純喫茶丸 8knot    〜喫茶店で考えた〜

2015年からの純喫茶訪問ブログ。純喫茶をはしごする船ということで”純喫茶丸”という船の名前がタイトルです。

【東京都:日本橋】レストラン 喫茶 東洋 新月にやる気が出た!ノスタルジーを求めて

またまた関東の喫茶店の記事にしましょう!今日は日本橋の記事です。江戸の交通網の起点である日本橋は、新月直前の更新にぴったりかな。
東洋は日本橋のレストラン喫茶店。この佇まいは存在感たっぷりです。

f:id:saria444:20170509124409j:plain

ノスタルジーを求める理由

 訪問日は4月の上旬でこの日は桜が咲いていました。”目覚め”というか新しい自分の始まりを意識した日だったと覚えています。春というと、これから”活動開始するぞ!”っていう息吹とか、やる気満々な感じとか。上昇しようとするエネルギーを感じます。生まれてからの数字的には大人だから、若々しいという表現になるのですが、若々しさは思い出したいですね。ちょうど、先日『ホンマでっか?TV』を見ていたら、若さは自信のなさで、自信がないからこそ、色々チャレンジや難しいことをやりたがるって先生が言ってました。

そして”ノスタルジー”についても話していて、ノスタルジーってその若き頃を思い出すから、脳が若さを思い出させるというか、やる気がみなぎるから脳の活性化にいい効果があるようです。廃墟風とか寂寥感を求めているのとはまた違う、物心ついた頃からあるような雰囲気の喫茶店で且つ個性のあるお店が発するなんとも言えないエネルギーを求めています。感覚的に好き、としか言えないのですが、自分なりに理由を探すとなんとなくインテリアとか懐かしい喫茶店メニューが好きなんだって思えるんだけど、きっと私は子供の頃の”風”みたいなのを感じたくて純喫茶に行っているような気がします。喫茶店にノスタルジーを求めるのは、やる気がいっぱいだった子供の頃の気持ちを探しに行っているようなものです。だから疲れた時に行くとちょうどよく癒しになるのですね。

ウエイトレスのいる喫茶店

東洋は日本橋の喫茶店で1階のインテリアはちょっとおしゃれなカフェテリアのように改装されているので、外国人の方も多く見かけました。こちらのお店は、場の空気をぱっと変えてしまうようなパワフルなウェイトレスのお姉さんが印象的でした。あえてジェンダーを無視した呼び名ですが、だって昭和ではそう呼んでいたから、純喫茶ではこのままでいいでしょうと思います。独特な他にはどこにもいない、東洋オリジナルのウェイトレスって感じでとても印象に残りました。ここでは時が止まっているから呼び名は昔のままで。

自分の居場所

トランプやボーリング、ダーツを思い浮かべる装飾品。虹の形をしたライトや三角のテーブル、おしゃれな店内でした。2階もあるようですが、貸切との看板で上がれませんでしたが、いつかぜひ見たいです。

東洋というのは、西洋から見た対義語ですが、東の方の海ってまさに海にまつわるネーミングですね。世界人である前に、東洋人だし、ルーツというか根っこというか、自分の居場所について、色々を喫茶店で考えました。とにかく春の息吹と新月の物事の始まり、心機一転のような気持ちで頑張って進みましょう!と。そうだ、日本橋TOHOシネマズ良さそうだったな。今度行ってみよっと。

f:id:saria444:20170509124435j:plain

f:id:saria444:20170509124500j:plain

f:id:saria444:20170509124551j:plain

f:id:saria444:20170509124525j:plain

f:id:saria444:20170509124830j:plain

f:id:saria444:20170509124702j:plain

f:id:saria444:20170509124732j:plain

f:id:saria444:20170509124805j:plain

f:id:saria444:20170509124848j:plain 

f:id:saria444:20170509124909j:plain

東京都中央区日本橋1-2-10 1

 【2017年4月訪問】