純喫茶丸 8knot    〜喫茶店で考えた〜

2015年からの純喫茶訪問ブログ。純喫茶をはしごする船ということで”純喫茶丸”という船の名前がタイトルです。

【岡山県:倉敷市水島】ニューリンデン *夏の山陽&四国旅行

山陽&四国の旅編 二回目は岡山県倉敷市水島のニューリンデンです。
訪問順としては前後しますが、昨日のサンレモンに続き岡山県の喫茶店を連投します。

f:id:saria444:20170808103427j:plain

水島港コンビナートへ念願の訪問

この夏の旅に岡山県を組み込んだ理由は、水島港を一度この目で見ておきたかったから。 臨海工業地帯の景色が好きです。コンビナートといえば、晴れた日の彩に富んだ碧い海と紅白のクレーンが織りなす景色に静かな心持ちを誘われます。この水島港一帯は自動車道とフェンスを隔てて存在します。港には海外から来た貨物の税関や検疫場があり、(国際線の空港のようなものです。海外へ(から)の入国出国の際、旅客が行うことを貨物にも行います。)そのフェンス向こうは大使館や空港のように日本であって日本でない空間が存在します。だから港というのは不思議な居心地のする場所です。この旅の途中に玉野市にある宇野港にも訪れましたが、そちらは潮っ気のある魚市場と高松行きフェリー乗り場が詩趣を添えてくれました。

ソーダ水の色数は日本ナンバーワン(?)

水島港が近いからかニューリンデンには船の模型があちこちに見られました。東京への復路便の搭乗時間の理由もあってここの滞在時間は15分。とても短かったけれども臨海工業地区の情緒あふれる雰囲気に思いを惹かれました。

ここのイチオシはソーダ水です。種類の多さは日本の喫茶店の中でも群を抜くのではないでしょうか。20種類くらいはありました。メニューのネーミングから色を想像し、珍しそうなソーダ水をオーダーしました。
その名もサンライズ。太陽が昇る姿をイメージしたオレンジ濃淡2色の色合いがおしゃれ。色彩を楽しんでもらいたいからと二層のまま提供されますが、よく混ぜて飲んでくださいとのこと。ノンアルコールカクテルのような大人のソーダ水。アイスクリーム添えは確か50〜100円程度でできたと思います。(値段は失念しました。)いろいろな色のソーダ水があるけれどオレンジ色のソーダ水は珍しいのではないでしょうか?それぞれのソーダ水につけられたネーミングもそそるものばかりなので訪問する機会があれば是非みなさんにも試してもらいたいです!

圧倒的メニュー数 食事系250種喫茶メニュー250種

メニュー数はお食事系が250種、喫茶メニューが200種程度あるといいます。滞在時間が15分と制限があったため、メニュー表をじっくり見ることができなかったのですが、昭和のレストランといった感じでハンバーグ、トンカツ、スペシャルスパゲティ。パフェにソーダ水。高度成長期の元気な上向きな時代の高揚感が漂っていました。この地は今でも元気ですが、昭和の工業地帯といえばさらにもっと活気があったのでしょう。その気だけでも、いただいてきました。最後に優しそうなマスターと少しお喋り。マッチを所望すると名刺も一緒にくださり、また寄ってくださいねと柔らかい笑顔で送り出してくださいました。そのアットホームさは、水島工業地帯で働く人々と私のような時折訪れる旅人の癒しとなっているのだと想像できます。またいつか訪問したいですね。
f:id:saria444:20170808103517j:plain

f:id:saria444:20170808103554j:plain

f:id:saria444:20170808103640j:plain

f:id:saria444:20170808104052j:plain

f:id:saria444:20170808103754j:plain 

f:id:saria444:20170808103840j:plain

f:id:saria444:20170808103921j:plain

f:id:saria444:20170808104008j:plain

f:id:saria444:20170810000502j:plain 

f:id:saria444:20170810000531j:plain

岡山県倉敷市広江1-14-25

【2017年7月訪問】