純喫茶丸 8knot    〜喫茶店で考えた〜

2015年からの純喫茶訪問ブログ。純喫茶をはしごする船ということで”純喫茶丸”という船の名前がタイトルです。

【東京都:本郷三丁目】ボンナ 喫茶店の旅 丸ノ内線全駅制覇の巻その21*本郷三丁目*

 丸ノ内線全駅制覇の旅。今回は本郷三丁目駅から徒歩10分程度。少し駅から離れていますがお許しを(願)。丸ノ内線より、南北線 東大前駅からの方が近いが私は毎回本郷三丁目駅を利用している。

f:id:saria444:20170721220224j:plain

インテリアに包まれる喫茶店

 ミッドセンチュリーのインテリア、程よくコンパクトで静寂な空間。ぼ〜っとしたらすぐにその雰囲気に溶けていく。この街は全体的に閑静。東大の周辺は研究に使えそうな古本屋さんや、純喫茶のような一軒家が多く圧迫感のない街。知性という名のこのお店。知性がたくさんあるこの街にとても似合う。創業は昭和30年ごろという老舗。時代に併せて変容できる柔軟性も知性の一つで、入り口付近のカウンターは、一人客がパソコンを利用しやすいようにと、最近改築したそう。

東京でここまでインテリアに溶けてしまいそうな空間はとても珍しい。あまり思いつかない。照明の仄暗さ、お店の大きさとマスターの佇まいが絶妙に合っているのでしょうね。

吉本ばななさんの『人生の旅をゆく』

最近は吉本ばななさんの『人生の旅をゆく』という本を読みました。

47章からなる読みやすいエッセイです。旅紀行でもあるのですが、ばななさんの記憶をも旅しています。懐かしいこと、大切にしたいことやなくなってしまったものへの思い出がとても温かい。

私はこの日諸事情でお役所に行ったのですが、気づいたら1時間30分も順番を待っていたようです。でも夢中でこの本を読んでいたら、そんなことすっかりどうでもよくなりました。

特にもずくという章が好きです。

私たちは死ぬときにお金も家も車も恋人も、何も持っていけない。自分が着ている洋服も指輪も、何一つ持っていけないのだ。持っていけるのは、もう持ちきれないほどになっている思い出だけだ。悪い思い出もきっとあるだろう。
でも、それはきっと死ぬときは良い思い出に変化しているだろう。
そして良き思い出をたくさん創ることだけが、人生でできることなのではないか、そう思う。(出典:『人生の旅をゆく』吉本ばなな NHK出版)

 

旅の本だけど、特に遠くに行かなくても、特別なことをしなくても、身近な人、友人や家族や愛するペットと、今この瞬間どれだけ豊かな時間を過ごすか。 向いていることを精一杯取り組んで誠実に生きることが大事だとそう言われた気がしました。非日常の旅との対比で、日常の人間同士のささやかな営みがとても贅沢ということを教わりました。

もずくもずくもずく

もずくの香りで友人との思い出がよみがえってくるお話 ”もずく”の章で、もずくのパスタの作り方が出てくるのですが、これがとても美味しそうで、早速作ってみました。

もずくとニンニクとゴーヤーをさっと炒めてパスタに和えて醤油で味付けし、パルミジャーノチーズをかけて食べるだけ(出典:同上)

今日も本当に湿度が高く真夏日の東京。夏の旬は体が欲しがる味だった。この沖縄素材づくしのパスタは本当に美味しかった。パルミジャーノがなかったのでとろけるチーズをのせ火を止めて余熱で溶かしました。本は”旅する箱”なので自分も本の中に入り、主人公になってその時代や背景を旅しているから。だからもずくの章を読んだ私は、すっかりもずくをいただく心の準備ができていた。


旅に出て良き仲間と思い出をつくるのもいいものだ。でもなかなか頻繁には無理だから私の毎日は、喫茶店でインテリアに溶け込むか、本の中に溶け込みんでいる。そんなささやかな日常で、良き思い出を今日も創っている。

f:id:saria444:20170721220314j:plain

f:id:saria444:20170721220406j:plain

f:id:saria444:20170721220520j:plain

f:id:saria444:20170721220442j:plain

f:id:saria444:20170714203105j:plain

f:id:saria444:20170714203218j:plain

f:id:saria444:20170721220605j:plain

東京都文京区本郷6-17-8

【2015年7月訪問、他】