純喫茶丸 8knot    〜喫茶店で考えた〜

2015年からの純喫茶訪問ブログ。純喫茶をはしごする船ということで”純喫茶丸”という船の名前がタイトルです。

【東京都:御茶ノ水】画廊喫茶ミロ 喫茶店の旅 丸ノ内線全駅の制覇の巻その20 *御茶ノ水編*

 丸ノ内線全制覇の旅。今回は御茶ノ水駅近くの画廊喫茶ミロです。
訪問順でいうと、2015年に喫茶店巡りを開始してから片手で数えられる段階。

なんで早く来たかって、御茶ノ水は馴染みがあるけどこんなお店知らなかった
行ってみたい!という気持ちがはやったから。

 f:id:saria444:20170720200518j:plain

◯◯してミロ〜〜!

三島由紀夫氏も訪問したというミロ。画廊喫茶だから、画家のミロから名付けたのかなとまず思うのです。店内にもミロの絵が飾ってあります。それも理由の一つなのですが、もう一つストーリーがあって。
『飲んでミロ、来てミロ、入ってミロ』という語呂合わせからきていると聞いて、そのユーモアあふれる感じがとても好きです。

この話を知った時『やってミルク♪』というフルーチェのCMを思い出しました。

f:id:saria444:20170720200547j:plain

ロマンってそもそもどういう意味?

 細い路地の途中に入り口があるので、知らない人は素通りしてしまうかもしれません。でも今や同じチェーン店の看板がどこの駅前でも見られ、大きさや明るさで勝負するあまり、逆に個性がなくなってきている中、このお店の看板だけオーラが違って、浮かびあがって見えてくるから、ひときわ惹きつけられます。

 

このお店にも通った三島由紀夫氏は、船や少年の冒険といったロマンをよく小説で描いていた作家なのですが、同世代の北杜夫氏も同じようなことをテーマにしています。その当時流行ったというよりはいつの時代も共通のテーマなのだと痛感します。ロマンというのは抽象的な言葉なので辞書を引きます。

ロマン「①小説、散文の物語。多くは長編②ロマンティックな事柄、気持ち」(出典:岩波国語辞典 第五版)

あ、散文ってなんだっけ。

散文「定型や韻律を持たない普通の文章⇄韻文」(出典:同上)

あーまたはっきり説明できない言葉が出てきたな〜。韻ってそもそもなんだっけ?

「①響。音の出だしに続いて聞こえる部分。音色〈余韻、哀韻、音韻、松韻〉②略③文学上、同一または類似の音韻を文中の定まった位置に繰り返すこと。〈韻をふむ〉「韻律、押韻、頭韻、脚韻」(出典:同上)

 結局わかったこと。
ロマンとは、ロマンティックな事柄や気持ちのことを指すようだ。

で...そ 、その....ロマンティックの意味が知りたいんだけどなぁ。

ロマンティック 「現実の平凡さ、冷たさを離れ、甘美で空想的、情緒的または情熱的である様」(出典:同上)

たかが小説を読むのになんて神経質なことをしているんだろうとお思いでしょう。

このわからない言葉を延々と辞書で調べて深みにはまっていくシーンが、
北杜夫氏の「船乗りクプクプの冒険」の中に出てくるのです。

子供の時好きだったこと

私は思い出しました。幼少期、本を読みふけっていた私は、わからない言葉を辞書で延々と調べていくのが好きでした。知らないことを調べ続けるのが大好きでした。辞書を引いても説明文の意味がわからなくて、その意味をまた調べたり....辞書さえあれば、開いたページの言葉からネットサーフィンするように永遠に遊べました。

同書の、辞書で調べ続けるというシーンに、なんと懐かしい気持ちになったことか。
言葉ってものを大切に扱いたいと思った気持ち。
それが私のピュアな気持ちかもしれない。

「本に書いてあることをそのまま暗記するだけではいけない、覚えることよりも自分で考え出す方がずっと大切だ。
しかし考えるためにはまず最小限度のことを覚えなければならない。
最小限度という言葉がわからない人は、さっそく字引を引いてみると。」(出典:北杜夫「船乗りクプクプの冒険」集英社文庫

そしてまた思ったのです。北杜夫氏は本職は外科医でありながら、海の世界で働いたことがあります。「どくとるマンボウ航海記」の元となった船医としての経験。水産庁の調査船照洋丸に1958年に乗船後、1960年に「船乗りクプクプの冒険」を書いているので、「〜クプクプの冒険」では、十二分に北杜夫氏の船上での経験が反映されていることと思います。

エンドレス辞書引き

もともと北氏はマメな質ではあろうかと思います。でも乗り込む前に商船学校や海員学校、専門の学校で勉強をしない限り、太刀打ちできない海の専門用語があります。これは差別とかそういう意味合いは全くないのですが、海と陸は言葉が違います。むしろ海が先ですから海で生まれた言葉が次に陸で変化して使われるようになっているのですが、いまではまるで逆のような扱いで。え?海ではこういう言葉を使うの!と驚く人(私もです。)の方が多い時代です。海の世界には陸では出会わない言葉が多数。
私にとっては当初、ほとんど外国語のようなものでした。もしくは赤ちゃんが大人の会話を聞いているかのように職場の会話が理解できない時期がありました。中途で素人の私が初めて船の世界に入った時、ほとんどの場面で辞書を引いていました。

北杜夫氏もきっと船で知らない言葉に直面し、その都度専門用語を辞書をひきながら奮闘していたのではないか想像できます。理解したいのです。考えたいのです。でもそのためには最小限度のことは覚えなければ。と。


奮闘と書きましたが、逆にそれが充実して楽しかったりもします。


”そもそも”とか”なんで?”と考えることってとても面白くて、辞書をエンドレスでひき続けられるんじゃないかというくらい、私にはその作業は面白かったです。
未知の言葉を自分の言葉にしていく過程。

北杜夫氏もそんな気分だったのかと想像すると、この小説は他人事でもないし、フィクションでもなくなってきます。児童文学であるのですが、自分の児童だった時代を思い出し、なんだか心の奥深くに染み込んでくる小説でした。

今でも、夢中になるほど面白いことって、実は子供の頃好きだったことなのではないでしょうか?忘れかけていたけど、そういえば好きだったな、ということを思い出すと温かい気持ちになります。この本は私に大事なことを思い出させてくれた一冊です。

平凡から離れたい時に行ってミロ

喫茶店の看板やインテリアを見て心踊るのって、私にとってはそれ即ちロマンということです。現実の平凡さを離れたいという気持ち。ここでいう平凡って見慣れた没個性の町並みのことを言います。どこを見ても同じお店、同じロゴ、同じマニュアルで、接客とも言えないロボットのようなセリフ。そんな東京の平凡。平凡から離れたくてロマンを求めて喫茶店に行くのだと思う。

辞書で調べ続けること、読書、喫茶店訪問。好きなものって一見点と点だけど、つなげると結局同じ根っこに行き着くなぁと思いました。

ミロのメニューは興味津々。頂いたのはスパゲティミラネーズというメニューですが、ナポリタン以上にイタリアの人に「???」という顔をされそうな一皿ですが、フルーツが添えられていたり彩りも豊かでスパゲッティ版お子様プレートのようです。
店内は一度改装されていますが、いろいろと平凡から離れられます。平凡から離れないと近づけないもの。それが今の時代は人情というものなのかもしれません。

さぁ、皆さんも平凡に疲れたら是非、ミロに行ってミロ♪

f:id:saria444:20170720200641j:plain

 

f:id:saria444:20170720200707j:plain

f:id:saria444:20170720200845j:plain

 東京都千代田区神田駿河台2-4-6

【2015年5月訪問】