純喫茶丸 8knot    〜喫茶店で考えた〜

2015年からの純喫茶訪問ブログ。純喫茶をはしごする船ということで”純喫茶丸”という船の名前がタイトルです。

【東京都:築地】築地木村屋ペストリーショップ 喫茶店のモーニング編

喫茶店のモーニングシリーズ。今日もパン屋さんでのモーニングのお話。早朝のパン屋さんのイートインスペースでモーニングした、ということで、特にモーニング価格はありません。

f:id:saria444:20171109002037j:plain

あら!奥さん。木村屋のアンパンですよ。

モーニングサービスは特にはないのですが、次回から使える恐るべき安値!”コーヒー50円券”をいただきました。これはお得です!また来なくては。
この築地木村屋の特徴は
あら!懐かしや明治のあの味 あの香り 築地木村屋ケシあんパン

あら奥さん!と誘わんばかりのキャッチフレーズが書かれたこの魅惑的な看板。あんぱんのイラストもかわいい。銀座にも四丁目三越前に木村屋さんがありますが、違うお店のようです。こちらの名称は、築地木村屋。建物の佇まいがレトロ。

インド人はボケ知らず

陳列棚に並んだ種類豊富なパンたち。シベリヤ、やきそばパンやカツサンドなどの惣菜パン。後述しますがカレーパンが人気ですって。なんて魅力的な品揃え。そして庶民的。一見、町にあるパン屋さん風なのですが、木村屋という冠と豊富な品揃えが私の中でキングオブ町角のパン屋さん。高級なイメージの銀座木村屋さんとはまたガラリと違った雰囲気。イートインスペースは工房に行く途中にあり、カウンター席が2-3席ほど。目の前のタイルが鮮やかでモロッコなどのオリエンタルな感じで素敵でした。日本でこの配色はなかなか見かけないのでおしゃれですね。この黄色と濃いピンクの組み合わせは好きです。元気が出ます。

それに、壁に貼られた

”インド人はボケ知らず”という張り紙が妙に気になります。クセ字というのでしょうかこの文字も味わいがあります。カレーパンが推しのようなので、インド人はカレー食べているからボケないよ!ということなのでしょう。

愛読中:”銃・病原菌・鉄 1万3000年にわたる人類史の謎”

ところで最近”銃・病原菌・鉄 1万3000年にわたる人類史の謎”(草思社という本を読んでいます。例えばこんなことはありませんか。海外旅行で雄大な景色を見て、「何て自分の悩みは小さいんだろう」思うこと。旅から帰ってきた時にはリフレッシュしていること。私はあります。それは実際に旅をしなくても味わうことができます。それが私にとっては本なのですが、この本を読んでいて改めてそう思いました。

本書に書かれている何万年という人類史の観点においては、一人の人間の人生の歴史は小さいんです。つまり、一瞬で終わってしまうのだから、悩んでいてもしょうがないなと思うのです。自分の人生を大事に生きようとか周りの人を大切にしようなどと思うのです。

世界に多くの民族や人種が存在し、何世紀もの時をかけて今のような世界中の人種が存在することになったことを考えると、本当に人生なんてあっという間です。例えば友人間での諍いとか、女同士の争いとか、出世レースだとか、恋愛の悩みとか、会社や家庭内の辛いこととか。日本人で例えますよ。特に他意はありません。私の国籍で例えるだけです。だいたいの日本人は、同じ日本人同士ですごく似ているお隣さん同士で些細なイライラを募らせているんですよ。なんてもったいないなぁと思うのです。

だからもっと悠然と自分らしく周りに振り回されず、されど周りに迷惑をかけない程度に粛々と自分らしくできることをして生きていたいなとこの本を読んで思うのです。

私には特にハマっている宗教とかはありません。怪しい自己啓発も好きではありません。でも、仲良く生きたい、お互いに思いやりをもってさ。と思うのです。

なんで築地木村屋でこのことを書いているかというと、インド人はボケ知らず。の張り紙を見たからでしょう。インド人の価値観は通っているヨガの考え方でお世話になっております。(血行と代謝を良くするために運動としてヨガをしています。宗教でもおしゃれヨガでもありません。(汗))彼らインド人の考え方というのは”ないことに不満を持つのではなく、今、あるものに感謝しよう。命あることに感謝しよう”というものだそうです。

あぁありがたや

だから、私は好きな仲間がいて、行きたい喫茶店があって読みたい本があって、幸せです。自分の周りにあるものに感謝して....今日の日もおやすみなさいをします。

あ、ここのアンパンやはり美味しいです。銀座木村屋さんのアンパンは小ぶりなので、築地木村屋さんは少しそれより大きくて食べ応えがありました。コーヒーとセットで350円くらいでした。嗚呼モーニングに行ける幸せ!

 

f:id:saria444:20171109002051j:plain

f:id:saria444:20171109002535j:plain

f:id:saria444:20171109002339j:plain

f:id:saria444:20171109002215j:plain

f:id:saria444:20171109002208j:plain

f:id:saria444:20171109002110j:plain

f:id:saria444:20171109002150j:plain

東京都中央区築地2-10-9

【2017年7月訪問】