純喫茶丸 8knot    〜喫茶店で考えた〜

2015年からの純喫茶訪問ブログ。純喫茶をはしごする船ということで”純喫茶丸”という船の名前がタイトルです。

【京都市】ソワレ 青く魅せる喫茶店 宝石のゼリーヨーグルト

ソワレは京都の喫茶店。ここは唯一無二の名店ですね。

f:id:saria444:20170521182702j:plain

喫茶店巡りを目的として京都に来るのは初めてなのですが、なんせ日程が1日弱しかないので、有名店から攻めました。特にこの界隈は名店がはしごしやすい場所に集中しているので助かります。例えば、六曜社、フランソア喫茶室など。今回は見送りましたがスマートもご近所同士。これで有名店は押さえたので、今度京都に来る際はもうちょっとディープな喫茶店を安心して廻れます。(安心ってどんなだ笑)


さて、まずはソワレから。ここは喫茶店だけど、青く光る店内はテーマパークのアトラクションのようです。誰もが童心を思い出すテーマパークのようにこの日のお客さんはみんな楽しそう。特に大学校生くらいかな?男子学生4人組が、この店から帰りたくねーよ。と、男同士駄々をこねていて微笑ましかったです。うんうん。この空間ずっと居たいよね。わかる!店員さんもキャストとして、可愛い存在感。世界観を大事にされていました。

 

ソワレという名前はミュージカルや舞台観劇がお好きな方ならピンと来ると思いますが、夕方、日が暮れてからの公演のことです。店内は昼なのか夜なのか、ここはどこなのか。青い国が舞台の不思議な舞台に上がった気分。入店時、支配人さんが「2階1名様です。」とマイクで2階の係員さんに案内をする様子も、なんだかアトラクションに乗り込むような気分でワクワクしました。

 

この日オーダーしたもの。魅惑のメニュー。カラフルなゼリーが映える”ゼリーヨーグルト”です。さらっと爽やかな風味でした。ここのメニューはどれも非日常感たっぷりの妄想の世界のスイーツ。夢じゃなくこれがリアルで目の前に現れるから、心が躍る。650円でこの経験ができるのはとてもお得だとお思います。そういえば小さいころ宝石箱というアイスがありました。もうこのアイスはないけど、ここのゼリーはアイスの”宝石箱”を思い出すときのようなトキメキを感じます。

 

ここは本当に魅せる喫茶店ですね。私の中の特別な喫茶店になりました。前々からずっと欲しいと思っていた、東郷青児さんのイラスト付きの背の高いグラスを買いました。もったいなくてまだ開けていないです....。ここの喫茶店では.........いつものように........考えませんでした。瞑想のように五感で世界観を体に染み込ませただけ。

そして、船のお話も今日はお休みです♪

次回以降、まだまだ京都の喫茶店を記事にしていきます!

f:id:saria444:20170521182730j:plain

 

f:id:saria444:20170521183550j:plain

f:id:saria444:20170521182753j:plain

f:id:saria444:20170521183637j:plain

f:id:saria444:20170521182820j:plain

f:id:saria444:20170521183502j:plain

f:id:saria444:20170521182842j:plain

f:id:saria444:20170521182903j:plain

f:id:saria444:20170521182930j:plain

f:id:saria444:20170521183406j:plain

 f:id:saria444:20170521183322j:plain

f:id:saria444:20170521182954j:plain

f:id:saria444:20170521183020j:plain

f:id:saria444:20170521183117j:plain

f:id:saria444:20170521183243j:plain

京都府京都市下京区西木屋町四条上ル真町95

【2017年5月訪問】