純喫茶丸 8knot    〜喫茶店で考えた〜

2015年からの純喫茶訪問ブログ。純喫茶をはしごする船ということで”純喫茶丸”という船の名前がタイトルです。

【東京都:荻窪】珈里亜 喫茶店の旅 丸ノ内線全駅の制覇の巻その1 *荻窪編*

珈里亜(かりあ)は荻窪の喫茶店。駅前にあって電車が眺められる素敵な喫茶店。

f:id:saria444:20170611210913j:plain

趣味は散歩で人生開眼

昭和には駅前には必ずこういう喫茶店がありました。私が幼少期よく連れて行ってもらった喫茶店も駅前の2階。だからここに入った時はとても懐かしい気分に。近所に個性的なお店があちこちにあった時代はいいですね。今はどの駅前も景色があまり変わらなく感じ、好みのお店を求めて電車に乗る必要性がでてきました。その代わり散歩をする楽しさが味わえるようになったのは収穫かもしれないですね。”趣味が散歩”というのが通用するのは、街に個性がなくなった現代だからこそかもしれない。

 

私は散歩と称して、地元東京でも町歩きを堪能しております。これまた楽しくて海外旅行が趣味だった時代のようにわざわざ遠くに行かなくてもすごく楽しいよね。ということに気づいてから人生100倍くらい楽しくなりました。

喫茶店のために丸ノ内線全駅で降りてみた

そんな散歩の成果が喫茶店巡りなわけですが、
この度丸ノ内線全駅制覇達成したので、
今日から
丸ノ内線の喫茶店全駅制覇の記録を残そうと思います。
お得な切符、東京メトロ24時間券というのがありまして...。
文字通り、なんと24時間乗り降り自由です。勤め人でもおやすみ前日の夕方から出かけ、翌日の半日フルに使えるのです。私はこれを活用しまくっております。でも24時間で全駅回ったわけではないですよ。笑。

今日から始まる丸ノ内線全駅の喫茶店の記録。私には終点だけど始点の人もいる、荻窪駅からスタート。この珈里亜から見えるのは丸ノ内線ではなくJR線ですけどね(^^

珈里亜のこと

珈里亜はブルーのクリームソーダーがちょっと有名ですね。
その色と、三つ並んだバルコニー(COFFEE 珈里亜 TEA LOUNGEというロゴがひとつひとつ並んでいていい!)を見て、脳内で勝手に流れるBGMは松田聖子さんのものです。青い珊瑚礁か、渚のバルコニーか。お店にあった貝殻のような灰皿も素敵。マスターは海がお好きなのかな?で、最近ビックリしたのですが、今の大学生くらいの方たち、神田沙也加さんのお母さんが松田聖子さんだということを知らない方もいらっしゃるということ!そっか、そういう時代でしょ〜?だ。神田沙也加さんお母様の血を受け継いだのか声がすごく澄んでいていいですよね。それと最近のCMでみた聖子ちゃん。今でも若々しくてすごい。

ここは駅近くだから待ち合わせの喫茶店としても使えますね。早めに待ち、お店に向かってくる姿を窓越しに見るのを楽しんだりして。このお店は今もそういう楽しみがあるレアな喫茶店な訳ですが、昭和はあちこちで見られた風景。携帯もない頃、喫茶店に電話して言伝するというなんとも趣のある文化もありました。
正確には昭和の頃、私は人と待ち合わせするほど大人ではなかったので、
歌の中でこんな感じのシーンがあったということだけをうっすら覚えています。

ここは何がいいかって、電車が眺められるところです。バスも見えるから乗り物好きにはたまりませんね。喫茶店、乗り物に散歩が好きな私のパワースポットです。駅前喫茶店はそれだけで最強です!

f:id:saria444:20170611210944j:plain 

f:id:saria444:20170611211015j:plain

f:id:saria444:20170611211106j:plain

f:id:saria444:20170611211133j:plain

f:id:saria444:20170611221445j:plain

f:id:saria444:20170611211208j:plain

f:id:saria444:20170611221552j:plain

f:id:saria444:20170611211246j:plain

f:id:saria444:20170611221229j:plain

今日の叔父の写真は太平洋航海中(マストを上げているの?)
昭和30年代撮影。

f:id:saria444:20170611230126j:plain

 

東京都杉並区荻窪5-27-6

【2017年4月訪問】