純喫茶丸 8knot    〜喫茶店で考えた〜

2015年からの純喫茶訪問ブログ。純喫茶をはしごする船ということで”純喫茶丸”という船の名前がタイトルです。

【東京都:浅草】クラウン 喫茶店のモーニング編

休日はどこにお出かけするの?とか、どのあたりで遊ぶの?という質問に困っていました。なぜなら特定の出没スポットというのはなく、お目当の喫茶店がある町に出かけるからで毎回エリアが違うのです。休みの前の日は自分の中の喫茶店リストと相談する。行く。食べる。シンプル。

あ、今日の喫茶店は浅草のクラウンです。

 

f:id:saria444:20170822004749j:plain

でも『休日によく行く街は?』の返事に「浅草」といっておけば無難かもしれないと最近気づきました。実際出没率が高いです。今まで行ったところだと、アンヂェラス、アロマ、カリブ、ローレル、サンパウロハトヤにブラジル....などなど。浅草の喫茶店はまだまだ巡り切れていないほど沢山。喫茶店天国です。

今日からは喫茶店で食べたモーニングの記録を綴ろうと思うのですが、浅草は喫茶店密集地だけに各店ありがたいほどのサービス精神を発揮しています。クラウンもモーニングが割と遅くまで12:00まで提供。

この日は、迷わずBのホットケーキセットを。喫茶店のホットケーキが好きなのです。小さめのホットケーキ、朝はこれくらいがちょうどいいのが2枚。可憐な生クリームとフルーツが添えて。メープルシロップも付いてきました。私は最初に何もかけずに生地だけを食べるが流儀。でも夢中で食べ続けていたら最後までシロップをかけるのを忘れていました。でもバターとクリームだけでも美味しかった!

セットの酸味のきいたブレンドは喫茶店らしい味わい。店内は異国情緒溢れています。浅草という地が、他と雰囲気を異にするのは、外国人観光客が多いこと。日本が誇るこんなステキな老舗JAPANESE CAFEを選んでくれるなんて私も嬉しくなります。せっかくだから日本独自のお店に入って欲しい。クラウンなら、なお間違いない。店内には2階にも座席があります。階段の看板には ”どうぞ おあがりください”との文字が。クラシカルな乙女フォントがかわいい。

 

最近気づいた私の新しい特技。テレビの街頭インタビューが行われている場所を、背景に映り込む喫茶店の看板で特定できること。先ほど、ちょうどクラウンをバックで浅草と、“太郎”の看板がバックで武蔵小山の商店街だとわかりました。ドラマの撮影地やロケ地も同じ理由からだいたい見つけられます。喫茶店のシーンが出てきたら、どこのお店か当てています。多分そんな能力羨ましくないと言われるかもしれませんが、楽しいからいいのです。


今度、好きな街はどこ?特技は?と聞かれたらそんな純喫茶のお話をしようと思いました。

f:id:saria444:20170822004816j:plain

f:id:saria444:20170822005025j:plain

f:id:saria444:20170822005127j:plain

f:id:saria444:20170822005221j:plain

f:id:saria444:20170822005308j:plain

f:id:saria444:20170822005418j:plain

東京都台東区浅草1-2-13

【2017年8月訪問】