純喫茶丸 8knot    〜喫茶店で考えた〜

2015年からの純喫茶訪問ブログ。純喫茶をはしごする船ということで”純喫茶丸”という船の名前がタイトルです。

【徳島県:板野郡松茂町】ハレルヤスイーツキッチン*夏の山陽&四国の旅行

山陽&四国の旅。今回は徳島県です。この日は香川から徳島を経て最終的に宿のある愛媛を目指しました。こちらのお店は、カフェにあたると思いますがご当地品なので純喫茶ブログのタイトルに反するようですが、記事にしようと思います。こちら徳島ご当地品タヌキケーキがあるハレルヤスイーツキッチンです。

f:id:saria444:20170811200320j:plain

f:id:saria444:20170811200332j:plain 

瓶のラムネ飲料と菓子のラムネ、鳴門海峡なると巻き。これらはどちらの歴史が先かを勘違いしていたもの。特に後者、ここ徳島で見た鳴門海峡のうずは世界に誇れる自然遺産、渦の直径は最大で30mこの大きさは世界一だそうです。地形が生み出す偶然のアート。この潮のうずを目の当たりにして、なると巻きってここから来たのだ。と初めて実感しました。本物に出会いました。

徳島の鳴門海峡訪問はこの旅のメイン。こうして徳島県に初上陸なのですが、この日は香川から、徳島経由、愛媛にいく予定。鳴門海峡を干潮時刻に訪れることが最優先でした。干潮時刻(満潮時刻も)は、その潮流が最速となり、潮の渦を最高のタイミングで見れるのです。特に新月満月の日だったらさらに最高。この日は満月翌日でしたので、それはそれは楽しみな計画でした。観測時刻やその移動時間を鑑み、その隙間時間にあわよくばお茶でもできれば、と思いあぐねていていました。

参考にしたのは菅原佳己さんの「日本全国ご当地スーパー 隠れた絶品、見つけた!」です。こちらで徳島県のご当地品としてタヌキケーキが紹介されていました。これはかわいい!事前計画の段階では途中のスーパーでこれを買いホテルに帰ってから食べる予定にしていました。しかし前日の調査で工場直営店ではイートインできると知り、急遽オヤツタイムを取ることに。急な計画変更も柔軟に取り入れることに躊躇がないのは、船会社で働いた者の強みです(笑)。行ってみたらはハワイのカフェを彷彿させる外観。ヤシの木が立ち潤沢な敷地を惜しみなく利用したとても明るいお店でした。観光バスが立ち寄るなど、名所のようです。ここはたぬきのとぼけた表情と赤いドットの包装紙がかわいい徳島銘菓金長まんじゅうの工場併設のカフェでした。とにかく遮る高い建物がないこの辺り、日光が激しくさし、夏を満喫できて爽快でした。

徳島県はたぬきが神様のようです。ジブリの『平成狸合戦ぽんぽこ』のモデルとなった「阿波狸合戦」でたぬきは英雄として登場します。滋賀県では信楽焼の狸がたくさん見られるということですが、徳島県も狸の置物がたくさん!だからたぬきケーキなのですね。こちらのケーキは白目が大きいタイプ。ぎょろっと上目遣いに見つめられて食べづらいわ〜。(笑)長野県にあるつぶらな瞳のたぬきさんも、味わいがあって可愛いと思います。バタークリームが懐かしく生クリームのケーキよりも却って珍しい。かつて生クリームが高価だったため、バタークリームでケーキを作っていた時代がありました。そのバタークリームは、今や生クリームにとってかわられ絶滅危惧種に。ふと思いましたが、この時代にあえてバタークリームを欲しがるという潮流は、ラムネやなると巻きに感じたものと同じ現象ではないでしょうか。どちらが先かなんて、悠久の時を経てただそこに広がる自然現象の前ではとても些細な疑問のように思えて可笑しくなりました。新旧が心の中が静かに融解していく。ある時は穏やかな流れがあり、またある時は怒涛のように押し寄せる流れもある。抵抗力で弾かれても、また再び強い吸引力で混じり合い深くひとつの流れになっていく。それはまるで潮流現象のようでした。喫茶店に関しても、どこが古いとか新しいとか純喫茶のカテゴリーに当てはまるかどうかとか、そんな頑ななこだわりもあまり気にしないようになった。いつかはひとつの潮流になっていくのだから。

f:id:saria444:20170811200353j:plain

f:id:saria444:20170811200420j:plain

f:id:saria444:20170811200444j:plain

f:id:saria444:20170811200549j:plain

f:id:saria444:20170811200636j:plain

f:id:saria444:20170811200746j:plain 

f:id:saria444:20170811200835j:plain

徳島県板野郡松茂町広島字北川向四ノ越30
鳴門海峡から車で20分強くらい。徳島ICから車で15分程度の距離でした。

【2017年7月訪問】