純喫茶丸 8knot    〜喫茶店で考えた〜

2015年からの純喫茶訪問ブログ。純喫茶をはしごする船ということで”純喫茶丸”という船の名前がタイトルです。

【東京都:大久保】トリアノン 大久保店

先日からの洋菓子店シリーズ。今日はトリアノンです。
すっかり日が短くなった晩夏。夕暮れが宵と交代するまで気の済むまで町歩きをする今日この頃です。散歩にもってこいの季節になりました。

f:id:saria444:20170914170609j:plain

永遠の乙女心のプリンアラモード

トリアノンはグリーンの看板に黄金色のフォント文字が素敵な老舗洋菓子店です。各店イメージカラーがあり、高円寺店は赤が壮観な看板でした。三鷹店のフランスマリンテイストな赤と白の看板も可愛いです。トリアノンの店頭に並ぶお菓子はもう秋色。パンプキンやモンブランなど、暖色系のほくほくが恋しくなる季節ですね。
ケーキも美味しそうなのですが.....今日のおめあては銀のトレイに乗ったプリンアラモードです。喫茶メニューのプリンアラモードの提供は大久保店のみなのです。

あぁプリンモードこそ永遠の乙女心が詰まったデザート。小さい頃、駅前にあった喫茶店の窓側で毎週日曜日に食べさせてもらったプリンアラモード。プリンアラモード食べに行くよ。と連れられて、あの頃の日曜日の穏やかなおやつの時間。たちまち昭和の薫りを思い出します。

喫茶メニューのプリンアラモード 大久保店だけ。

トリアノンのプリンアラモード。以前は裏メニューだったようですが、店内の喫茶メニュー表には記載がありました。お持ち帰り用のケーキショーケースに陳列されているプラスチック容器に入ったプリンアラモードもあるため「喫茶メニューのプリンアラモード」と注文します。でも間違いのないように店員さんが再確認してくれますよ。ちなみにこれより小ぶりのタイプでチョコレートプレートとアイスの乗っていない”プリン”というメニューもあります。小さめの銀のお皿にプリン、フルーツとホイップクリームがお行儀よく並んだ、こちらも可憐なデザートです。プリンとホイップクリームはトリアノン自社工場製です。硬めのプリンが好みなので、これは美味しい!もちろん心がとろける美味しさ。

ケーキショーでの受賞数がすごいパティシエたち

トリアノン昭和35年創業で57年もの歴史があります。ケーキと焼き菓子が両脇に並ぶ陳列棚の奥に喫茶コーナーが。向かって右奥のコーナーが年季が重ねられた素敵な空間です。味わいが出ている飴色のインテリアはとても好み。床の模様も昭和の素敵デザインです。57年も愛されるのには理由があって、所属のパティシエさんは毎年のようにジャパンケーキショーで賞を受賞しているようです。受賞項目を見ると”デコレーション部門 バターケーキ仕上げ”での受賞数が多く、昔懐かしのバターケーキはここに行けば間違いなく美味しいものがいただけそうです!

大久保の街の雰囲気がそうだからか喫茶利用者は結構おじさま率が高く。喫茶コーナーでプリンをオーダーしているスーツの紳士がいらっしゃいました。帰宅前のほっとする一息なのかなと、なんだか微笑ましい気分に。

思い切りフランステイストに浸った日

こちらの喫茶室では、先日からページを開け始めたフランス作家ピエール・ロチ”氷島の漁夫”を思いきり読みふけりました。フランス語で”最先端のプリン”という西洋菓子を食べながら、フランス文学を読むという遊びです。すっかり心地よい気分。静かな夏の夕べを過ごし、夢中で癒されたところで本を閉じる。今日はこれでお開き。外はもう黄昏の藍色の空がありました。

今年のクリスマスケーキはバタークリームのホールケーキにしよう。そう決めました。

f:id:saria444:20170914170646j:plain

f:id:saria444:20170914170724j:plain

f:id:saria444:20170914170753j:plain

f:id:saria444:20170914170921j:plain

f:id:saria444:20170914170959j:plain

f:id:saria444:20170914170841j:plain

東京都新宿区百人町1-18-9

【2017年9月訪問】