純喫茶丸 8knot    〜喫茶店で考えた〜

2015年からの純喫茶訪問ブログ。純喫茶をはしごする船ということで”純喫茶丸”という船の名前がタイトルです。

【東京都:赤坂見附】しろたえ 喫茶店の旅 丸ノ内線全駅制覇の巻その13*赤坂見附*

丸の内線全駅制覇の旅。

しろたえは赤坂見附駅の洋菓子屋さん。
併設の喫茶コーナーでケーキと美味しいドリンクがいただける。

f:id:saria444:20170627003255j:plain

憧れのチーズケーキはいつまでも

訪問した日付を見ると2015年の8月。喫茶巡りを開始して初期だ。
ここのレアチーズケーキはずっと前からSUPURとかフィガロなどの写真が綺麗な雑誌で見ていて。アートのように紹介されたケーキが美しく。それ以来憧れのケーキ。初めて口にしたのは、2006年のこと当時の職場に差し入れで持ってこられた方がいて!みんなで大喜びしたことを覚えています。箱にこのレアチーズが20個くらいお行儀よく並んでいた姿は圧巻でした。

ケーキの罪ってなに?

それからその勤め先での初給料日に、しろたえに直行して我が家にお土産に買って帰ったこと。今でも鮮明に思い出されます。あれから10年ほど過ぎてもこのレアチーズは私の中で特別。細い長方形の形がなんとも言えなく可憐。2口くらいでなくなってしまうはかなさもいい。これが260円だから驚くのです。これくらいの量なら罪悪感もない...と言いたいところですが、いったいお菓子にある罪ってなんでしょう。カロリーでしょうか。砂糖の量でしょうか。私はお菓子に罪を見出せない。だから罪悪感なんてお菓子に対して使うフレーズではないわね!というのが私の気持ち。ラーメンにヘルシーさを求めないのと同じ、ケーキにヘルシーという付加価値を考えたくないのです。しろたえのレアチーズケーキはフレッシュなチーズの上品な濃厚さで、口に中でねっとりまったりするところがいい。砂糖控えめというよりバランスのとれた甘みで、このレアチーズケーキとコーヒーはもうソウルメイトでしょう。この組み合わせに私は異論を挟めない。

 初任給のご褒美から退職日の餞別まで

カップもミルク入れもオリジナルのイラスト入りで素敵。他のケーキも美味しそうなのですが、どうしてもレアチーズケーキをリピートしてしまうなぁ。と思っていたところ、先日、前職を退職する際、仲良しの仲間がしろたえのお菓子詰め合わせをくれたのです。ギモーブやフィナンシェなどのフランス菓子が入っていました。私が喫茶店が好きだということをリサーチしてくれて、しかもしろたえのお菓子なんて本当に嬉しかった。初任給で買ったのがしろたえのケーキで、直近の餞別がしろたえなんてしろたえにサンドイッチされた私の社会人生活。やはりしろたえは私の特別。

f:id:saria444:20170627002538j:plain

f:id:saria444:20170627002640j:plain 

f:id:saria444:20170627002717j:plain

f:id:saria444:20170627002752j:plain

f:id:saria444:20170627002815j:plain

今日の伯父の写真(元外航船員)と
どくとるマンボウからの雑感

今日の伯父の写真も昭和30年のヅーマイ。
だからいったいヅーマイってどこでしょう?

今日も北杜夫氏の「どくとるマンボウ」を読んでいます。
北氏曰く、北氏が乗り込んだ船ではないけれど、なぜか乗組員がなんども海中に落ちると噂の海域があったそうです。心霊現象?いや、そうではなく。実際に落ちて救出された人の話によると、揺れがまったくない海域でひたすら進んでいると、海が海のように見えなくなり船に乗っているという感覚が抜け落ち、家のドアを開けるように海に一歩足を踏み出せば、この海は陸のように歩けるという錯覚に陥るとの由。実際に落ちた人は「海をずっと見ていたら、(自分の)港の女が出てきて手招きをするから飛び込んでしまった」と。ここで言いたいことは2つ。本文中に港の女って出てきているでしょう。昭和30年ごろの船乗りには各港に女がいたという都市伝説があります。都市伝説だから信じるか信じないかはあなた(私)次第なのです。知り合いの船乗りさん曰く「当時は荷役効率が今より悪く、貨物の積載や荷卸に時間がかかっていたから港での停泊日数も長く、乗組員は陸に遊びに行く時間があったんだよ。現代はね、荷役効率が良くなり港にそんなに長く停泊できない。すぐに出航して滞在日数を減らした方が費用が減るから。陸に降りることすらないことがあるんだよ。だから今の船乗りは物理的に港で女を作れない。」との由。ほとんどの船員さんが私にそんな答えをくれました。昭和30、40年頃は船乗りが港に来るとキャーキャー追っかけすら人たちもいたよ。…うーん良い時代ですね(?)。

それから海に人が落ちるって話。夜の漆黒の海をずっと見ていると「降りてみたくなる気持ちは、わからなくもない」という弁。実際に聞いたことがあります。

だから船乗りさんね。私は心配だから、夜の黒い海はなるべく長時間見ないでねと思っています。ゲシュタルト崩壊みたいな感じになるのかな。その心理はよくわかりません!

それでは、しろたえから港の女のはなしまで今日は話の振り幅が大きいですが、この辺で。また次回、国会議事堂駅前の喫茶店でお会いしましょう〜。

f:id:saria444:20170627010438j:plain

東京都港区赤坂4-1-4

【2015年8月訪問】