純喫茶丸 8knot    〜喫茶店で考えた〜

2015年からの純喫茶訪問ブログ。純喫茶をはしごする船ということで”純喫茶丸”という船の名前がタイトルです。

【東京都:方南町】ボルボ 喫茶店の旅 丸ノ内線全駅制覇の巻その27*方南町*

丸ノ内線全駅制覇の旅、まだまだ続いています。ゴールイブの今回は、方南町ボルボ。駅から徒歩10分くらい。初めて歩く道でした。

f:id:saria444:20170705173630j:plain

注文を変えて欲しがる喫茶店

「うちの紅茶あんまり美味しくないんだよ。アイスコーヒーにしておきな。」
食後のドリンクにアイスティーを頼むと、こんな回答が。他の方の話では、電話でナポリタンの有無を聞いた際「うちのナポリタンね〜、うまくないよ。」と言われたそうで。こんな味のあるコミュニケーションがじわじわくるマスターが居る喫茶店です。
インターネットにもお店の情報はありますが、定休日や定時はあってないようなものだそうで。一応無事入店できた日、確認した店内の営業時間のボードには、一応時間が書いてあるものの、15時くらいで締める日もあるそうです。マスターの気分次第なのかしら....。そんな無理のないゆる〜さがいい。

話し相手が欲しいおばあさんがマスターに愚痴をこぼしたり、この辺りで働く方々が一服の休憩をするような、時間がゆっくり流れるのどかな喫茶店です。だから細かいことは気にしなくていい。アイスティがダメならアイスコーヒーで!「ほら、飲んでみな。美味しくないから!」と言って最後におまけで出してくれるような気のいいマスターなのです。なんて正直な、味わいのあるマスターでしょう。こうやって自分の意思を伝えてくれるマスターがいる喫茶店は大当たりなのです。

枠にはめてみんな仲良し。

方南町に始めて下車しました。とても印象深い町でした。駅前の商店街はレトロで、人情あふれる空気が流れています。
長屋のようにほぼ同じ規模の商店がずらっと並ぶ駅前の商店街。上部に掲げられている丸い看板は、新規のチェーン店も、老舗の商店もどんなお店でもお揃いなのです。テナントに入るには、この看板の枠に収めるのが条件だ。そう約束しているのかは不明ですが、どのお店もみんな仲間のように同居していて、心地よいです。どこが目立つとか大きいとかそういうことよりも静かな共存を目指しているかのような。
時代ごとに流行があるし、お店の傾向が違えば、ロゴのフォントが違うとか、色彩が異なるということはあり得るでしょう。ごちゃごちゃしていてカオスだなぁと思う街もあれば、この町はとても整然としています。看板は大きさだけでも整っていると、こんなに歩きやすいのか、と実感します。

丸ノ内線の駅のホームからして、統一感が。赤と白の二色だけで見事にコーディネートされた駅は、派手な色使いだけど、どこか落ち着きを感じます。終着駅のせいか、電車も一緒に休憩しているような雰囲気があり、この方南町という駅全体が閑寂な郊外の空気が漂っています。本当に、並みじゃない、杉並。

 

丸ノ内線沿線漂泊 ラストイブ

この散歩は、東京メトロ24時間乗車券を購入して、24時間乗り降り自由。もしお目当のボルボが閉まっていてもまた来ればいいよね、ちがう駅の喫茶店に向かったらいいよね。そんな風に心の余裕がある日は、看板が無事に出ていることが多いのです。逆に、きちんと計画をギチギチに詰め込んだ日に限って、臨時休業の札をみることになったりして、まるで心を見透かされているかのような。水流をただただ漂泊しているようなきままな散歩ですが、気づくことが多いのです。潮時はいつか巡って来る。だから、間が悪い日や勘が鈍る日に気付いたら、とどまろう。無理しない無理をとおさない。喫茶店巡りを通して、なんだか鍛錬されてきています。


ここのナポリタン。太麺で昭和の大衆食堂のような懐かしい味わいでしたよ。「うまくないよ。」なんて、不器用な笑顔の忘れられない、マスターの冗談でした。

f:id:saria444:20170705173658j:plain

f:id:saria444:20170705173729j:plain

f:id:saria444:20170705174602j:plain

f:id:saria444:20170705174630j:plain

f:id:saria444:20170705174651j:plain

f:id:saria444:20170705174713j:plain

f:id:saria444:20170705174731j:plain

東京都杉並区堀ノ内1-2-10-103

【2017年3月訪問】