純喫茶丸 8knot    〜喫茶店で考えた〜

2015年からの純喫茶訪問ブログ。純喫茶をはしごする船ということで”純喫茶丸”という船の名前がタイトルです。

【東京都:板橋本町】喫茶 エレファント 喫茶店のモーニング

喫茶店のモーニングシリーズ。今日は都営三田線板橋本町のエレファント。喫茶店 板橋区のカテゴリーを今日初めて追加しました。たくさんいっているはずなんだけどなぁ。まだ記事にできていないお店がたくさんあるのだ。

f:id:saria444:20171106101152j:plain

外観の渋さに心惹かれ、老舗なのだろうと入ると中は改装されて新しい装い。一度は残念ながら閉店したけれど、オーナーを新しく3年前に改めてオープンしたそうです。インテリアに象のオブジェや、ご近所のお子さんが書かれたと思われる象のイラストが目に入ります。店内は人生の大先輩方の憩いの場になっていました。メニューには小倉トーストやあんみつなど和の甘味が揃っておりターゲット層が広いことがわかります。

 

テレビの散歩番組や家族を尋ねていくような番組が好きです。味わいのある人情味ある人の笑顔を見るのが好き。社会的な顔や外面は誰でも持っていると思います。その仮面を外し気張らず朗らかに前向きに、その人なりに無理なく人生を謳歌する人々が画面に映し出されています。市井の人々が愛しいのです。テレビを見てるだけでは飽き足らず、自ら会いにいってしまっているのが私の喫茶店めぐりのテーマなのかもしれません。毎回お店の方に話しかけたりするわけではないのですが、ふと道端で見つけた喫茶店に入ってみて、その町に暮らす人々の空気を感じて元気をもらっています。

 

エレファントは町に馴染むいわゆる普通の喫茶店ですが、こういうオーソドックスな喫茶店に惹かれるのはその町に住む人々に会えるからだと思います。テレビ番組で徳光和夫さんや火野正平さんが町を訪ねふらりとこんな感じの喫茶店に立ち寄り、常連さんたちに話を聞いているシーンが好きです。または終電を逃した人を探している番組ではお酒が入っていて理性の奥にある本音を語る人たちが見られ、興味深く観ています。以前にも書いたのですが、私は酒場が好きです。お酒を飲んでいる人と一緒にいるのが好きです。私は体質的にアルコールがほとんど飲めませんがお酒の場が好きなのです。そこではほとんどの人が楽しそうで笑顔だから。

話が逸れました。こっそりその日だけその町の住民になってみたいときは、ふと見つけた喫茶店に入ってみます。そしてドアをあけてみてよかったなぁ、といつも思います。

f:id:saria444:20171106101510j:plain

f:id:saria444:20171106101211j:plain

f:id:saria444:20171106101235j:plain

f:id:saria444:20171106101531j:plain

f:id:saria444:20171106101254j:plain

東京都板橋区本町35-19

【2017年10月訪問】