純喫茶丸 8knot    〜喫茶店で考えた〜

2015年からの純喫茶訪問ブログ。純喫茶をはしごする船ということで”純喫茶丸”という船の名前がタイトルです。

【埼玉県:蕨】喫茶クラウン 中に入りたい喫茶店 No.1

喫茶クラウンは埼玉県蕨市にある喫茶店。蕨駅の東口徒歩5分程度の場所。
二股に分かれている路地の角にある。町にある普通の喫茶店と思いきや、中はクラシックな別世界が待っている。

f:id:saria444:20170909223951j:plain

"打ち上げ花火、埼玉から見るか、東京から見るか"

関東の夏の花火大会に、荒川を挟み東京と埼玉、両岸から鑑賞できるものがある。埼玉からも東京からも同じ花火が見えるのだ。ここ蕨駅は東京のすぐ近所(お店の住所は川口市)。川を挟んだお隣さん。山田孝之さんの主演ドラマでお馴染みの赤羽駅(東京都北区)から蕨駅までは電車で約10分の場所にこんな生き生きした昭和遺産がある。

 

昭和の喫茶店や町の洋食屋さんのオムライスってなんでこんなに憧れてしまうのでしょう。諦めの対義語として憧れという言葉があるなら、もう諦めかけている味なのかもしれない。この味が出せるお店は、よほど探さないとない。卵が希少とか量の大小の問題ではなく、フライパンに染み込んだお店の味というか。継ぎ足しのタレのように、丹精が継ぎ足されているのだと思う。何回も何回も炒められ振られたフライパンは深みが出るに違いない。こちらのものは懐かしい優しい味わいのオムライスだった。

見上げたら吹き抜けの天井から流れるシャンデリアがある。美しい螺旋を描く階段は華々しい。それもそのはず、昔はここで結婚式も行われていたのだとか。礼拝堂のように高くそびえ、輝く天井に心躍らせた。二階に上がり”かぼちゃランプ”と店員さんが呼ぶオレンジのシェードにしばしうっとり。時が止まったような錯覚は、階段を一段ずつ降りるごとに元に戻る。現実に戻る前にもう一度この素晴らしい空間を見渡した。

f:id:saria444:20170705180813j:plain

f:id:saria444:20170705180841j:plain

f:id:saria444:20170705180918j:plain 

f:id:saria444:20170705181314j:plain

f:id:saria444:20170705181348j:plain

f:id:saria444:20170705181435j:plain

f:id:saria444:20170705181502j:plain

f:id:saria444:20170705181530j:plain

f:id:saria444:20170705181558j:plain

f:id:saria444:20170705181645j:plain

f:id:saria444:20170705181705j:plain

f:id:saria444:20170705181013j:plain

f:id:saria444:20170705181730j:plain

f:id:saria444:20170909224010j:plain

埼玉県川口市芝新町3-19

【2017年6月訪問】