純喫茶丸 8knot    〜喫茶店で考えた〜

2015年からの純喫茶訪問ブログ。純喫茶をはしごする船ということで”純喫茶丸”という船の名前がタイトルです。

【神奈川県:鎌倉】豊島屋3階 パーラー扉 お供:川端康成『山の音』

今回は鎌倉の喫茶店の記事を書こうと思います。扉はJR鎌倉駅目の前、鳩サブレーの豊島屋3階のパーラーです。

f:id:saria444:20170816232937j:plain 

鎌倉が舞台の小説

最近読んでいるのは川端康成の「山の音」。湘南や江ノ島といった海のイメージの鎌倉ですが、鎌倉の山が舞台だというこの小説がふと読みたくなりました。夏で始まり秋で終わる小説。今から読みだすにはとても良いタイミングかもしれない。春や冬の情景も出てきますが、晩夏から秋への切なさが、いい雰囲気。蝉もなかなか重要な登場人物(虫物)。横須賀線の車窓からのシーンや四季折々の仏都鎌倉の草花。読んでいて活き活きとした画像が浮かんでくる色彩豊かな物語でした。

「山の音」掲載の花言葉

作中にいくつもの草花が出てくるのですが、花言葉を知っていたらより詩趣があるのではないかと、花言葉を調べながら読み進めました。

主人公(♂)が嫌いだという桜の木にまとわりつく”八つ手”には「分別」や「健康」という花言葉があります。これは主人公の心配事や悩みを表し、主人公から最も手の届きそうにない事柄です。 作中で主人公は、頭だけ外して修理に出したいというのですが、ぎょっとするけどわからなくもない心境です。頭を外して胴体だけを休ませたいとも。これは考えすぎで脳が疲れているのでしょう。主人公は神経質になりすぎています。印象的な颱風の夜のシーン。その嵐の翌日に頭ごと散ってしまったひまわりと、それと対照的に強風に負けず咲き続けていた葉鶏頭花言葉は「不老不死」でした。

作中に登場する植物は多岐にわたり、物語の情景に彩りをあたえる役割も果たしているのですが、その花言葉も意味深です。

 

枇杷.....あなたに打ち明ける 密かな告白

アカシア.....秘密の恋

よもぎ.....決して離れない

シダの葉.....誠実

....過去の思い出

 

これらはすべて作品のキーワードでした。

特に衝撃的だったのは、カラスウリ。なんと「男嫌い」という花言葉。他に「良き便り」や「二面性」という意味もあります。花は夜だけ開くとして有名とか。夜だけ開く花とは、それは主人公(♂)が寝ている間に見る”夢”の比喩かもしれません。しかし男嫌いとは、一体何だろう。それはこの小説を読んだ人なら理解できるかもしれません。しかも誰のことなのか、それは人によって解釈が違うかもしれないです。章ごとに出てくる主人公が見る夢の描写も面白い、主要な軸です。


川端康成の傑作

「山の音」のストーリーは、純愛かミステリーか。ついついページをめくる手が止まらなくなります。練られた作品だと唸りました。鎌倉、新宿御苑、本郷といった身近な土地が舞台なのも興味が尽きなかった理由です。舞台は終戦後の日本で、戦争未亡人や戦地に赴いた人物が出てくるのも、一読に値するかも。鎌倉関係の品を読んでみたいと軽い気持ちで手にしたのですが、さすがノーベル文学賞作家の作品。深い山のように高密度で底知れないその深みに嵌ったようです。


喫茶店 ”扉”の話

喫茶店 鎌倉の”扉”は、鎌倉が舞台の小説を読んだことで思い浮かんだ喫茶店。黄色い缶でおなじみの鳩サブレーの豊島屋さんの喫茶店です。

この日の鎌倉ハムのサンドイッチは肉厚ジューシー。美味しかった。パンはトーストしたもの、焼いていないものと二種類あって楽しい。鎌倉駅前なのに、穴場なパーラー。1階のお土産売り場は混雑していましたが3階は意外にも空席が。バスターミナルを見ながらこれからどこに行こうか計画を練るのが楽しかったことを思い出します。まさに鎌倉の扉な喫茶店です。
「材木座」「由比ガ浜」「腰越」海岸のネーミングライツを得た豊島屋。”鳩サブレー海岸”ではなく、海岸名をそのまま残すとした逸話があります。地元を愛する企業が買うとこうしてくれるのでしょうか、この対応にはあっぱれですね。ますます鳩サブレーが売れるでしょう!

 

f:id:saria444:20170816232953j:plain

f:id:saria444:20170816233114j:plain

f:id:saria444:20170816233045j:plain

神奈川県鎌倉市小町1-6-20 扉ビル 3F

【2015年10月訪問】