純喫茶丸 8knot    〜喫茶店で考えた〜

2015年からの純喫茶訪問ブログ。純喫茶をはしごする船ということで”純喫茶丸”という船の名前がタイトルです。

【東京都:池袋】コーヒー専門店 伯爵 池袋北口店 喫茶店のモーニング編

喫茶店のモーニングシリーズ。今日は池袋駅北口のコーヒー専門店 伯爵。

さて今日までの喫茶店の訪問数を改めて数えてみたところ、2017年10月現在で550軒となりました。カウントする前に訪問したお店も含めるとさらに多いと思いますが、2015年からの数です。この年代の、喫茶店記録としてのちに振り返るための備忘録として書いています。

f:id:saria444:20170914170130j:plain

JRの車窓からもその姿が見える存在感。24時間営業とのことでしたが、最近は23:00頃で営業を終えるらしい。再開は翌7:00か8:00だったから(曖昧ですいません!)(2017年9月現在)充分長い営業時間ですね。

モーニングは14:00までと遅くまでのサービスがありがたい。特にサンドウィッチセットはコスパが高く680円也。ドリンクが無料で付いてくるくらいのお値段感覚。伯爵では銅製のグラスで出てくるアイスコーヒーが好き。

北口店は分煙なので禁煙席もあるのですが、禁煙席は3卓のみ。ゴージャスな席は喫煙席に充てられています。こんなに広いのにいつも満席の勢いなので、ゴージャスな席に座ってみたいと思いつつ、禁煙席が空いているなら禁煙席を選んでしまうかな。

伯爵は池袋にもう1店舗(東口店)と巣鴨に支店があります。北口店が一番大箱で店舗面積も広い。同じ池袋でも北口店と東口店は雰囲気が異なります。客層も店員さんの雰囲気もそれぞれの特徴が出ているので、そんな観察をするのも面白いかもしれないです。

北口は深いエリアです。私は池袋には頻繁に訪れているのですが、駅周辺の西武百貨店東武百貨店がすきなので下手をすると地上に出ないことも多々あります。喫茶店巡りをきっかけに池袋を深く探訪するようになり、知らない路地を歩いて、池袋の池袋たる特徴をたくさん知ることができました。北口では他に終始中国語だけが舞う中国東北地方のレストランに入ったりしました。日本では見かけない肉の鍋料理を発見。本当にあるんだ・・・・。(頼んでいません。無理!)でも本場の羊肉料理、酸っぱい白菜のお鍋をいただく。横浜の中華街に行かなくてもここに十分ディープなチャイナタウンあり!2000円ちょっとでおなかいっぱい食べられるし、観光客向けの横浜のそれよりすきな雰囲気。中国の日常を味わえる気がして。このお店では大人数でガヤガヤして、たくさんの種類を少しずつ食べたいなぁと思えるお店でした。こういう所にくると、チャレンジ精神が湧いて、縁遠い味付けのメニューは食べてみたいと思うけど、無理なお肉はやっぱり無理だなぁ。

 

喫茶店もレストランもその町で過ごす人々の日常が見える場所がすき。東京という街は、なかなか人の日常が見えにくい場所だと思う。皆仮の社会的な表情をしていてよそいきだ。私だって社会の仮面をかぶる。だから人々がリラックスした自然の表情を見せる喫茶店という場所にホッとするのかもしれない。お酒が飲めないのに、飲み会がすきなのも同じ理由かも。みんな理性の下の本音で笑ってる。池袋の北口の奥は、みな素顔である気がします。そんな文化を愛でることができる池袋北口はなかなか佳き町なんだなと感じました。

 

 

f:id:saria444:20170914170158j:plain

 f:id:saria444:20170914170242j:plain

f:id:saria444:20170914170403j:plain

f:id:saria444:20170914170502j:plain

 東京都豊島区西池袋1-29-1 ホテルサンシティ池袋 2F

【2017年9月訪問】