純喫茶丸 8knot    〜喫茶店で考えた〜

2015年からの純喫茶訪問ブログ。純喫茶をはしごする船ということで”純喫茶丸”という船の名前がタイトルです。

【東京都:浅草】カリブ*喫茶店のモーニング編 *ジョセフ・コンラッド ”闇の奥” 読了* 

先日からの喫茶店のモーニングシリーズ。今日は浅草のカリブです。

ここはその名の通り、カリブの海賊を思わせる豪華客船のようなインテリアが素敵。漆黒の客席が雰囲気満点。何よりイチオシはトーストがペリカンのパンであること。モッチモチの食感はさすが。なんでこんなに味わいが違うのだろうと毎回感動してしまいます。

f:id:saria444:20170921224603j:plain

これは哲学小説か、はたまた青春小説か

私が喫茶店で読む本として、毎回勝手に書評をつらつらと綴っています。

昨日紹介したイギリス作家コンラッドの”闇の奥”を本日読了しました。選んだ理由はコンラッドが船乗り経験者だからです。先日の記事で大学時代に本書を読んだことがあるものの、本の印象を覚えていないと書いたのですが、読み終わってその理由がわかりました。それは、当時たかだか20歳程度でこの本の深みに共鳴できるほどの器がなかったせいですね。本当に英文科の教材にするにはふさわしい名作でした。好きな本の一冊にタイトルを連ねます。哲学小説か青春小説か真逆のようですがどちらとも受け取れる書でした。

人生の精神的勝利とは。

人生の精神的勝利とは。この小説のテーマはそこにあるのだと思います。哲学的に語られるこの小説は、短いのにもかかわらず難しく見えるのはそのせいでした。抽象的なテーマであり、恋愛ものや単純な勧善懲悪ものではないからです。難しいけれどやめたくなるけれど前半と後半と印象が非常に異なるので、ぜひ最後まで読みきってほしいです。

特にこの一文がこの小説で印象的でした。

人生とは僕ら一部の人間の想像しているよりも、はるかに大きな謎だろう。(略)水晶の絶壁のように、透明純粋な魂から吐き出されたともいうべき、あの素晴らしい雄弁の反響を聞いたのだ。(引用:”闇の奥”中野好夫訳)

人生は謎である。はい、そうですね。

しかもその大きな謎が解ける人はどういう人物か。以下にヒントがありました。

無数の敗北と、おそるべき恐怖と、忌まわしい勝利という代償によって初めて得られた(略)精神的勝利である。(引用:同上)

精神的勝利は、人生に確信があり率直であり、そして人生の闇に近づいたものだけが得られるものだと。深みがあり心があるのは、文明か原始か。そしてどちらが墓場か。

この小説内では文明の代表としてパリの貿易会社とそして原始の代表としてアマゾンの人々が描かれていますが、それは表面的に叙述のためであってあまりとらわれないで読んでみてほしいです。

あの墓場のようなパリに戻ったのだ。あの街を気忙しげに右往左往しながら、互いに零細な金をくすね合い、忌まわしい料理を啖い、有害なビールをあふっては、くだらない、愚かな夢を見ている群衆に対して、たまらない嫌悪を感じていた。(引用:同上)

SNSで心を病んでしまう現代人は、文明がいいものなのか墓場なのか。SNSを使っているのか使われているのか。攻撃的で気忙しく愚かな罵り合いをする文明でいいのか?今の時代の疲れている人々にもピッタリかもしれません。

その後、精神的勝利とはなにか確信したマーロウの心は、本文の操船方法にも反映しています。小説の前半では潮流に反して遡流する船の様子が描かれていますが、後半では遡流ではなく、潮の流れに順行し二倍速で速力を上げて走る船の姿で描かれています。生きやすいのはどちらでしょう。マーロウは人生を遡流せず、自然に任せ順行の潮流に乗る人生を好んだようです。

 

船乗りさんの気持ち

コンラッドは実際に船乗りさんだったので彼なりの思いがあったのでしょう。私は断じて言いたいのですが船乗りさんを尊敬しています。ここは勘違いしないでほしいのですが...。船乗りさんは陸の職員とは少し異なります。専門職技術職で特殊なお仕事です。机上で計算をしている陸の人々にはできない熟練の勘を持ち凄腕です。文明の利器である丈夫な船に乗船してはいますが、自然と向き合い時には命がけの経験をしなくてはならない”超”文明な職でもあります。万が一の時に船が一つの国のような役割をし、船長の権限が絶対であるように船乗りさんたちは本来エリートな職なのですが....。その辺がまだ理解が及んでいないところもあるようで私にはとてももどかしいのですが。そこで文明と原始の葛藤に向き合ったのかもしれません。コンラッドは自らもコンゴに行き、この小説の元となった経験をしているようですが、実際に船にのった者だからこその理不尽さを多少なりとも感じたことと思います。それは相手が天候とか自然とかという意味でも。矛盾や葛藤がコンラッドにもあったと思います。実際コンラッドは30歳で船乗りをやめています。

理不尽な思いは誰でもするでしょう。だから”闇の奥”は現代でもとても響く小説だと思います。人生の勝ち組負け組とは何か、文明なのか文明に負けない心なのか。原題はHeart of Darknessです。邦題は”闇の奥”とされていますが、もっと簡単に訳せば”暗闇の中の良心”ということではないでしょうか?
この本のテーマはきっとポジティブなのです。鎧を脱いで純粋な心を取り戻して精神的勝利をしましょう。ということだと思います。”逃げるは恥だが役に立つ”と同じアレです。心の呪縛を解きましょうってこと。哲学的な深い名作でした。

青春小説と評したのは、”ひねくれた時、ものすごく純粋な物事に出会った時のあの心がほどけていくような透き通る気分を味わせてくれる”小説でもあるからです。失った感受性をとりもどしたようなあのみずみずしさがありました。SNSでも犬とか猫とかの画像を見ると心が洗われる時があるでしょう。そんなところです。

人生の舵取りを順行にするかどうかは自分次第です。

 

さて浅草のカリブですが、好きで短期間に何度も通ってしまいました。
週刊誌がたくさんあって客船のようにきらびやかで、休日のひとときはここの窓側で休憩するのが私の精神的勝利です。

 

f:id:saria444:20170921224833j:plain

f:id:saria444:20170921224713j:plain

f:id:saria444:20170921224806j:plain

 【2017年8月訪問】

東京都台東区浅草2-2-1