純喫茶丸 8knot    〜喫茶店で考えた〜

2015年からの純喫茶訪問ブログ。純喫茶をはしごする船ということで”純喫茶丸”という船の名前がタイトルです。

【東京都:新大塚】エデン (ゑでん)喫茶店の旅 丸ノ内線全駅制覇の巻その23*新大塚*

丸ノ内線全駅制覇の旅。今回は新大塚のエデン。看板はカタカナなのですが、素敵なデザインで有名なマッチのロゴは「ゑでん」の表記なんです。

 f:id:saria444:20170728131253j:plain

そういえば雨が似合っていた。

その日は雨でした。春は名のみまだまだ肌寒い3月の夕方。駅からすぐのエデンに向かうだけなのに雨が嫌だなぁと思ったわけですが、いざ喫茶店に入ると、雨が降っているのも悪くないななんて、思うんです。窓から見える雨模様は悪くない。
最近、瀬戸内海で見たカリフラワーのような夏の積み雲のことで頭がいっぱいの私は、喫茶店には雨が似合うという感情を忘れていました。

エデンのガラス模様は雨のカーテンに似ていた。外は本物の雨だけど、インテリアも雨だ......。雨のカーテンに見えたのはブラインド。本物の雨の雫とグラデーションになっていた。席に着き、ピンクの電話が置かれたカウンター越しに、入り口の雨のカーテンを眺めとても穏やかな時間でした。

髪結いの亭主を彷彿

ずっとここは喫茶店だったから、〇〇みたいと形容するのは可笑しいけど、このインテリアは床屋さんを彷彿とさせる。

以前、パトリスルコントの映画にはまっていた時がありました。その時見た『髪結いの亭主』は、なかなか好み。主人公アントワーヌは初恋の相手が床屋さんの夫人。床屋の美人な夫人がこういうカウンターでお客さんを待っていました。彼は彼女に髪を洗ってもらった時に、ふと漂った芳しい香りに、すっかり恋に落ちてしまう。その恋の成就はかないませんでしたが、彼は2番目に好きになった人と結婚します。
フランス映画は静かに人の心を語るストーリーが多いので好きです。エデンという名前もエデンの東からとったのかなとか考えていました。

日常に馴染む奇跡の喫茶店

ゴブラン織りの壁、グリーンのソファにピンクの電話、ガラス扉。それと”純喫茶”という看板。完璧です。ただ座っていたい、この雰囲気に囲まれていたいと思える貴重な喫茶店。勝手に東京の好きな純喫茶TOP10を選ぶ権利があったら、エデンをあげる。勉強している学生、どうやら保険の勧誘をしている風な女性と男性。いろいろな形で活用されていました。こんな普通に人や気の流れがある喫茶店が好き。新大塚駅はこの時初めて下車しましたが、新大塚だからこそ残っているのかもしれません。ここではありませんが、看板や庇が劣化したから改装し新しいものになっているお店もあります。逆に外観はレトロに保たれていても、中の空気が生きていないお店もあります。お客様の安全のために改築するとか、自然現象で破壊してしまったものを回復させながら営業しているお店には頭が下がりますし、営業してくれて嬉しい。そんなどうしようもできない理由があるのは承知です。でも、ここエデンは奇跡的に両立しているのです。外観もインテリアも究極にいい状態で残っている。どうかこのまま......ダイナミックに街を変貌させようとか、そういう思惑から遠く離れた街でありますように。

今度は晴れの日に行ってみたい。晴れの日にエデンにいったら、どんな思いがよぎるのだろう。

ここはプリンが美味しいです。手作りの蒸した硬いタイプ。かぼちゃのケーキも食べてみたいし。絶対またくる。大塚や新大塚は他にも商店街が活きていて、もっと時間をかけて散策してみたい。なぜか夜に来ることが多いのですが、今度は太陽のもと何かを感じに来ようと思う。

f:id:saria444:20170728131308j:plain 

f:id:saria444:20170728131328j:plain

f:id:saria444:20170728131345j:plain

f:id:saria444:20170728131407j:plain

f:id:saria444:20170728131425j:plain

f:id:saria444:20170728131455j:plain

f:id:saria444:20170723160616j:plain 

東京都文京区大塚4-52-5

【2017年3月訪問】