純喫茶丸 8knot    〜喫茶店で考えた〜

2015年からの純喫茶訪問ブログ。純喫茶をはしごする船ということで”純喫茶丸”という船の名前がタイトルです。

【東京都:夏氷 かき氷のお店 その① ふわふわ氷編】まとめ 4選 

丸の内線全駅制覇の旅は今日は休憩です。

7月25日はかき氷の日でした。だから、今日は夏の寄り道ということで、かき氷のお店4選のまとめ記事をお送りします。純喫茶ではないですが、季節感あるお休み処として書いていこうと思います。今回その①ではふわふわなかき氷編。なんで7月25日がかき氷の日かというと、その昔かき氷は夏氷とよばれていて、な (7) つ(2) ご(5) おりの語呂合わせから記念日に制定されたようですよ。

十条:だるまや餅菓子店

1軒目は、だるまや餅菓子店。十条の甘味屋さんです。かき氷のシロップに尋常ではないこだわりを見せるというかき氷職人が作るシロップは、どれも追求しすぎで嬉しい悲鳴をあげたい。少し前まで都内で天然氷のかき氷が食べられるお店は珍しかったですが、今は結構増えてきましたね。そんな中でも、だるまやは天然氷かき氷を早々に提供してきたお店です。先ほどお店のツイッターを見たら、羽田空港にいます。今から福岡行きの最終便に搭乗します。」とつぶやかれていました。シロップ用の果物を買い付けるようです。シロップのためならどこへでも。自ら現地に出向き目利きし味に納得したものを出すのですね。こう言うこだわりが好きです。

 「そうだ、氷食べたい。」って気温になる頃には混むだろうと思い、5月に訪問しておりました。頼んだのは、宇治金時練乳抹茶の天然氷バージョン。(純氷バージョンもあります。)抹茶がですね。とにかく濃い。抹茶の素材を堪能するためのシロップなので、甘みがついていません。『抹茶が苦手な方はご遠慮ください』って書いてありました。茶道で点てるお抹茶をさらに凝縮した感じ。抹茶抹茶抹茶です。私だって、かつては氷に1000円以上出す?って思ってましたけど、これには、出しますねぇ。抹茶の濃厚な苦みとあんこと練乳の甘み、店主のこだわり全てに敬意を払いたい。結構なお点前でした。一方夏祭りの200円くらいのかき氷、家で作るかき氷。それはそれで好きです。でもだるまやさんのかき氷は、もう別ジャンルの食べ物ですね。こだわりは細部にまで。コーヒーにもこだわりがあるようです。

【だるまや餅菓子店】

東京都北区十条仲原1-3-6

f:id:saria444:20170726001434j:plain

f:id:saria444:20170726001500j:plain

東京:ヨックモック ブルーブリックラウンジ 東京駅一番街

続いてはヨックモックのカフェでいただけるかき氷。とちおとめのシロップ。日光の四代目徳次郎の天然氷です。天然氷は密度が濃く、細かく削れてふわふわになり、且つ溶けにくいとのことらしいのですが、見てください。この綿菓子のようなふわふわ感。とちおとめのシロップは甘くて酸っぱくてとろ〜〜りとしていて練乳をかけるとショートケーキみたいな味!これ、840円....妥当すぎます。なんとサービスでヨックモックが1本ついてくるんですよ。ヨックモックのかき氷、ずっと食べたくて今年の誕生日当日、ケーキの代わりに食べに来ました。散々お祝いをしてもらったので、ご馳走はもういいかなとも思いましたが、かまいません。誕生日はいつも以上に自分を甘やかします。シロップをかけて上から見ると花束のように見えました。ありがとう!!甘いものを食べるとね、あたまの中もお花になります。でもこれで元気になるから私って、燃費がいいと思っていますよ。

かき氷をいただけるのは、ヨックモック東京駅一番街店、BLUE BRICK LOUNGE青山店、青山売店だけです。私はコースターも欲しかったので、ちょうど良い機会でした。

ヨックモック ブルーブリックラウンジ東京駅一番街店】

東京都千代田区丸ノ内1-9-1 東京駅1番街 B1F

f:id:saria444:20170726001550j:plain

f:id:saria444:20170726001718j:plain

f:id:saria444:20170726001633j:plain

浅草:浅草浪花家

メンズみるくといろいろなものが入ったあんこ 780円
(各種ナッツ、コーヒー味のみるく、ココア *こしあん白)

こ...これは....かき氷というジャンルなのでしょうか!!感動しております。最初はティラミス、続いてコーヒーぜんざい、その次は氷コーヒー、最後にコーヒーミルクセーキに変身していきます。ナッツがひまわりの種とか健康によさそうだし。メンズなのはなんででしょうか?男性が頼みやすいように??みるくがひらがななのが絶妙です。平日のお昼に伺いましたので、行列は前に2組目だけ。休日は並ぶだろうなぁ.....。

かき氷の種類によってグラスが2種類使い分けられているようなのですが、こちらは一方のものより胴が高いタイプです。中に具が詰まっているんです。ボリュームがとてもあるんですね!大きくて飽きてしまうのかなあと思いきや、全然そんなことなかったですよ。中に白あんが入っていました。白あんは氷の色と同化しているのでで、急に甘いところが出てくるからびっくり嬉しい。たいやき屋さんだからあんこが美味しいのですね。麻布十番の有名店、およげたいやきくんのモデル、浪花屋の暖簾わけのお店です。

【浅草浪花家】

東京都台東区浅草2-12-4

f:id:saria444:20170726001755j:plain

f:id:saria444:20170726001914j:plain

巣鴨:かき氷工房 雪菓

ここは巣鴨とげぬき地蔵で有名な高岩寺のすぐ裏手にあるお店。カレーうどん古奈屋さんのお隣、少し脇道でノボリも控えめだから見つけにくいかもしれません。でも行列が目印。巣鴨に美味しいかき氷屋さんがあると噂に聞いてから、いつか来たいと心待ちに。7月25日がかき氷の日と知り、やっと吉日が来ました。平日で少し天気も怪しげだったし、ものすごく暑い日よりも穴場日かもしれない、と。

巣鴨とげぬき地蔵のお祭りは4のつく日なんですよ。今日は25日だから空いているだろうと思いましたが、とげぬき地蔵通りは結構な人出が。そうか、土用丑の日だから、みんなうなぎのお店「八つ目 にしむら」さんが御目当てなんですね。にしむらは亡くなった祖父が好きなお店でした。人生の最終期はほとんど入院していたのですが、もう無理には治療しない方がいい...とお医者さんが決めて自宅療養していた時、ここの鰻をみんなで食べました。「うまいうまい」と喜んでいましたが、それが祖父の最後の鰻に。好きな鰻をみんなで食べられて良かったね。巣鴨は思い出の地です。祖母と4に付く日によくとげぬき地蔵に来ましたしね。そんな思い出の巣鴨にある雪菓。

ここでは安納芋のかき氷を。プラス50円の天然氷で。こんな感じで氷の上がテクスチャーの固いシロップで覆われているかき氷は人生初。すごい.....この重量にも崩れない天然水の密度!このかき氷も最後まで飽きずに食べられます。徐々に食感が変わっていくかき氷。

最初は冷たい芋ようかん、続いて黒蜜をかけてぜんざいのように。最後は全部をよ〜〜く混ぜてスイートポテト味のミルクセーキのようでした。メニューに注意書きで「今年は天然氷があまり取れなかったので、天然氷にすると少なめになります。」という趣旨が書いてありましたが、少なめでこの量ですか!!すごい!充分ですよ。お値段 800円でした。天然氷は通常の氷より温度が高いから頭がキーーンとならないらしいけど、私は勢いよく食べるからか、天然氷でも鼻や頭が少し痛くなります。だから次のオーダーは純氷でもいいかもしれない。氷の違いが..わからない....繊細でなくてごめんなさい。それでも美味しく楽しめると思います。だってシロップが美味しいから。他にはイチゴレアチーズが気になりました。あまり暑くない日にまた行こう。暑い日は混みそうだから。ここのお店、特筆すべきは、店員さんが皆さん感じ良いこと。人気店なのに擦れていない。気さくで、純氷のように純粋なお嬢さんがいて、これはまた来たくなる!と思いました。甘いもののお店は、優しい店員さんがいてくれると更にほんわかした気持ちになりますよね。いたるところにあるネコのぬいぐるみがさらにゆるい優しさを感じさせます。

【かき氷工房 雪菓】

東京都豊島区巣鴨3-37-6

f:id:saria444:20170726002024j:plain

f:id:saria444:20170726002001j:plain

f:id:saria444:20170726002139j:plain

f:id:saria444:20170726001938j:plain

その②もまた書きますので、どうぞご覧くださいね。

【2017年初夏〜夏訪問】 

 *その②、書きました。⬇︎

kissafreak.hatenadiary.jp