純喫茶丸 8knot    〜喫茶店で考えた〜

2015年からの純喫茶訪問ブログ。純喫茶をはしごする船ということで”純喫茶丸”という船の名前がタイトルです。

【東京都:阿佐ヶ谷】珈琲雨水*2017年8月31日閉店*

こちらも閉店のニュースを聞き、急遽記すことにしました。阿佐ヶ谷の珈琲雨水。
阿佐ヶ谷という町は、北に南に星の数ほど飲食店がひしめくエリア。特に北口は個性的な喫茶店がかねてより多く存在し、かつ新しく生まれ続けているところでした。
カフェ、喫茶店だけでなく、ラーメン屋さんも印象深いです。航海屋という現役航海士たちがこぞって嬉々としたラーメン屋さんの近くにあります。
ここは多国籍で新旧の勢いがともに渦巻く商店街の2階にあり、階段を一段一段上るごとにその喧騒が静まるような不思議な吸引力を持つお店でした。

f:id:saria444:20170821170803j:plain

静かで読書に耽れるお店ですが、阿佐ヶ谷は地元を愛す人々がお祭り大好き!な町でもあるので、祭囃子がBGMなんていう日もありました。
珈琲もケーキもとても丁寧で、きっとこれからも阿佐ヶ谷で長い歴史を育んでいくのだろうなと勝手に期待していたので、閉店のお知らせはとても悲しい。
けれど、最近徳島県鳴門海峡で目の当たりにした渦巻きにはかなり人生観が動かされました。海や波の流れのように今はある場所から離れても、いつかまた一つの渦になるという大自然の営みはただただ悠久を感じさせます。日々は泡沫のように消えていくけど、ここで時を過ごした人の気持ちやこのお店での思い出は、生き続けいつかどこかで現れて、また一つの渦となり出会っていくのだろうと思いました。

ここの本棚で出会った本たちは波のように新しい思潮を私に連れてきてくれて、これからも数珠つなぎで縁を繋いでいくものだろうと思います。幾つかの一目惚れした本は、今私の本棚にいます。書店で出会って買い足していったものです。
有名な方丈記のごとく、

行く河の流れは絶えずして

であるけれど、その水は何処かで流れていた水。別の何処かでまた出会う。

ここは、かつておそらく元気のなかった私を見兼ね、『喫茶店が好きだと聞いた』からと連れてきてくれた畏友との思い出の場所。ここに一緒に来た人々や過ごした時間は映像のように鮮明に残り、思い出す数だけいつまでも心の大海原で流れ続けていくことでしょう。印象深い喫茶店でした。あと残り1週間...。

 

f:id:saria444:20170821170824j:plain

f:id:saria444:20170821170847j:plain

【2016年6月初訪問:他】

東京都杉並区阿佐谷北1-27-5 2F