読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

純喫茶丸 8knot    〜喫茶店で考えた〜

2015年からの純喫茶訪問ブログ。純喫茶をはしごする船ということで”純喫茶丸”という船の名前がタイトルです。

【愛知県:名古屋市西区】ライオン 荘厳な名古屋の文化財

純喫茶丸の喫茶店巡りはまだまだ名古屋を走行中です。
先月の出来事すでに懐かしく感じています。今日の東京の気温は7月並み。
暑くて汗がじんわりとした。夏になったら喫茶店巡りは困難かな〜と今日は少しくじけました。ライオンは名古屋市栄の喫茶店。地下鉄栄駅が最寄駅。

f:id:saria444:20170429170054j:plain

 こちらは、5年くらい前の喫茶店の本に、最高齢のおばあちゃんがオーナーで、今でも店番していると書かれていたのですが、現在は引退されたそうです。お孫さんご夫婦が引き継がれています。後継者が居てくれてこの場所が残るということがありがたいですね。名古屋の指定文化財になっている建物は荘厳です。

 

店内は、小上がりというか、壁の中に部屋があるというか不思議な居間があってこの中に入ったら異次元に行けそうな。のび太君の押入れのイメージ。
歴史を感じました。むしろ普段は純喫茶に”乙女でかわいい!”とか、そういう気分が欲しいのですが、ここでは、神社とか威厳があるものを前にした時のキリッとした気分になりますね。

昭和の家庭の風景をインテリアにしているからかな。あの大きい箱型テレビや居間に昭和の日本の家が見えるからそう思うのかなぁ。自分の家の思い出が見えるから。お父さんやおじいちゃんのイメージがある喫茶店。オーナーのおばあさんに会っていたら同じ気持ちになったのかなぁ?

 

名古屋 ライオンとスマフォで検索すると、三越のライオン像が一番に引っかかるんだけど、そういえばビアホールにもライオンってありますね。ライオンと名付けるのは、やはりその世界の王様になりたいという気持ちからなのでしょうか。落ち着きがあってどっしりしているイメージ。昭和33年開業の今は歴史を重ね名前の通り、品があり堂々としたお店になっていますね。

 

ちょっと背筋が伸びた。でもその中で、現在は若いご夫婦が切り盛りされているから、少し雰囲気が柔かくなっていい感じなのかもしれません。


名古屋の銘喫茶ですので、ぜひぜひ中に入って何かを感じてみてくださいね!

f:id:saria444:20170429170118j:plain

f:id:saria444:20170429170144j:plain 

f:id:saria444:20170429170255j:plain

f:id:saria444:20170429170318j:plain

f:id:saria444:20170429170347j:plain

f:id:saria444:20170429170411j:plain 

f:id:saria444:20170429170535j:plain

f:id:saria444:20170429170437j:plain

f:id:saria444:20170429170507j:plain

愛知県名古屋市中区4-6-4

 【2017年4月訪問】