純喫茶丸 8knot    〜喫茶店で考えた〜

2015年からの純喫茶訪問ブログ。純喫茶をはしごする船ということで”純喫茶丸”という船の名前がタイトルです。

【東京都:東高円寺】サムシンエルス 喫茶店の旅 丸ノ内線全駅制覇の巻その4 *東高円寺編*

サムシンエルスは東高円寺の喫茶店。

f:id:saria444:20170613233602j:plain

 

f:id:saria444:20170613200646j:plain

青梅街道沿い 東高円寺新中野=6 : 4

丸ノ内線全駅下車の喫茶店旅を始めたころ。喫茶店がすぐ思い浮かぶ駅とそうじゃない駅。ここは後者で、本当に苦戦した。コーヒーを飲めるところはあることはあるが、なかなか食指が動くお店に出会えず、やっと見つけたのがこちら。場所的には東高円寺駅新中野駅の間6 : 4くらいの距離です。新中野駅からの方が近い。でも東高円寺駅から歩いたので、東高円寺編に書きます。徒歩5-6分くらい。

スモークガラスあるある

スーパーのすぐ隣に見える補強しながら大切に使っている看板が良い。新しいものは簡単に手に入るが、この雰囲気と重みはもう作り出せない。店内も素敵。初めての喫茶店は、入ってみるまで恐る恐るな時もある。中がうかがえないから。暗く感じるのはガラスがスモーク施工されているからですよね。外から中は窺えないけど、逆は....しかりではない。中から外はよく見える。これは喫茶店あるある。夢中で外観や看板を撮影していた様子もきっと中から見えています。入店すると窓側の見晴らしのいい席に案内された。マスターは気配り名人です。カウンターのすぐそばに座った私は、マスターの様子がよく見えた。続々入店するお客さんへの気配りがすごい。長くサービス業をされている方はさすが細やかです。

私が帆船の模型を見つけた時、撮影許可をいただくと、よく見えるように位置を調節してくださった。寡黙そうなマスターだが、優しい。たまたま街を漂流してたどり着いた喫茶店ですが帆船模型があるお店で思いがけなく嬉しかったです。

別添えのグラスがかわいいロシアンティー 

最近ジャムが気になっていて。多分先日テレビ番組の”沸騰ワード10?”で
家政婦の志麻さん作、カブのイチゴジャムマリネレシピを見たからだ。すぐ試す私は、早速作ったが、おいしかった。梅干しハチミツを混ぜたような味。この日はいちごジャムのロシアンティーが飲みたい気分で何気なくオーダーしたら思いがけなく素敵だった。別添えのグラスに入ったいちごジャムが可愛く美味しい。ランチ時間から外れた訪問だったがお客さんが続々。このお店評判いいんだろう。近くのサラリーマンがきわどい話をしていて興味津々。おさぼり喫茶としても使い勝手がいいのだろう。2020年までに、東京の飲食店界隈はどうなっているんだろう。深くはわからないが今は歴史の分岐点だということは確かだ。だからこうして2017年現在の喫茶店の様子を、ブログなどで記録に残すことは意味があるかもしれないと思う。 できる限り書いていく。

次回は新中野です。この駅は有名な漫画家さんご用達のお店があります。

f:id:saria444:20170613200513j:plain

f:id:saria444:20170613195658j:plain

 f:id:saria444:20170613200424j:plain

f:id:saria444:20170613195812j:plain

f:id:saria444:20170613195842j:plain

f:id:saria444:20170613195914j:plain

f:id:saria444:20170613200338j:plain

今日の伯父の写真は川崎ゼネラル岸壁(昭和30年ごろ撮影)

読めない…何丸?

f:id:saria444:20170613235646j:plain

東京都中野区中央5-14-1

【2017年6月訪問】