純喫茶丸 8knot    〜喫茶店で考えた〜

2015年からの純喫茶訪問ブログ。純喫茶をはしごする船ということで”純喫茶丸”という船の名前がタイトルです。

【香川県:高松市】城の目 *夏の山陽&四国の旅行

さて、香川県の喫茶店に参りましょう。当ブログ、純喫茶*香川県のカテゴリーを今日初めて加えました。2年前にも香川県に来ているのですが、写真が眠ったままのようです。早めに他のお店も記そうと思います。その中でも今回の城の目は香川県一、いや日本一ともいえる崇高な喫茶店ですよ。

 

f:id:saria444:20170808104330j:plain

クリエーションの待ち合わせ場所

城の目は世界でも名高い建築家、彫刻家、詩人など各分野のクリエーターが交流した場所です。当初はクリエーターたちの打ち合わせ場所だったところを、後に喫茶店として開業したそうです。入店すると眼前に見えるのは、昭和39年開催のニューヨーク万博で日本館の外装の試作品として作られた石壁。その他世界初の石造りのスピーカーなど(その重量3~4トン!)貴重なアート作品が四囲する空間です。こんな歴史的な美術品を間近に喫茶メニューをいただけるなんて。喫茶店好きとしては一度は訪問しておきたく、この日、念願叶いました。はじめはなんだか恐れ多くて端っこの隅の方に小さくすわっておこうとしたのですが「せっかくだから広い席に座りなさいよ♪」とマダムに誘われ、暗灰色の玄武岩のすぐ前に座りました。
火山岩でできた壁なんて他にどこで出会えるだろう。

瀬戸内海の転流 海の復権

香川県といえば直島の他、島々がアートで彩られる県として最近は名高いですね。ワールドスタンダードや均一化、効率化が叫ばれる昨今でも、四国自体が本州と海を隔てて存在しているせいか、私には独特な楽園に見えます。しかしその内情は高齢化が進み、そのため地域の活性化が減り、島々独自の文化が消えつつあるそう。それに風穴を開けようと、海の復権をテーマに瀬戸内国際芸術祭が開催されるようになったとのこと。瀬戸内海は美しい自然と海の煌きがある場所です。この島々を文化発信地とし、世界にその名を広め新しい時代を迎えようとしているそうです。

ところで、四国には名の通った海峡が多く存在します。鳴門海峡や来島海峡などがそうです。海峡というのは、陸と陸の間に挟まれた海の幅の狭くなったところのことで、瀬戸内海のように大小様々の島が狭いエリアに点綴する場所は、必然的に海峡が多く存在するのも納得です。島々の珠のような連なりは景勝として風流ですが、船舶の航行には要の場所であります。海峡では転流時という”潮流が流れの方向を変えるタイミング”があり、船舶はその時刻を計算して航行計画を立てます。瀬戸内海では転流がよく発生する場所であるがために、「芸術祭で島の活性化を」という新しい潮流を発生させる地として、ここほど説得力のある地はないだろうと思われます。芸術祭が開催される各島へは、城の目がある高松の港=高松港岡山県宇野港が本州の玄関口となりますが、一日数本のフェリーで行くほか交通手段がない上、芸術品も一日で見て回れないと思います。効率や均一化という価値観からもっとも遠く離れたところでしょうね。船でしか廻れない芸術祭なんて魅力的です。船がある意味主役かもしれません。瀬戸内海は造船業が盛んです。新造船の試運転もよく行われています。船が四国に住む人の日常であることも実感できるでしょう。

こんぴらさんと金陵以外の香川県

この四国の旅では瀬戸大橋としまなみ街道を通りました。真下では造船作業が間近に見られて感動。瀬戸内海の明るい陽に照らされた碧い海面と、波で描かれた白い水尾のなんと美しいこと。濃淡のある山畑の彩りと鈴なりの柑橘類の黄色と。瀬戸内海は絵画のような景色でした。

香川県といえば、船にまつわる仕事上、こんぴらさんか日本酒の金陵しか出てきませんでしたが、アートの町なんですね。しかも特別じゃなく日常に目の触れる場所にある。こういう城の目のような喫茶店が日常のごく普通に存在する素晴らしさ、本当に羨ましいです。前回の高松訪問時には定休日で断念しましたが、今回は入ることができて本当に良かった。香川が気に入りすぎて、東京でもおいしい讃岐うどん屋さんを探してしまうほど恋い焦がれています城の目は店内撮影禁止のため外観のみです。拙い文章で店内の魅力が伝わるといいのですが...。ちなみにクリームソーダをいただきました。純なメニューを。

f:id:saria444:20170808104425j:plain

f:id:saria444:20170808104505j:plain

f:id:saria444:20170808104548j:plain

f:id:saria444:20170808104705j:plain

香川県高松市紺屋町2-4

【2017年7月訪問】