を沈め、青年は久しぶりにホッとした気持ちになることができた。そこにある何もかもが穏やかで、自然で、体に心地よく馴染んでいた。運ばれてきたコーヒーはとても上品なカップに入って濃くてうまかった。(出展:『海辺のカフカ村上春樹

純喫茶な気分

 先日とある純喫茶に入ったところ「喫茶店が好きなの?」とオーナーが話しかけてくださった。「はい、好きなんです」と即答。同じ珈琲を出すけど、チェーンのコーヒー屋と純喫茶は別物なんだよね。という話で共感した。

上で引用したのは村上春樹氏の『海辺にカフカ』(下巻)。純喫茶のこういうところが好きだという理由が記述されていて。思わず付箋を貼って何度も読み返した。

そんな気分にハマる純喫茶がオンリー。三店舗あり、どこもこの近辺にある。南千住店と台東区の千束店、そして同じく台東区の西浅草店(合羽橋

 魔性の純喫茶

コーヒーは濃くてうまい魔性の味。喫茶店独特のぽってり厚みのある白いカップ&ソーサーで出てくると本当に舞い上がってしまう。看板にある”魔性の味”は本当に名コピーだ。南千住でいただいた厚みのあるホットケーキ。近所にあったらいいのにと土曜日の夕方に遠出してきた私は思った。キュートな外観に懐かしいメニュー。本の中で描かれる喫茶店のような、私の憧れはここだというモデル店のようなオンリー南千住店でした。

f:id:saria444:20171128011533j:plain

f:id:saria444:20171128011612j:plain

f:id:saria444:20171128011633j:plain

f:id:saria444:20171128011705j:plain

f:id:saria444:20171128011649j:plain

f:id:saria444:20171128011721j:plain

f:id:saria444:20171128011740j:plain

f:id:saria444:20171128011755j:plain

東京都荒川区南千住5-21-8

【2015年7月訪問】