純喫茶丸 8knot    〜喫茶店で考えた〜

2015年からの純喫茶訪問ブログ。純喫茶をはしごする船ということで”純喫茶丸”という船の名前がタイトルです。

【東京都:東京駅】果実園 東京店 喫茶店モーニング編

喫茶店のモーニングシリーズ。今日は果実園 東京駅店です。

f:id:saria444:20171003224934j:plain

純粋に好きな喫茶店

”純喫茶”ってなんだろう。最近よく考える。特殊喫茶の対の言葉という定説はこの際置いておいて。昭和40年頃からの喫茶店開業ブームの頃に創業した喫茶店のことだろうというのも置いておいて。私は新しい喫茶店に行かないのかというとそういうわけでもなく。私の巡っているのはいわゆる純喫茶だけに止まらず、素敵な喫茶店は訪問したいし記録に残したいし、私の書く純喫茶とは”粋に好きな喫茶店”の略という定義という前提で綴って行きたいと思っています。

私はフルーツパーラーというものが好きで、新旧問わず訪問しようと思っているのですが、果実園もその一つ。果実園の創業は1993年だから平成生まれということで比較的新しいのですが、好きなお店です。

創業地の目黒にはまだ伺ったことがないのでいつかぜひ行きたい。

私 朝活ができない人。

できる人は4:00起き!なんてビジネス本もありますが、私は朝はめっぽう苦手で、モーニング時間帯に喫茶店に来れたら褒めたいくらいです。朝ギリギリまで布団から出たくないので、モーニングに行く!というのは早起きをするモチベーションになっています。でも午前中に喫茶店に来ておくとその後の行動が捗るんですよね。やっぱり成功体験(大げさ!)でアドレナリンが出るのか新しい土地やお店に来ることで脳が活性化して脳が目覚めやすくなるのか。1000円弱でその行動力が買えるならお安い行動な気がします。

 モーニングのパンケーキが嬉しい。

果実園のモーニングはコスパが良いことで話題で、普通のフルーツ盛り合わせは2000円くらい。パフェもフルーツの価格によりけりですが1500〜2000円円程度ということを考えるとこのD-setのパンケーキドリンク付き680円が輝いて見えるほどお手頃。このパンケーキセット、私が訪問する少し前まではキウイ パイン、バナナ、イチゴ(プラス料金)の4種のフルーツからトッピングを選べたようなのですが、私が訪問した時はバナナ一択でした。メニュー表の”係りにお尋ねください”というのはフルーツ事情のようです。その日に提供できる果実が限られているのだと思います。でもたとえバナナという選択でもイチゴやブルーベリーが少し入っているし、これで680円はかなりお得感があります。モーニングにホットケーキやパンケーキがあると頼んでしまうタチなのでパンケーキを選んでいますが、その他のセットも必ずフルーツが添えられていますからね。他の喫茶店とは違う特別感ですね!

ホットケーキとパンケーキの違い 

パンケーキとホットケーキの違いは、なんだろう。日本の飲食店でパンケーキと名付けられているものを分析してみると、ふわふわの口でとろけるタイプのものを指している気がします。果実園のもそう。そしてホットケーキと呼ばれるものは小麦粉ぎっしりの厚みがあってしっかりしたかみごたえのあるもの。ちなみに知り合いの英国人が『これがパンケーキ』と焼いてくれたものを初めて見たときはカルチャーショックを受けました。それはクレープのような薄いもので、それ自体には味つけはなく、レモン果汁をまんべんなく絞った上に砂糖をまぶしたものと焼きリンゴを乗せてから食べさせてくれました。英国人のいうパンケーキという単語はフランス語の”パヌケ”が語源のようで、グーグル画像検索してみるとバナナオムレットの生地とかクレープのように中に具をはさんで巻けるくらいの厚さのお菓子が出てきました。.....薄いのがパンケーキというなら、日本で見かけるものは全てホットケーキなのでは??という疑問がふつふつと...。


そこで、森永さんはホットケーキミックス、パンケーキミックスの両方を出しているので材料成分表を比較してみました。材料のうち、ホットケーキミックスには砂糖が入っており、パンケーキミックスには砂糖が入っていないのです。どちらにもベーキングパウダーが入っているので膨らむ効果はどちらにもありそう。ただし分量差まではわかりません。ただしパンケーキの方の仕上がりイメージ写真は厚さが薄め。

パンケーキは何かを添えて食べる前提で生地自体の甘味を控えているのでしょうか。そうするとパンケーキとホットケーキの違いは甘さの違いなのかな。というのが結論。だからパンケーキと名付けられたものは生地に甘みがないからシュガーパウダー、生クリームやフルーツがそえられているのかな、とも。ハワイのパンケーキ専門店とかもりもり甘そうなトッピングされてますもんね…。

私 勝手に老舗喫茶店はホットケーキ、カフェではパンケーキという住み分けをしている気がしていましたがパンケーキもホットケーキもほとんどかわらない気がしてきました。見た目ではね。だからあまり名称にこだわって枠を作らないことにしています。パンケーキと名付けるお店のだって食べるのです。パンケーキもホットケーキも純粋にすきな方を食べます。

英語辞書ではホットケーキ=パンケーキって出てきます。ただしhot cake(US)とあるので、アメリカ英語のようですけどね。(参考;Oxford 英英辞典)

でもイギリス人が言う『パンケーキ作るよ〜』は、ふわふわのカフェで見るパンケーキではなくきっとクレープ状のうすめのが出てくると思うので、心構えを(笑)

行ってらっしゃいませ!

さて、東京駅構内にあるのでお店には『お気をつけて行ってらっしゃいませ』の看板があります。なんか嬉しいですね。張り切って気をつけちゃいますよ。
でもここ改札外なので電車に乗らない人もいけますよ!キッチンストリートという食堂街にあります。空港もそうだけど旅する人たちで行き交う場所って興奮します。パワースポットです。

f:id:saria444:20171003224946j:plain

f:id:saria444:20171003224956j:plain

f:id:saria444:20171003225031j:plain

f:id:saria444:20171003225020j:plain

f:id:saria444:20171007004510j:plain

*2017年7月当時のメニュー表ですので最新情報は食べログなどでご確認くださいませ。

https://tabelog.com/tokyo/A1302/A130201/13131338/

 東京都千代田区丸の内1-9-1 東京駅 改札外 1F キッチンストリート

【2017年7月訪問】